フリーランスが会社員収入を継続して得られないパターン7つ

Web制作初心者のためのLPコーディング方法

 

わたしはisaraというプログラミングスクールの3期に参加してプログラミング始めて約2ヶ月でウェブ制作案件8案件をGETしているのですが、初心者が具体的にどのようにウェブ制作をしていくのかを解説します。

Web制作初心者が最短で稼ぐのに適した案件は「LP(ランディングページ)制作」です。LP制作はデザインから行うかコーディングのみ行うかで少し方法が変わるのですが、今回は後者のみ説明します。

1.なぜLP(ランディングページ)制作が最速で稼げるのか

LP(ランディングページ)とは?

一言で言うと自社の商品・サービスのチラシです。リスティング広告(Google検索した時上部に出てくるもの)やバナー広告のリンクがLPになっている可能性が高いです。これをクリックしたユーザーが見ることになるので、ターゲットに最適化しやすいです。ターゲットにアプローチするためにSEO対策をしてウェブ集客するよりも、手間をかけずにアプローチできます。また、企業のHPとは違い、一枚のページに情報を集約しユーザーのページ離脱を少なくできます。よくわからなければ、ググればLP(ランディングページ)が何かわかります。

 

 

LP(ランディングページ)制作が最速で稼げる理由

  • 案件が多い
  • 簡単に作れる(フロント部分のみでOK)
  • 必要なプログラミング言語はHTML, CSS,jQueryだけ

1.案件が多い

クラウドワークスなどクラウドソーシングサイトで見るとわかるように、LP(ランディングページ)は案件数が多いです。

単価はクラウドソーシングサイトで受注すると最安値でトップ1ページ1万円くらいですが、直営業で受注すると、5万円以上で受注できることが多いです。

2.簡単に作れる(フロント部分のみでOK)

他のサイト制作だとバックエンドのプログラミング言語も学ぶ必要がありますが、フロントよりバックエンドの方が一般的に難しいと言われています。

3.必要なプログラミング言語はHTML, CSS,jQueryだけ

他のサイト制作だとバックエンドのプログラミング言語も学ぶ必要が出てくるため、その分時間がかかります。

LP制作は案件が多くて簡単ですが、その分難易度は低いです。

 

 

2.LPコーディングの方法

デザインはすでに出来上がっているものをコーディングするLP(ランディングページ)制作の方法を解説します。

1.クライアントから完成画像やphotoshopデータをもらう
2.photoshopデータを書き出し
3.コーディングする

1.クライアントから完成画像やphotoshopデータをもらう

まずクライアントからLPの完成画像やphotoshopデータをもらいます。

 

2.photoshopデータを書き出し

コーディングだけで実装できないものはphotoshopデータの画像を書き出して使うので、書き出しを行います。

(書き出しとは、photoshopデータから一部の画像を抜き出してjpgやpngで保存する方法です)

書き出しをした方が手間が省けるので楽ですが、なるべく書き出しをしないでコーディングで実装をしましょう。

その方が「画像数が少なくなるので」サイト速度が上がります。

あと書き出しをしすぎると、クライアントに差し戻しされる可能性が高くなります。

書き出しすべきか否か(画像で実装すべきか否か)を判断できなければ、クライアントに聞きましょう。

 

3.LPコーディングする

コーディングで実装できるものはコーディングします。

コーディングするときのポイントは「Chromeの検証機能を必ず使うこと」です。これで、コーディングしたものが反映されているのかを確認できます。


具体的な検証方法が知りたければ、こちらから。自分の場合、納品はほとんどの場合が、zip形式でした。

 

 

LPのデザインからコーディングまで行う方法はこちらの記事をどうぞ

Web制作初心者のためのLP制作方法(デザイン編)

 

3.illustratorやphotoshopを最も安く買うには?

わたしはネットで最も安く手に入れる方法をかなり調べましたが、アマゾンのセールで買ったり、illustratorとphotoshopのみを買うよりも、Adobe Creative Cloudというアドビツール全てが入ったパックを「ヒューマンアカデミー講座『たのまな』」から買うのが、年間29800円で最も安かったです。

Adobeのホームページから買うよりCreative Cloudだと3万円/年、イラレ、フォトショのみだと6000円/年安いです。通1ヶ月のイラレ・フォトショの講座付きで、Adobe XD(ウェブデザインツール)など他のアドビソフトも一緒に付いてきます。Web制作初心者のためのLP制作方法(通常価格ではなく29800円で購入ができます)