wordpressのLP用のテーマのおすすめ【コーディング不要】

wordpressのLP用のテーマで、コーディング不要のものだけまとめてみました。

ゴロニャン

wordpressでLPを作りたいんだけど、デザインもコーディングも、面倒だなあ。1日以内に作りたい!
コーディング全く不要でデザインもあらかじめ作ってあるテーマがあるので紹介するよ

ニャンニャン

 

wordpressのLP用のテーマのオススメポイント

テキストと画像を用意すればすぐできる

紹介するテーマは、テキストと画像を用意しておけば、サイトのアップ含めて6時間くらいで出来る簡単に使えるものです。

管理画面上で操作できるのでコーディングやデザインは一切不要です。

サイトに必須の内容を簡単に入れられる

メリット、サービス概要・詳細、事例・料金表などサイトに必須の内容を入れるセクションがあるので、まず困ることはないかと思われます。

CVの上がりやすいデザインになっている

ファーストビュー内に「キャッチコピー・写真・申込アイコン」を入れることができるなど、全体的にユーザーにわかりやすいデザインになっています。

わかりやすいデザインだとCV(お問い合わせ率向上などサイトの目的)もしやすいです。

ブログ記事も書くことができる

ブログ記事も書くことができ、サイトの流入元を増やすことができます。

買い切り型でテーマ費用のみ

商品は買い切り型ですので、テーマ購入費用以外はかかりません。

 

wordpressのLP用のテーマのおすすめ

早速オススメテーマを2つ紹介します。

Emanon business(エマノン・ビジネス)


料金 12800円(税込)
サポート 期限に関係なく随時メールにてご相談可能
商用利用 可能。購入者のサイトに使えるのでクライアントへ納品する場合は、クライアント本人に購入してもらいましょう
複数サイト利用 可能。購入者の所有する複数のドメイン、サーバーで利用可能
著作権表示削除 可能。フッターの著作権表示は削除できます
決済方法 銀行振込、クレジットカード

ビジネス特化テーマ

Emannon Businessは、「wordpressテーマEmanon」シリーズの「個人事業主や中小企業向けのWordPress有料テーマ」です。

もちろんビジネス以外の目的のサイトでも使えます。

Emanon Proが親テーマなので、購入せずともEmanon Proの機能も使うことができます。

デザインを6種類から選べる

Emanonでは、6種類のLPデザインから自分の作りたいサイトにあったデザインを選ぶことができます。

スライダー、動画なども選ぶことができます。

 

複数サイトで利用可能

Emanon Businessのテーマは、自分で自分のサイトを作る場合は複数サイトで利用可能です。

 

設定方法を無期限でメールでサポート

Emanonでは設定方法などの質問は、無期限でメールにてサポートしてもらえます。

 

コーディング不要で管理画面で完結

Emanon businessは、コーディングやデザインが不要で管理画面で完結して使うことができます。

自由にテーマファイルを改変し利用することもできます。

 

Emanon businessの特徴

その他、Emanon businessがおすすめの理由を紹介します。

  • わかりやすいレイアウト
  • 問い合わせに誘導するようセクション単位で商品、サービスに関する情報を表示することができます
  • 直帰率を下げるためにブログ記事への誘導や見込み客へとリードするデザイン
  • 画像やテキストの表示にかっこいい動きをつけることができる

 

LIQUID PRESSの「LIQUID LP」


料金 9900円(税別)
サポート 30日間メール対応
商用利用 可能
改変、再配布 可能
著作権表示削除 可能。フッターの著作権表示は管理画面から簡単に削除できます
決済方法 銀行振込、クレジットカード

 

商品は買い切り型ですので、その他費用はかかりません

LIQUID LPがLP用のテーマ

LIQUID PRESSには色々なwordpressテーマが売っていますが、LIQUID LPがLP用のテーマです。

 

3種類のサンプルページ

すぐ使える3種類のサンプルページがセットになっています。

 

商用利用可能

以下の商用利用が可能です。

  •  テーマを利用したサイトで商品を販売する
  • テーマを利用したサイトで広告やアフィリエイト収入を得る
  • テーマを企業のコーポレートサイトとして利用する
  •  テーマを利用して制作したサイトをクライアントに納品する

