WordPressで企業サイトを作る方法

WordPressで企業のホームページを簡単に制作【初心者】

初心者向けにWordPressで企業のホームページを簡単に制作する方法を解説します。

あらかじめデザイン性のあるWordPressテーマを使うことで、コーディング不要(ノーコード)で、サーバー・ドメイン・WordPress設定時間を合わせても初心者でも6時間程度で作成可能です。

ちなみにこの方法で企業のホームページを作る場合にかかる費用はサーバー・ドメイン費用のみですが、以下の通り。

項目 費用
サーバー 年11880円(初年度+3300円)
ドメイン 年690円(ドメインによってより安い)
合計 年12570円(初年度15870円)

初年度は15870円、次年度以降は年間12570円で運用になります。

 

WordPressで企業のホームページを作成する手順

  1. ローカル上でサイト作成
  2. サーバー取得
  3. ドメイン取得
  4. サーバー・ドメイン紐付け
  5. WordPressインストール
  6. All in One WP Migrationでテーマ移行
  7. お問い合わせフォーム設置
  8. 基本設定とSEO設定

1.ローカル上でサイトを作成

無料テーマを使い、まずはローカル上で完全無料で作成できます。

以下のYouTube動画で完成したサイトを見てみて、自分の好きなデザインのテーマを選んで作ってみましょう。

私のYouTubeを見て既に作った人は、ここは飛ばしてOKです。

無料テーマligntningで作成する場合

 

無料テーマBizlightで作成する場合

 

無料テーマSydneyで作成する場合

 

無料テーマSimplicityで作成する場合

 

2.サーバーを取得

おすすめはエックスサーバー



オススメは初心者向けで使いやすくコスパが良く、性能も良いエックスサーバーです。

速度、安定性ともに15個のサーバーの中で1位だそうです。

また、利用者が多いため、何かわからないことがあってもググればだいたい誰かが解説をしています

スペックやメリットの詳細を知りたい方はホームページ作成するならエックスサーバー一択【初心者向け】をご覧ください。

 

サーバー取得費用

項目 費用
契約手数料 3300円(最初だけ)
月額費用 990円
合計 年11880円(初年度14880円)

最初は1年契約でOK、プランは最も安いx10プランで十分です。

 

エックスサーバーの申し込みボタンを押す

エックスサーバーのサイトで申し込みボタンを押しましょう。お試し無料ボタンか、申し込みボタンいずれかを押せばOKです。

トップページの見た目は変わっているかもしれません。

 

プランはx10で個人情報登録

サーバーIDに自分の好きな英数字文字列を入れましょう。

x10は最も安いプランですが、このプランで十分です。登録区分は会社で行う場合でなければ個人を選びましょう。

 

3.ドメインを取得



ドメインとは、ホームページのアドレスのことで、このブログだと「guuten.net」というものです。

私はお名前.comを使いました。

 

ドメイン取得費用

これは私がguuten.netを取得したときは税込759円でした。

この費用は、色々な要素によって変動するので、皆が必ず年759円なわけではありません

年759円は高すぎず普通くらいの価格だと思います。

もっと安くすることもできると思います。

下で、どのように価格が決まるのかも説明しています。

 

ドメイン名を打ち込む

まずお名前.comのページ行き、欲しいドメイン名を打ち込みます。

このブログの場合は「https://guuten.net」の「guuten」の部分です。

読者に覚えてもらいやすいように短く、わかりやすい名前がオススメです。(謎のアルファベットの羅列はオススメしません)

 

net、comなどを選ぶ

次に決めるのが、「.net」「.com」など名前以下のドメインの種類です。この種類で金額が変わってきます。

.xyzや.siteというドメイン名は初年度の費用のみが安く、次年度以降は一気に値上がりします。

よくみんながとるドメインは「.net」や「com」です

理由は「.xyz」などというドメインよりもユーザーが見慣れている名前のドメインのため信頼感があるためです。

ドメインの価格は以下の要素によって変動します。

  • guutenの部分にあたる自分で決める名前
  • .com、.net、.infoなど末尾につく名前
  • 何年分取得するか

ドメイン名や末尾につく名前などを入力すると、いくらになるか表示されるので、そこで必ずチェックしましょう。

自分の取りたいドメインが既に他の人に取られている場合は、チェックができない状態になっています。

 

お申し込み内容を確認

Whois情報公開対抗メール転送オプション(300円/年)は不要です(理由はこちら)。

ドメインプロテクション(980円/年)へのチェックはECサイトを作るなどではない限り不要です(理由はこちら)。

ドメインプロテクションはドメイン乗っ取り被害対策ですが、これが遭うかもと怖い人は、申し込み後お名前.comのログイン通知機能をONにする(無料)ことをおすすめします。

