フリーランスが営業なしで受注する方法5つ

チベット旅行ブログ。中国からのおすすめルートと注意点!ツアー旅行でないと実質違法!

ラサの旅行会社の個人ツアーで女子2人で5日行ったので、チベット旅行のブログを書きます。

チベット旅行はツアー旅行でないと実質違法な理由。良いとこどりは個人ツアー旅行

チベット旅行でポタラ宮殿に入るときはツアーガイドがいないと違法

チベット内の寺はツアーガイド同行でないと違法になるそうです。チベットのツアーガイドに聞きました(2018/12時点)。

ポタラ宮殿も寺みたいなものなので、確かツアーガイドが必要でした。チベットといったら目玉がポタラ宮殿なので、ツアーガイドが必須ということになります。

なので、完全な個人旅行は実質不可能ということになります。

チベット旅行の良いとこどりは個人ツアー旅行

チベットに行くには個人旅行かツアー旅行かという2択に考えがちですが、個人旅行とツアー旅行の良いとこどりをする個人ツアー旅行が良いと思います。

これは、個人でツアーを組んでもらうというものです。私は自分と友達以外の他の顧客がいないツアーを予約しました。

そうすると、自分たちで、どこを観光するかなどを完全カスタマイズができます。

チベット旅行のベストシーズンは冬

現地のツアーガイドによると、チベットのベストシーズンは冬だそうです。

夏になると雨が降るためポタラ宮殿のペンキが一部落ちてしまうそうなのですが、冬はあまり雨が降らないので綺麗なままだそうです。

また、冬の行くと寒そうだと思われますが、18:00-19:00までに部屋の中に戻れば大丈夫です。

日中は日差しが強いため暖かく、また、部屋の中も暖房がきちんと効いているため暖かかったです。

チベット旅行の服装は日本の東京の真冬の服装でOK

チベット旅行の服装ですが、冬に旅行するときは特別な厚着は必要ありません。

厚着していくと、逆に暑くなってしまうのでオススメしません。

東京の真冬の服装という感じでokです。例えば以下のような服装です。

  • ヒートテック
  • 厚手のニット
  • ダウン
  • 長ズボン
  • 貼るカイロ

ホテルが選択もできるところであれば、洗濯して屋上で干せば乾燥しているので、1日ですぐに乾きます。

中国からチベット旅行するときのオススメプラン

チベット旅行のルートは西寧→ラサ→成都がオススメ

日本からラサに行くためには、まず中国に到着する必要があります。

中国の入るのルートは西寧がオススメ

中国から入るのはまず西寧がオススメです。理由は、西寧だとラサに向かう青蔵鉄道に乗る時間が少なくて済むからです。

青蔵鉄道はラサに行くための高山病対策として必須の交通手段です。

西寧には、中国の少数民族もおり、少数民族系の寺?もあるので街中を歩くのも楽しくてオススメです。

街中にwatsonという薬局やスーパーもあるので、青蔵鉄道に乗る前に色々調達するのもオススメです。

ラサから出たら成都がオススメ

ラサから出たら成都に飛行機で行くのがオススメです。直行便でいけます。

成都は、三国志の劉備の陣地の舞台にもなったところで、劇やお茶が有名で楽しむことができます。

劇は、お茶を飲みながら、安価で気軽に入れます。詳細には覚えていませんが800円以内で入れます。

ただ、ぶっちゃけ大気汚染がひどいのでマスクは必須です。

あとは、スマホの中古品が道端で大量に売っていたり、焼き芋が売っていて面白いです。食べ物も美味しいです。

 

チベット旅行の注意点

wifi通信を持っていく

チベット旅行で必須のwifiルーター

私が宿泊したチベットのホテルではネットは使えましたが、スピードが遅く、また、現地のカフェもwifiスピードが遅いので、wifiルーターを持っていくことをおすすめします。

これでスマホやPC、タブレットにwifiをつなぐことができます。

 

wifiルーターの選び方

wifiルーターを選ぶポイント

  • ラサでも繋がるか否か
  • 1日あたりの価格が安く、使用できる容量が多い

私の友達は香港で買ったSIMをさしていったのですが、中国内では繋がるもののラサでは「対応範囲外」ということで繋がらなかったです。

SIMを買うときは「中国国内に対応」と書いてあっても、ラサで繋がらないことがあるので注意です。

 

wifiルーターのオススメは、「グローバルWiFi

  • グローバルwifiは中国国内だけでなく、ラサでもwifi通信を行うことができる
  • 大手有名wifiルーターメーカー
  • 借りる方法も簡単で、ネット予約をして、出発当日日本の空港のカウンターで借りて、帰国日に日本の空港のカウンターで返却という流れ
  • 受取・返却場所は国内16空港2営業所など 受取可能な場所が豊富で便利
  • 空港で受取れない方には宅配での受取り返却サービスがある

 

gmailやLINEが使えない

中国では、gmail、youtube、google、LINE、facebookが使えないので、ラサでも使えないということも気をつけてください。

生存報告ができず、家族に心配されてしまう、などということがないようにしましょう。

 

写真撮影に気をつける

ラサの寺内の一部では写真撮影が禁止されています。禁止されているのに写真を撮影するのは絶対やめましょう。

外国人で、耳元に設置して動画を撮れるカメラを仕込んで寺内を回っている人がいましたが、他国の規則を破るのはダメです。

あとは、警察関連の建物や警察を写真撮影するのもダメだそうです。

 

寺の中はツアーガイドと回る

先ほども言ったように、寺の中ではツアーガイドと一緒に回らないと、違法になるらしいです(2018/12時点)。

あと、寺に入るときもツアーガイドは?みたいなことを質問されます。

ただそれでもツアーガイドなしで個人できている人がいるらしく、その人達用?に、一時的にツアーガイドをやるよ、みたいな商売もあるっぽいです。ただ合法かどうかは知りません。

私は友達と寺の前にいた時に「ツアーガイドやるけど、どうする?」みたいに誘われました。

 

チベット旅行ブログで見どころを紹介

チベット風建物

チベット風の建物が可愛いです。散歩しているだけでも、すごいチベット感を感じされます。

ラサの中心部はチベット風ですが、空港近くなど少し離れたところは中国の建物です。

 

動物

個人的にチベットの見所を紹介すると、まず動物が可愛いです。野生?の小型〜中型犬のたくさんいるのですが、いつも横向きに倒れながら寝ていて可愛いです。

ヤムドク湖にいく途中には、羊の群をみることも出来ます。

 

ヤムドク湖

他にはヤムドク湖です。ヤムドク湖は標高4000mあり、富士山より1000m高いので必ず高山病対策をしていきましょう。

ラサから数時間でいくことができ、めっちゃ綺麗です。

ただヤムドク湖に行ってやることが写真撮影くらいしかないので、ツアーで行くと30分くらいで帰宅することになると思います。

実際の動画は以下をご覧ください。

 

青蔵鉄道のチベット鉄道旅行記【行き方・予約・高山病】

チベット旅行の費用・行き方・危険性!ポタラ宮の個人旅行は違法なのでツアー必須