 

ブロックを自由に組み合わせ

LPに必要な要素(ブロック)も自由に組み合わせて編集できます。

質問と回答、リスト、料金表、ステップ、アイコン、ギャラリーなど。

 

wordpressのLP用のテーマを使うのに向いている人

デザインが出来ない

あらかじめデザインが作られている

紹介するwordpressのLP用テーマは、デザインがあらかじめ作られているもので、中身のテキストや画像だけ自分で入れるというものです。

CVの観点から優れたデザイン

また、このLP用テーマはデザインが優れています。

具体的には、ウェブサイトの本来の目的であるCV(お問い合わせ率向上)の観点から見ると優れたものです。

例えば、レイアウトや文字の大きさ、色使いなどの点で「わかりやすい」「違和感のない」「スタイリッシュ」なデザインになっています

 

wordpress用のLPを1日で作りたい

ここで紹介するLPを使えば、中身のテキストと画像を用意するだけで済むため、1日で完成できます。

ネット上に公開するためのサーバー、ドメイン設定も含めて1日以内で設定できます

あらかじめテキスト・画像が用意してあれば6時間あれば完成するのではないかと思います。

 

wordpressのLPに細かいカスタマイズは必要ない

コーディングで細かいカスタマイズが必要ない人にオススメです。

紹介するLP用テーマはスマホ対応など最低限の機能は揃っています。

テーマのデモを見て、自分が必要だと思う機能が揃っているか確認してみましょう。

 

3万円以内でLP型wordpressサイトを作りたい

ドメイン、サーバー、テーマと合わせても初年度の費用3万円以内で作れます

テーマは書いきりなので、次年度は、サーバーとドメイン費用のみがかかり、年間1.3万円ほどかかります。

 

web制作で稼ぎたい

駆け出しフリーランスで、例えばクライアントから数万円以内という超低単価でそれなりのホームページを作って欲しいと言われたとき、LP用のwordpressテーマを使える可能性があります。

その時はクライアントに「このテーマで作るので、デザインの細かなカスタマイズが難しい」「何ができて何ができないのか」などを伝えておくのがオススメです。

ぶっちゃけ、これならちょっとPCリテラシーがあるクライアントなら自分で作れるかもしれないくらい簡単です。

 

wordpressのLP用のテーマを使わない方が良い人

  • オリジナルデザインのサイトを作成したい
  • デザインには細かいこだわりがある
  • ログイン機能などつけて会員制にするなど様々なカスタマイズをしたい
  • 高い単価のサイト制作案件で稼ぎたいフリーランス

 

wordpressのLP用のテーマの設定方法

wordpressのLP用のテーマの設定方法

wordpressのLP用テーマを購入すると、設定の手順は以下の通りです。

  1. サーバー、ドメインを取得
  2. wordpressサイトを立ち上げてテーマをインストール
  3. サイト内にテキストや画像を入れ込む

 

購入必須のものは2つ

ここで購入が必須のものは2つです。

  • サーバー(月額1000円、初期費用3000円)
  • ドメイン(年間690円)

おすすめサーバーはエックスサーバー

最も初心者向けで使いやすくコスパが良く、性能も良いのはエックスサーバーです。



 エックスサーバーは利用者が多いため、何かわからないことがあってもググればだいたい誰かが解説をしてくれています

  • 契約手数料(初月のみ):3,000円(税抜)
  • 月額使用料:1,000円(税抜) ※1年契約、x10プラン

容量は、超大量にアクセスが来ない限り、最も安いx10プランで十分です。

10日間無料お試しキャンペーンをしています。

おすすめドメインはお名前.com


おすすめドメインはお名前.comです。安くて使いやすく、設定が簡単で、利用者が多いため分からないことがあっても解決策を誰かがブログで解説していたりします。

 

具体的には以下の記事に書いてあるので参考にしてみてください。

初心者がwordpressで企業のホームページを1番簡単に制作する方法【6時間】