WordPressで企業サイトを作る方法

WordPressブログを5時間で開設・収益化!12690円/年【画像あり】

WordPressブログの初心者が5時間で開設・収益化設定した方法・サーバーのプランの選び方など、全ての手順を画像付きで説明します。

他のサイトを10個以上参考にして、1番簡単と思った方法をまとめました。

ドメイン申し込み時に勝手に不要なオプションに申し込まれたり、高すぎるスペックのサーバーを頼んで損しないように

  • ドメイン申込み時にどこにチェックを入れたら危険か
  • 1番お得なサーバープランは何か
  • ドメイン名はどう決めるのがSEO的に良いのか

など「自分が実際に迷った部分」を全て明確にして説明します。

 

WordPressブログの収益化の費用は12690円/年

WordPressブログを開設して収益化する費用は年間12690円です。

項目 費用
サーバー 年11880円(初年度+3300円)
ドメイン 年690円等(ドメイン名による)
合計 年12570円(初年度15870円)

 

WordPressブログの収益化の流れ

早速、WordPressブログをパパッと開設・収益化してみましょう。

これはWordPress初心者の私が10サイトをググりつつやって実際にかかった時間なので、このブログを見れば、5時間の作業時間で収益化設定まで行うことができます

  1. サーバーを取得(20分)
  2. ドメインを取得(20分)
  3. サーバー・ドメイン紐付け(40分)
  4. WordPressインストール
  5. テーマ導入(30分)
  6. 収益化設定(30分)
  7. 基本設定とSEO対策(80分)

 

1.サーバーを取得

おすすめはエックスサーバー



オススメは初心者向けで使いやすくコスパが良く、性能も良いエックスサーバーです。

安定性が高いので、サーバー障害を起こしたり、表示速度が遅いなどトラブルが起こりにくいです。

Twitter上でもよく色々なブロガーやアフィリエイターがエックスサーバーが、サーバー障害もあまりなく1番安定してて最強と言っています。

速度、安定性ともに15個のサーバーの中で1位だそうです。

また、利用者が多いため、何かわからないことがあってもググればだいたい誰かが解説をしています

スペックやメリットの詳細を知りたい方は「ホームページ作成するならエックスサーバー一択【初心者向け】」をご覧ください。

 

サーバー取得費用

項目 費用
契約手数料 3300円(最初だけ)
月額費用 990円
合計 年11880円(初年度14880円)

最初は1年契約でOK、プランは最も安いx10プランで十分です。

 

サーバー取得方法

1.エックスサーバーの申し込みボタンを押す

エックスサーバーで申し込みボタンを押せばOKです。(トップ画面は変わっているかもしれません)

 

2.プランはx10で個人情報登録

サーバーIDに自分の好きな英数字文字列を入れましょう。

x10は最も安いプランですが、このプランで十分です。登録区分は会社で行う場合でなければ個人を選びましょう。

 

2.ドメインを取得



ドメインとは、ホームページのアドレスのことで、このブログだと「guuten.net」というものです。

私はお名前.comを使いました。

 

ドメイン取得費用

これは私がguuten.netを取得したときは税込759円でした。

この費用は、色々な要素によって変動するので、皆が必ず年759円なわけではありません

年759円は高すぎず普通くらいの価格だと思っており、もっと安くすることもできます。

こだわりがない限り高すぎる値段のドメインを取得しなくてもOKです。

下で、どのように価格が決まるのかも説明しています。

 

ドメイン名を打ち込む

さっそくドメインを取得していきます。

まずお名前.comのページ行き、欲しいドメイン名を打ち込みます。

このブログの場合は「https://guuten.net」の「guuten」の部分です。

読者に覚えてもらいやすいように短く、わかりやすい名前がオススメです。(謎のアルファベットの羅列はオススメしません)

 

