学ぶプログラミング言語を間違えると悲惨な話

[無料20分]WordPressをマルチサイト化する方法

無料30分でWordPressをマルチサイト化する方法をご紹介します。FTPツールを使わないのでmacでもWindowsでもOKな初心者向けの方法です。(FTPツールが色々なサイトで勧められているので使ってみようと思ったのですが、やり方がわからず断念しました。)

WordPressをマルチサイト化する方法の前提

  • エックスサーバーを使っている人向け(他のサーバーでもあまり方法は変わらないと思います)
  • すでにWordPressアカウントを持っている

wordpressのマルチサイト化のメリット・デメリット

wordpressをマルチサイト化するメリット・デメリット

  • 1つのサーバー、ドメイン、WordPressアカウントで複数のWordPressサイトを運用できる。
  • 私の場合、年間15000円ほどで複数のサイトを運営できます。
  • 関連キーワードのサイトを複数運営する場合は、コンテンツが増えるのでSEO対策としても有効です。
  • ただし、1つのアカウントでのバグやGoogleAdsense停止が他のサイトにも影響します

wordpressをマルチサイト化しないメリット・デメリット

  • 複数のドメイン代金がかかる場合がある
  • サイトが各々独立している為、他のサイトに悪影響を与えません。

wordpressで無料20分でマルチサイト化する方法

やることは以下3つです。

  1. プラグインの無効化(30秒)
  2. エックスサーバーのファイルマネージャーでファイル書き換え(17分)
  3. 新規サイト設定(2分)

wordpressのマルチサイト化方法1.プラグインの無効化

1.WordPressにログインし、プラグインを全て無効化

これをしないと次のステップに進めません。全てのプラグインについて停止ボタンを押して下さい。

マルチサイト

wordpressのマルチサイト化方法2.エックスサーバーのファイルマネージャーでファイル書き換え

1.エックスサーバーのファイルマネージャーにログイン

マルチサイト

2.ファイル名の自分のドメイン名(私の場合はguuten.net)>public htmlから、wp-config.phpとhtaccessをダウンロード

マルチサイト

3.wp-config.phpに記述を追加しアップロード

wp-config.phpファイルに以下の記述を追加して下さい。

アップロード手順です。

  • ファイル名の左にチェックをつけ、
  • 右のファイルのアップロードの「ファイルを選択」をクリック
  • その下にある「アップロード」をクリック

マルチサイト

 

4.WordPressの管理画面のツール→ネットワークの設置でファイル書き換え

先ほどと同じように、wp-config.phpとhtaccessの内容を、ネットワークの設置画面で書かれており通りに書き換え、サーバーにアップロード

マルチサイト

htaccessの場合「ルールを置き換えて下さい」なので、元のファイルのRewriteEngine On~index.php  [L]の部分を上記と置き換えましょう。

wordpressのマルチサイト化方法3.新規サイト設定

1.「サイトネットワーク管理」で言語設定

「サイトネットワーク管理(上の3つの家マーク)」をクリックし、「設定」→「ネットワーク設定」を選択します。

ネットワーク設定画面の「言語設定」で「日本語」を選択し、「変更を保存」

2.「サイトネットワーク管理」でサイトを新規追加

「サイトネットワーク管理(上の3つの家マーク)」をクリックし、「サイト」→「新規追加」で新しいサイトを追加しましょう。

3.プラグインを有効化する

無効化したプラグインを有効化しましょう。

終わりです!以下のように2つのサイトを作ることができました。

マルチサイト