1番安い脱毛方法!100円〜の8サロン紹介

コンサル辞めたい私がやってよかったこと・無駄だったこと【元外資コンサル】

コンサル辞めたいという人向けに、実際にコンサルを辞めた元外資コンサルの私がやってよかったこと・無駄だったことを説明します。

他の「コンサル辞めたい人がやるべきこと」みたいなサイトはコンサル退職経験者ではない人が予想で書いていることも多いので注意してください。

 

元新卒外資コンサルがコンサル辞めたいと思った理由と現在

私はIBMにコンサルタントとして新卒入社して新卒3年目で退職しました。コンサル辞めたいと思った理由と現在何をしているかについて紹介します。

コンサル辞めたいと思った理由5つ

簡単にいうと、つまらない上につけたいスキルもつかないので長期的にいても意味がないと思い辞めました。

  • やりたい仕事ができない
  • スキルがつかない
  • 成長スピードが遅い
  • 会社員生活が合っていない
  • 自分のロールモデルがいない

詳細は以下の記事をどうぞ

IBMを新卒3年目で退職した理由。ITコンサル職からフリーランスへ。

 

コンサル辞めて現在はフリーランス

現在コンサルをやめた後にフリーランスになって、主に海外を旅行しながら生活しています。これだけ聞くと怪しいですが、完全リモートの仕事しかしないので、これが可能になっています。

具体的には主にweb制作(ホームページ制作)やブログ・アフィリエイトをして稼いでいます。

web制作はコーディング(プログラミング)やwebデザインをすることで稼ぐことができるもので、ブログ・アフィリエイトは記事の広告を貼って稼ぐものです。

web制作はフリーランスで稼ぐのに最も効率が良く、ブログ・アフィリエイトは最もリスクが低くスキルなしで始められる上にスケールが効くものなのでこの2つを選びました。

このようにすることで独立初月から現在まで継続して会社員収入を得ています。

具体的な稼ぐ方は以下の記事をどうぞ

 

コンサル辞めたい私がやって無駄だったこと3つ

  • 無意味な勉強する
  • 同僚・友人に相談する
  • 怪しい転職会社の人と話す

無意味な勉強する

無意味な勉強をしてもコンサルを辞めたいという希望に応えることができません。

例えば、MBA留学の勉強をしたり、流行りのビジネスの本を読んだり、ということなのですが、これは直接コンサルを辞めて自分の満足のいく進路を選択することに繋がりません。

実際私はMBA留学も選択肢の一つに入れて考えていたのでGMATとかを勉強していたのですが、結局MBAにはいかないことにしたので意味なかったです。

流行りのビジネス本を読むのもいいことで、実際会社員時代に読み漁っていたのですが、直接的に将来の進路に繋がりません。

 

同僚・友人に相談する

同僚や友人に相談するのは最も不毛なことだと思います。

もちろん同僚や友人が転職体験者とか自分の目指す進路の先をいってる先駆者なら良いのですが、そうゆうことは少ないです。

同僚や友人に相談しても、ほとんどの場合「すごいね〜」で終わるか、「本当にできるの?」みたいなことを言われる可能性もあり、モチベーションをそがれるだけなことが多いです。

 

怪しい転職会社の人と話す

転職会社はよく見極めることをオススメします。転職会社自体は、固定費もいらないし誰でもできるので、変な人がやっていることも多いです。

私が一回あった転職エージェントに人は自称元コンサルと言っていましたが、最後までどのコンサル会社出身か明かさず経歴を盛っている可能性がある、さらに行きたくもない会社を紹介してくるという最悪な人でした。希望条件を出した転職先を紹介されるなら会うと言ったのに、あった瞬間にそのような仕事はないと言い、他の仕事を紹介してくる、という最悪な人でした。

こうゆう転職会社は、特に名も無い個人でやっているような小さな会社に多いです。ただ、小さな会社でもきちんとやっている人もいるのですが。

とりあえず評判が良く有名で実績のある転職会社にしか相談しなければOKです。こうすれば、このようなリスクを防ぐことができます。

オススメはDODAワークポートですが、詳細は後述します。

 

コンサル辞めたい私がやってよかったこと3つ

  • 自分の市場価値を知る
  • コンサル辞めた後の選択肢を知る
  • コンサル辞めた後に必要なスキルをつける

 

自分の市場価値を知る

まずは自分の市場価値を知るのがオススメです。自分の市場価値を知れば今自分が何をすべきか、今後どんな選択肢が考えられるかがわかるからです。

自分の市場価値を知ることでできること

  • コンサル退職後どんな選択肢が考えられるか知る
  • 今自分に足りないスキルは何か知る
  • コンサルを辞める前にどうやってそのスキルをつけるか知る
  • 自分の市場価値を上げるスキルアップを退職前に仕事を利用してできないか知る

 

自分の市場価値を知るのにオススメの方法はエージェントへの相談

エージェントへの相談で自分の市場価値を知るのがオススメです。

まずは有名で評判の良い転職エージェントに登録してみましょう。なるべく多く登録した方が案件の選択肢が広がるし、色々な視点からアドバイスがもらえるので良いのですが、忙しい方は、まずDODAワークポートへ登録してみると、電話相談できるのでオススメです。無料登録しておくと、電話相談、案件紹介を受けることができます。

DODA

DODAは私も使ったことがありますが、かなり丁寧で、自分の希望に合致する案件があるのか正直に言ってくれる、条件に合った転職先も紹介してくれるので助かりました。とりあえずまず1つ登録してみるならこれです。

  • 80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人
  • キャリアコンサルタントの実績、丁寧な対応で様々な相談ができる
  • 転職のプロが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート
  • ESの書き方や面接対策などもフォローしてくれます

 

 

ワークポート

  • 強みであるIT/インターネット業界だけでも約2000社との取引実績有り
  • 常時15,000件の求人を保有!非公開求人も豊富
  • 各業界の転職のプロによる専門性の高いサポート

 

 

コンサル辞めた後の選択肢を知る

次にコンサル辞めた後の選択肢を知りましょう。

違う系統のコンサル(マーケティングコンサルなど)になる、事業会社に行く、フリーランスになる、起業するなど色々な選択肢があります。

自分の周りのコンサルが退職後どんな進路を選んだかは以下を参考にしてください。

コンサル退職後の転職先を元IBMが話す。競合コンサル、事業会社、起業の順に多いです

 

コンサル辞めた後に必要なスキルをつける

あとはコンサル辞めた後の選択肢から自分に最適な選択を選び、必要な自分のスキルを知りましょう。

退職して独立する前にして無駄だったこと、してよかったこと

 

コンサル辞めたい私がやってよかったこと・無駄だったことまとめ

コンサル辞めたい人向けにやってよかったこと、無駄だったことを紹介しました。人に流されず冷静に退職から次の進路を決めていきましょう。

  • コンサル辞めたい私がやって無駄だったこと3つ
    • 無意味な勉強する
    • 同僚・友人に相談する
    • 怪しい転職会社の人と話す
  • コンサル辞めたい私がやってよかったこと3つ
    • 自分の市場価値を知る
    • コンサル辞めた後の選択肢を知る
    • コンサル辞めた後に必要なスキルをつける