2.net、comなどを選ぶ

次に決めるのが、「.net」「.com」など名前以下のドメインの種類です。この種類で金額が変わってきます。

.xyzや.siteというドメイン名は初年度の費用のみが安く、次年度以降は一気に値上がりします。

よくみんながとるドメインは「.net」や「com」です

理由は「.xyz」などというドメインよりもユーザーが見慣れている名前のドメインのため信頼感があるためです。

ドメインの価格は以下の要素によって変動します。

  • guutenの部分にあたる自分で決める名前
  • .com、.net、.infoなど末尾につく名前
  • 何年分取得するか

ドメイン名や末尾につく名前などを入力すると、いくらになるか表示されるので、そこで必ずチェックしましょう。

自分の取りたいドメインが既に他の人に取られている場合は、チェックができない状態になっています。

 

サーバーは利用しない

サーバーはエックスサーバーを既に上で申し込んでいるし、エックスサーバーのほうが良いので「利用しない」を選択。

 

お支払方法の選択

料金画面になりました。ここで料金を確実にチェックしましょう。私のドメインの場合は年間760

ここで入力してから「次へ」に進むときに絶対にしてほしいのが、「お得なメルマガを受信する」からチェックを外すことです。

キャンペーンなどDMなどが鬱陶しいので絶対外したほうがおすすめ。

 

損しないための設定

ドメイン購入後、もしドメイン取得したけど来年もこのサイトを運営し続けるかわからないって人は、申し込み完了後にお名前.comの自動更新設定を解除しておきましょう。

解除は簡単にできます。方法は公式サイトの解説をどうぞ。

 

3.サーバー・ドメイン紐付け(40分)

取得したサーバー・ドメインをお互いに紐付けします。

ドメインにサーバーを紐付ける

1.お名前.comにログイン

 

2.管理画面にある「ドメイン一覧」をみてネームサーバー欄の変更をする

対象ドメインをクリックする

 

ネームサーバー情報の「変更する」をクリックする

 

3.「他のネームサーバーを利用」をクリック

 

3.ネームサーバーの情報入力

エックスサーバーから届いたメールの情報をもとにネームサーバーの情報を入力します。

エックスサーバーから「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ」と言うタイトルのメールが届いていると思います。

上のメールのネームサーバーの情報1~5を上から順番に、「ネームサーバー情報を入力」と言う欄に入力します。

確認→設定ボタンを押して完了です。完了画面は以下の通り。

ここで詰まった人は、「お名前.com 」+「ネームサーバー」などと検索すれば、詳細な解説がわかります。

 

サーバーにドメインを紐づける

1.エックスサーバー のサーバーパネルにログイン

IDとパスワードはエックスサーバー からメールが来ています

 

2.ドメインの追加設定をクリック

 

3.お名前.comでゲットしたドメインを入力

「ドメイン設定追加」をクリックし、自分の取得したドメインを入力、確認画面へ進んで設定完了です。

ここで詰まった人は、「エックスサーバー 」+「独自ドメイン追加」などと検索すれば、詳細な解説がわかります。

 

4.WordPressインストール

エックスサーバーで簡単インストール

エックスサーバーのサーバーパネルに行き、WordPress簡単インストールを選択する。

 

ドメイン選択

次に自分が取得したドメイン名を選択する。

 

3.必要項目を埋める

  • サイトURL:そのままでOK
  • ブログ名:あとで変更できます。
  • ユーザー名:ブログにログインするときに毎回使うものです。
  • パスワード:ブログにログインするときに毎回使うものです。
  • メールアドレス:メールアドレスを入力します。
  • データベース:そのままでOK

具体的な方法や、項目の埋め方はエックスサーバーのこのページに詳しく書いてあります。

「インストールする」の前に赤くindex.HTMLが削除されますと出ますが、気にせずOKです。

 

WordPressログイン

次にWordPressの管理画面にログインします。

WordPressの簡単インストールをした画面の最後で出た「管理画面URL」をクリックして、先ほど設定したログインID、パスワードを入力すればOK。

ただし管理画面URLは最初は必ず、「無効なURLです。プログラム設定の反映待ちである可能性があります。しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。」と表示が出ているので、数時間後に再度アクセスしましょう。

 

