web制作で稼ぐなら営業が命。受注率を上げるポイント5つ

web制作で稼ぐなら営業が命です。受注率を上げるポイント5つを紹介します。

 

web制作で稼ぐなら営業が命です。スキルは収入に比例しません。

web制作で稼ぐスキル自体は誰でも2-3ヶ月でつけられる

web制作自体のスキルは2-3ヶ月あれば最低限つけることができます。

年収とかパソコンが得意とか理系とかは関係ないです。正しい方法で、時間をきちんと割いて勉強すれば2-3ヶ月で身につきます。

ちなみに、web制作で効率的に稼ぐスキルをつけるなら以下の記事がおすすめです。

ニャンニャン

フリーランスで最短で稼ぐにはHTML,CSS,wordpressコーディング

 

スキルがあってもweb制作で稼ぐ営業がうまくいかない人が多い

ただ、スキルがあってもweb制作の営業がうまくいかず、なかなか収入が上がらない人は多いです。

同じweb制作で稼げるスキルをもっている人でも、web制作の営業がうまく言っている人は初月に20万円以上稼げますが、うまくいかない人は5万円ほどのことが多いです。

というかむしろ、web制作のスキルは高いのに営業がうまくいかず初月収入が5万円ほどの人、web制作のスキルはそんなに高くないけど初月収入が20万円超えの人も見たことがあります。

なので今回はweb制作で稼ぐ営業で受注率を上げるポイントを書きました。

 

web制作で稼ぐなら営業が命。受注率を上げるポイント5つ

営業をするときのポイントは以下を提示できるようになることです。

  • 制作費用の相場
  • 複数の料金プラン
  • アウトプットイメージ
  • 料金に何が含まれているか
  • プロフィールや実績

それぞれについて具体的に見ていきましょう。

制作費用の相場

制作費用の相場と、自分の提案金額を比較してクライアントにお得ですよ、というアピールをしましょう。値下げをするというよりは、付加価値を足して、総合的に見たコスパの良さをPRすると良いです。

複数の料金プラン

選択肢が複数あると比較ができるので、選びやすいと言われています。例えば、料金プランが3つある場合、最も安いものか中間のものが選ばれやすいというデータがあります。

各料金プランごとに具体的に何が違うのか記載して、クライアントが比較した上で選びやすくしましょう。

アウトプットイメージ

受注段階で最終的なアウトプットイメージを、参考サイトを提示するなどして提示しましょう。相手がイメージを具体的に認識できるよう、相手が作りたいホームページの形態(コーポレートサイトなど)、ターゲット(女性用化粧品)、イメージ(かっこいい、ナチュラル、など)で提示してみましょう。

料金に何が含まれているか

自分が受注を受けるとき、どこまでを担当するのか範囲を明確化し、クライアントと合意を得ましょう。曖昧な契約をして後で揉めると、リピート率も下がりますし、合意を得るのが難しいです。

特に見落としやすいポイント3つ

以下は実際自分の周りのフリーランスたちも、最初に決め忘れていたためにトラブルになっていたものです。

・テキストはどちらが考えるのか
・納品形式(環境)
・デザインは何案までか

 

プロフィールや実績・スキル

自分が何者なのかというプロフィールと、実績・スキルを提示しましょう。それだけで相手からの信用度合いが異なります。

プロフィール

  • 名前
  • 年齢、性別
  • 居住地
  • 職歴

実績・スキル

  • ポートフォリオ(模写制作含む)
  • スキル(HTML/CSS/photoshop何年経験があるかなど)
  • 知見(法学部出身なので法律の知見があり、そちらの系統のホームページ制作に知識を使える、など)

 

 

 

営業で消耗したくないなら、営業しない方法を見てみてね

ニャンニャン

フリーランスエンジニアが営業なしで案件受注する方法5つ【9割営業なしの経験談】