無料オンライン勉強サービス10選おすすめ

フリーランスがWordPress制作で仕事ができるレベルになるには?コーディングも解説

フリーランスがWordPress制作で仕事ができるレベルになる方法と、必要なコーディングなどの知識を解説します。

WordPress制作でフリーランスが仕事が出来るレベルは3つ

最低限稼げるレベルは下の1、2までできることです。

  1. 既存テーマでそのまま作成
  2. 既存テーマをカスタマイズ
  3. 自作WordPressテーマを制作

1.はコーディングなしで出来て、2,3はコーディングが必要です。

難易度は1が1番簡単で、3が1番難しいです。

他にもECサイト作成などの仕事もありますが、今回は割愛します。

以下でそれぞれのレベルについて解説していきますが、

まずはレベル0として初心者向けのWordPressの使い方の動画を見て超基礎を押さえてください。

 

レベル1:既存WordPressテーマでそのまま作成

1番簡単なWordPress制作方法

最も簡単な方法です。

世の中のほとんどのWordPressブログはこのレベルです。

WordPressブログを作るのとほぼ同じ手順で作れます。

企業やサービスのホームページ用にデザインされたWordPressテーマを使えば、簡単にデザイン性のあるそれっぽいサイトができます。

コードをいじらないのでコーディングの知識が全くなくとも出来ます。

WordPress設定とテーマ設定だけで終わるからです。

ブログだけでなく、コーポレートサイトやLP(ランディングページ)もこの方法なら数時間で制作できます。

 

案件は少ない

ただしこれはコーディングを学んでなくともPCが少し触れるなら、

素人でも作れるようなレベルなので、案件数としてはかなり少ないです。

というか、既存のWordPressテーマをそのまま使ってと指定される案件は、まずないです。

機会があるとすれば、かなり低コストで超短期でサイト制作を受託した場合に、この方法で良いか交渉して作るくらいです。

 

35分または6時間で作れる制作方法

35分で作る方法

ローカル上で作る方法です。

6時間で作る方法

サーバー上にアップする方法です。

WordPressで企業のホームページを簡単に制作【6時間】

 

レベル2:既存WordPressテーマをカスタマイズ

よくあるWordPressの仕事です

既存テーマをカスタマイズしてWordPressを制作する方法は、WordPressサイト制作の仕事でよくあります。

コーポレートサイトや企業のサービスサイトをWordPressサイトで作る場合、ほとんどこのパターンだと思います。

これが出来ると、納品してからもお客さんが記事投稿が出来るので、お客さん自身がニュースやブログ記事を投稿したいという場合に使えます。

簡単なPHPをかけることも必要になります。

 

具体的な作成方法

具体的に行うことは、既存のWordPressテーマのheaderやfooterを編集してテキストやデザインを変えたり、

新たに固定ページをコーディングして設置します。

ずは以下の動画を見て、全体像やPHPのファイル構造、どこをいじれば良いのかを抑えてください。

この案件でよく使う実装や内容としては、以下を覚えておくのがおすすめです。

WordPress既存テーマのカスタマイズ方法

PHP初心者がWordPressテーマカスタマイズする方法【WordPress歴4年が解説】

固定ページに一覧を表示する方法

記事一覧やニュース一覧を作成するコードです。

このタイプのサイトでは必須のコードかと思います。

WordPress固定ページに投稿一覧を表示する方法【コピペOK】

カスタマイズ案件でよく使うPHP

カスタマイズ案件は基本的なPHP構文を使います。最低限の基本的なPHP構文やショートコードを紹介します。

WordPressで使うプログラミングPHPは最低限これだけ覚えればOK

 

レベル3:自作WordPressテーマを作成

自作テーマ制作とは

オリジナルテーマを制作できるレベルとは「WordPressテーマを自分で作れる」ことです。

2.で紹介した「HTML/CSSサイトをWordPress化して制作する」のレベルアップバージョンです。

私はこのレベルまで到達してから仕事を受注しましたが、上記1.2.のレベルまでで十分仕事をできます。

 

仕事はあまりないし1番難しい

仕事でWordPressのオリジナルテーマ作成を受注することは、ほぼないです。

手間と時間がかかり金額が大きくなるのと、相当SEOに詳しいわけじゃない限り、

既存テーマのカスタマイズと品質が変わらない or 劣り、クライアントにとって全くメリットがないからです。

駆け出しフリーランスが、この仕事をすることはほぼないです。

 

WordPress制作で仕事ができるための勉強方法

  1. 1~2か月スクールに通う
  2. ブログ
  3. 本や動画

1~2ヶ月スクールに通う

プログラミングスクールで1〜2ヶ月質問し放題で勉強する方法。

短期間集中で、質問し放題の環境です。おすすめは以下2つ。

どちらも体験があり、オンライン受講可能、メンターは現役のエンジニアなので質が高いです。

詳細は以下記事をどうぞ

WordPressのプログラミングスクールおすすめ比較!地雷に注意

 

ブログ

私のブログで紹介した記事を読んで勉強してみてください。全て無料です。

全体像

WordPressのおすすめ勉強法を頻出案件から逆算して解説【無駄な勉強はしない】

wordpressの練習を実務に即して行う!ローカル・本番・頻出練習

レベル1

WordPressでコーポレートサイトを最も簡単に制作する方法

レベル2

php初心者がWordPressテーマカスタマイズする方法【WordPress歴4年が解説】

 

3.本や動画でWordPress制作の仕事ができるレベルになる

基本的な内容のWordPress本

基本を押さえたいなら、まずこの本から始めましょう。自分と同じ駆け出しの周りのフリーランスも読んでいる人が多いです。

中級の内容のWordPress本

既にブログ作りなどでWordPressを使っているなど基本知識はあるなら、WordPressの機能をまとめたタイプがおすすめです。基本から応用まで機能が網羅されたタイプなので、必要なポイントごとに学習できます。

 

UdemyでWordPress制作を勉強する

UdemyのWordPressおすすめ講座は買わなくてOK!買うなら2つだけ厳選紹介

 

WordPressで仕事ができるレベルまとめ

最低限稼げるレベルになるには以下2までのWordPressサイト制作方法を押さえましょう。

  1. 既存テーマでそのまま作成
  2. 既存テーマをカスタマイズ