フリーランスが会社員収入を継続して得られないパターン7つ

行政書士事務所のホームページを制作する費用は?コスパ良くする方法8つ

行政書士事務所のホームページを制作する費用とコスパ良くする方法8つを制作トラブルの注意点も解説します。

行政書士事務所ホームページ制作費用の相場は何で決まる?

事務所ホームページ制作費用の相場はさまざな要素によって決まるので、一概にいくらと特定することができません。例として以下が相場を決める要因となります。これらを踏まえて以下で「コスパが良く質の高いホームページ制作をするためのコツ」を具体的に説明していきます。

  1. フリーランス or 制作会社 or 営業代行 or クラウドソーシング
  2. フリーランスの場合はスキルレベルや仕事の有無など
  3. サイトページ数・コンテンツ数
  4. 元々ウェブサイトがあり、そのホームページアドレスを使うか
  5. SEO対策を行うか
  6. テンプレを使用するか、最初からオリジナルデザインを制作するか
  7. 機能
  8. サイト制作完了後も月額リース契約か

 

行政書士事務所ホームページ制作費用をコスパ良くする方法8つ

1.フリーランスに直接頼む

行政書士事務所向けホームページ制作の外注先として挙げられるパターンは以下ですが、最も質が高くコスパの良いサービスを提供してくれるのはフリーランスです。

・フリーランスに直接頼む

・制作会社に頼む

・フリーランスのお抱え営業マンに頼む

・クラウドソーシング経由で頼む

費用が安価なのは2つ

・フリーランスに直接頼む:制作会社のように事務所費用の固定費がかかっておらず、営業費用も上乗せされていないため最も安く済みます

・クラウドソーシング経由で:クラウドソーシングはフリーランスとして仕事を直接受注できない新米フリーランスや、営業が得意でないフリーランスが使用していることが多いです。サイト制作を2万円程度で行ってくれることもありかなり安いですが、質が微妙だったり、よくトラブルが起こることもあるようです。

質が高いのは2つ

・フリーランスに直接頼む:クラウドソーシングなどを使わず直接仕事を受注できるフリーランスはスキルが高いことが多いです。(営業が相当うまい場合もあります)

・制作会社に頼む:制作会社によりますが、質の高いホームページを制作してくれる可能性が高いです。ただし、行政書士事務所ホームページ制作を5万円で行うなど安い単価で行う制作会社は、デザインがダサく、ホームページの集客に必須のSEO対策(検索順位上位表示対策)がされていなかったり、リース契約で最初だけ安くて、その後は月額で1万円の支払い(2年間)など、結局高くつく場合があります。

 

2.フリーランスの場合はスキルレベルや仕事の有無など

フリーランスに頼む場合は、フリーランス個人のスキルレベルや、緊急で仕事が欲しいか否か、忙しさなどで単価が変わる可能性があります。

 

3.ページ数・コンテンツ数

ホームページのページ数やコンテンツ数で開発やデザインにかかる時間が変わるので行政書士事務所ホームページ制作費用が変わります。

 

4.元々ウェブサイトがあり、そのホームページアドレスを使うか

元々行政書士事務所のホームページがある場合は、そちらのホームページアドレスとサーバーを使うよう頼む、ドメイン・サーバー代を節約することができます。

 

5.SEO対策を行うか

検索順位を上位表示にするSEO対策を行うか否かでホームページ制作費用が異なります。

 

6.テンプレを使用するか、最初からオリジナルデザインを制作するか

あらかじめ用意しているテンプレートを利用して制作する場合、安く住む可能性が高いです。

 

7.機能

スマホ対応やSNS連携など様々な機能を追加することで費用が追加されます。

 

8.サイト制作完了後も月額リース契約か

サイト制作完了後も保守などの名目で契約すると費用が高くなります。ホームページ制作費5万円などと格安を唄っている制作会社で多く、後ほどトラブルになるケースもあります。

 

行政書士事務所ホームページ制作を最もコスパ良くするなら?

「地雷なホームページ制作会社に依頼」しない方法として以下をご覧ください。

行政書士のホームページ作成で頼んではいけない制作会社