学ぶプログラミング言語を間違えると悲惨な話

初心者のビジネス英語勉強は無駄が多すぎる。最短勉強法を元外資コンサルが解説

ビジネス英語の最短勉強を初心者向けに解説します。

実務で英語中心で業務していた元外資コンサルが、実際に業務で使った英語、使わない英語を考慮して効率の悪い勉強で消耗しないためにやってはいけないことを紹介します。

初心者がビジネス英語を勉強すると、無駄な勉強をしがち

まず、初心者がビジネス英語を勉強すると無駄な勉強をしがちです。

理由は、実務でどんなビジネス英語を使うかわからないまま勉強をするから

ニャンニャン

なので、実際にビジネス英語を使って仕事をしていた元外資コンサルが無駄な勉強を紹介します。

実際にビジネス英語使った仕事内容は、コンサルやエンジニアとして、英語で書かれた設計書を元に開発したりバグを報告、システム導入の調査・提案書の作成、事業計画書の英訳や翻訳など様々です。

初心者がしがちなビジネス英語の効率の悪い勉強

実際にビジネス英語の効率の悪い勉強を知ることで、作業を減らしましょう。と言っても勉強自体が完全に無駄というわけではないです。

初心者は細部にこだわるより、まずは頻出の英語のみを抑えて、8割の完成度にしましょう。

ニャンニャン

具体的に効率の悪かった勉強法は以下3つです。

  1. ネイティブの発音習得
  2. 受験英語/洋書/映画で勉強する
  3. 速い英語を聞く

1.ネイティブの発音習得

ビジネス英語でネイティブの発音の勉強は後回し。インドや中国英語が台頭するから

まず、ネイティブの発音にこだわるのはやめましょう。アジアのインドや中国が世界で台頭するにつれ、ネイティブの英語が正解という概念が崩れつつあります

例えば、インド英語や中国英語はネイティブとは異なる発音ですが、インド人や中国人はすでに世界で優秀な人材かつ人口の多い国民として世界中で活躍しています。

すでにアメリカのスタートアップのCEOにもかなり多くのインド人がいます。

今後非ネイティブ話者とビジネスすることになれば、ネイティブ英語よりも、彼ら英語ができる方が良いかも

ニャンニャン

わたしも実際、インド人やシンガポール人と仕事することばかりだったので、ネイティブ英語身につけてもな、という感じでした。

ビジネス英語で発音の勉強の優先順位は低い

かといって中国英語やインド英語の発音を覚えるのは、かなり優先順位が低いです。

ゴロニャン

かっこいい発音ができなくても、英語は「通じれば良い」
まずは、日本の発音英語でも「相手に伝わる文章を組み立てて伝えられる」ようになろう

ニャンニャン

ゴロニャン

それができれば最低限テキストでのコミュニケーションができます。

 

 

2.受験英語/洋書/映画で勉強する

ビジネスでは難しい英語は使わない

受験英語の参考書を使って勉強をするのはやめましょう。受験英語のような難しい英語や、長文を読む機会はありません

ゴロニャン

研究職などでない限りまず使わないし、そうでない場面で難しい長文を読ませている時点で相手の伝え方が悪い
「シンプルに簡潔に伝える」ことがビジネス英語の基本です。メールやパワポの文章も長すぎても相手が読む気がなくします。

ニャンニャン

基本的な英語で伝えられるようになるのが先

ニャンニャン

また英語の難しいことわざや文法もまず使いません。

洋書や映画なども小難しい英語やスラングが出てきますが、使わないのでやめましょう

 

3.速い英語を聞く

英語ニュースなどで速い英語を聞き取る練習はやめましょう。優先順位は低いです。

ゴロニャン

相手の英語が速すぎて聞き取れない場合、相手に大きな責任があります。
相手に「もっとゆっくり話して欲しい」と言えば、みな調整してくれる。

ニャンニャン

相手もこちらに伝えられなければビジネスが伝わらないはずなので、ゆっくり英語を話してくれるはずです。

 

【初心者】ビジネス英語のおすすめ勉強法

効率の良いビジネス英語の勉強法は「出る英語」のみ勉強することです。

  1. 頻出の単語・例文を覚える
  2. 頻出の会話のリスニングを聞く
  3. 頻出の英会話をする

1.頻出の単語・例文を覚える

ビジネスの場面で頻出の英語・例文を覚えましょう。

闇雲に使わない単語や例文を覚えるのはもったいないです。

業界特有の単語を覚えるのは、使う場面に出くわしたらでOKです。これがわからないからといって、責められることはまずありません。

ニャンニャン

 

初心者のビジネス英語の勉強にオススメの単語・例文本

 

  • ビジネス場面ごとに英語を覚えられるので、使う単語のみ覚えられる
  • CD付きで聞きつつ覚えることができる
  • 会社・組織/経済・経営/人事・仕事/製造・製品/販売・取引/金融・会計/通信・伝達/会議・交渉/法律・税制/など、ビジネス場面が豊富

わたしは通勤中や、家で家事をしているとき、これをずっと聞き流していました。

 

2.頻出の会話のリスニングを聞く

ビジネス場面で実際に使うリスニングを勉強しましょう。

「会議の前の挨拶」「議題の確認」「提案する」「妥協する」「意見を撤回する」など、実際の会議の場面を想定して様々なパターンに即して勉強すると効率が良いよ

ニャンニャン

初心者のビジネス英語の勉強にオススメのリスニング本

  • 実際に使う様々なビジネスパターンを想定(上記に挙げた場面は全て網羅している)
  • 上記に合った英単語、熟語、文を列挙しており、実際に使えるフレーズを「暗記」できる
  • 内容が多すぎないので、まず1冊最低限完璧にするのに適している

実際わたしはこれを家事をしながら流して、会議に使える英語を勉強しました。

 

3.頻出の英会話をする

ビジネス英会話を話しまくりましょう。わたしは1日8時間英会話を3ヶ月しました。ただ、会社に行きながら英会話スクールに通うのは辛いし値段が高いです。そして留学に行けるほど時間が取れないので、まずはオンライン英会話の無料体験レッスンをやってみましょう。

オンライン英会話は続かない人が多いので、まずは無料体験レッスンをすることを強くオススメします。オンライン英会話はモチベーションも上がります。

無料体験もできるおすすめオンライン英会話と使い倒す方法【初心者向け】

 

 

初心者がビジネス英語の勉強をここまでやれば、7割はOK。さらに上級レベルにいくには?

これだけやれば、ビジネス英語を勉強したと言って良いレベルです。

上記をやり終えた、もしくは上記のレベル以上の英語力がある人にオススメなのは以下の参考書を使った勉強です。

ビジネス英語初心者が上級レベルにいくための英単語/例文

先ほど紹介した同じシリーズのビジネス英単語帳の上級編です。

ビジネス英語初心者が上級レベルにいくためのリスニング

「ビジネスで頻出であること」にプラスして、より理解力を深めたいなら「問題を解きながら」聞くことがオススメです。聞き流すだけだと、バックグラウンドミュージックのようになって結局身につきません。

「解きながら」という点でオススメはビジネス英語であるTOEICのリスニング英語の問題を解くことがオススメです。

 

 

初心者のビジネス英語勉強は無駄が多すぎる。最短勉強法を外資コンサルが解説まとめ

効率の悪い勉強法とは「使わない」英語を覚えることです。細部にこだわるより、まずは頻出の英語のみを抑えて、8割の完成度にしましょう。
効率の良いビジネス英語の勉強法は「でる英語」のみ勉強することです。
チート技も使いつつビジネス英語に消耗しないように気をつけましょう。