5.WordPressテーマを導入

次にWordPressのテーマ(デザインや便利機能を持つテンプレート)を導入します。

デフォルトでテーマは導入されていますが、ほとんどの人は自分の好きなテーマに変更します。

有料テーマvs無料テーマ

テーマは無料と有料のものがあり、有料のものは大体1.2万円ほどかかります。

私は最初は無料テーマでブログが続いたら有料テーマに変更しましたが、面倒なことになりました。

無料テーマのオリジナル機能を使っていたり独自の設定をしていたので、有料テーマに変えたときに設定し直す手間がかかったり、

新しいテーマで新たに見た目のデザインを設定したり、テーマの新しい機能に慣れるまでに時間がかかったからです。

途中からテーマを変更するとショートコードやオリジナル機能を使っている場合などに、設定が一部変わるので面倒なので、最初から同じテーマを使い続けるのがおすすめ。

 

無料テーマのおすすめ

無料テーマならcocoonが良いと思います。以下の動画でCocconの設定方法を説明しています。

 

有料テーマのおすすめ

有料テーマのおすすめはスワローです。

  • スピードが早い
  • 人気テーマで多くの人が使用方法やトラブル対応などをネット上に書いており情報が豊富
  • いろいろなデザインに適用可能(シンプル、クール、ポップ、かわいい)

スワローと似ている有名テーマとしてストークが挙げられます。

これは同じメーカーから出されているテーマで、ストークの方が900円高く、上位バージョンです。

ただし機能がほぼ変わらないので、スワローの方がオススメです。

 

6.WordPress収益化設定(2.5時間)

WordPressの収益化設定とは「広告を貼ること」です。

誰かが広告をクリックしたり、ここでの広告経由で商品を買ったり、広告を見ることでブロガーに収益が入ります。

WordPressの収益化方法は3つあります。

1.アフィリエイト

ASPに登録

アフィリエイトをするのに必須なのが、売りたい商品のリンクを発行できるASPで、全部で20ほどありどれも登録は無料です。

特にオススメのASPが、もしもアフィリエイトA8.netの2つ。

もしもアフィリエイトは「かんたんリンク」でアマゾンや楽天アフィリエイトも簡単にできるのがおすすめのポイントで、以下のような商品リンクが簡単にできます。

A8はASPの中でも大手で、対応が優秀でした。

そのほか以下は時間があれば登録しておいてください。

 

2.Google Adsense広告

Google Adsense広告は、ブログの下部などに貼って、読者に見られたりクリックされることで稼ぐことができます。

「どれだけどこに広告を貼るか」、どれだけクリックされるかなど様々な要素に依存しますが、目安として10万PVで3万円くらいと言われています。

申請するまでに必須の作業

Google Adsenseは「広告を貼っても良いよ」と言われるまで審査があるので、まず自分のブログを立ち上げて以下を行ってから申請しましょう。

  • 1000文字以上の記事を15個書く
  • PV数を稼ぐ:私は月間500PV以下で承認されました

 

承認されない場合は何が原因?

Google Adsenseは承認されるまでに3日以上かかります。

承認されない原因として考えられるのは以下。

  • 記事数が少ない(私は15記事で承認されました)
  • 各記事の文字数が少なすぎ(私は各記事1000文字で承認されました)
  • 申請時に自分のWordPressサイトに貼るコードの位置を間違えている。正しい場所は、「外観」→「テーマの編集」→「header.php」の中の<head></head>の間です

 

7.基本設定・SEO設定(0.7時間)

最後にWordPressの基本・SEO設定・プラグイン追加をします。

SEOとは、検索順位で上位にくるように設定することです。

ひとまず後回しでもOKですが、必ず行いましょう!

お問い合わせフォーム

サイトへのお問い合わせフォームを作りましょう。

仕事依頼、アフィリエイト案件の特別単価の提案、PR依頼など色々な連絡がきます。

 

プラグイン導入

WordPressのSEO機能やその他便利さを補強するプラグインを導入しましょう。

全て無料でOKです。

 

基本・SEO設定

最後にこちらの設定も忘れずに!

ブログ始める前にしなくて痛い目見たこと【10時間の手間】

WordPressでサイトを作ったらやるべき8つのSEO対策