SSL証明書も、あとでエックスサーバーで無料で設定するので不要。

 

料金に進む

クレジットカード番号を入れる画面になりました。

ここで入力してから「次へ」に進むときに注意なのが、デフォルトでついている「全額キャッシュバック」からチェックを外すことです。

チェックつけたままだとGMOでんきに勝手に申し込まれる可能性があります。

 

損しないための設定

ドメイン購入後、もしドメイン取得したけどブログ来年も続けるかわからないって人は、お名前.comの自動更新設定を解除しておきましょう。

 

4.サーバー・ドメイン紐付け

取得したサーバー・ドメインをお互いに紐付けします。

お名前.comにログイン

 

ネームサーバー欄を変更

ドメイン一覧から対象ドメインを選択

管理画面にある「ドメイン一覧」をみてネームサーバー欄の変更をする対象ドメインをクリックする

 

ネームサーバー情報の「変更する」をクリック

 

3.他のネームサーバーを利用をクリック

右上のタブ(他のネームサーバーを利用)を選択。

 

4.ネームサーバーの情報入力

エックスサーバーから届いたメールの情報をもとにネームサーバーの情報を入力します。

エックスサーバーから「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ」と言うタイトルのメールが届いていると思います。

 

上のメールのネームサーバーの情報1~5を上から順番に、以下の画像の「ネームサーバー情報を入力」という欄に入力します。

 

確認→設定ボタンを押して完了です。完了画面は以下の通り。

ここで詰まった人は、「お名前.com 」+「ネームサーバー」などと検索すれば、詳細な解説がわかります。

 

5.エックスサーバー のサーバーパネルにログイン

IDとパスワードはエックスサーバー からメールが来ています

 

6.ドメイン設定をクリック

 

7.お名前.comでゲットしたドメイン名を入力

「ドメイン設定追加」をクリックし、自分の取得したドメインを入力、確認画面へ進んで設定完了です。

ここで詰まった人は、「エックスサーバー 」+「独自ドメイン追加」などと検索すれば、詳細な解説がわかります。

 

5.WordPressインストール

1.サーバーパネルから簡単インストール

エックスサーバーのサーバーパネルに行き、WordPress簡単インストールを選択する。

 

2.ドメイン選択

次に自分が取得したドメイン名を選択する。

 

3.必要項目を埋める

  • サイトURL:そのままでOK
  • ブログ名:あとで変更できます。
  • ユーザー名:ブログにログインするときに毎回使うものです。
  • パスワード:ブログにログインするときに毎回使うものです。
  • メールアドレス:メールアドレスを入力します。
  • データベース:そのままでOK

具体的な方法や、項目の埋め方はエックスサーバーのこのページに詳しく書いてあります。

「インストールする」の前に赤くindex.HTMLが削除されますと出ますが、気にせずOKです。

 

4.WordPressにログイン

次にWordPressの管理画面にログインします。

WordPressの簡単インストールをした画面の最後で出た「管理画面URL」をクリックして、先ほど設定したログインID、パスワードを入力すればOK。

ただし管理画面URLは最初は必ず、「無効なURLです。プログラム設定の反映待ちである可能性があります。しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。」と表示が出ているので、数時間後に再度アクセスしましょう。

 

6.ファイルの中身をローカルから移行

All in One WP Migration を使う

All in One WP Migrationという無料のプラグインを使って、ローカル上で作ったサイトをサーバー上へ移行させます。

以下のYouTube動画で解説しています。

 

違うテーマで作成していても、方法は同じです。

 

注意点

動画でも解説していますが、以下の2点に注意してください。ファイル移行後

  • WordPress管理画面のログインID、パスワードが移行元のものに変わる(ローカル上で作ったサイトのもの)
  • サーバー上のサイト(今回は新しくサーバー・ドメインを取得して作ったサイト)にデータがあった場合は消えるので、All in One WP Migrationなどでファイルエクスポートしておく

 

7.お問い合わせフォーム設置

お問い合わせフォームをGoogle Formで簡単&無料で設定しましょう。

上の動画で説明する設定方法だと、お問い合わせフォームに来たメールをGoogleスプレッドシートで自動管理したり、お問い合わせが来たら指定したメールアドレスに通知することができます。

 

8.WordPress基本設定とSEO設定

基本設定

WordPressでサイトを作ったらやるべき8つのSEO対策

ブログ始める前にしなくて痛い目見たこと【10時間の手間】

 

プラグイン導入

 

を参考にしてみてください。

以上で完成になります。お疲れさまでした。