フリーランスが営業なしで受注する方法5つ

個人事業主1年目の反省!まじで飽きたけど次はどうする?

個人事業主1年目をもうすぐ終えます。

理想っぽい生活を実現しても現状はこんな感じだよ、ということを伝えます。

自由な生活に飽きたので、現状考えていることを書きます。

(ちなみに私は新卒3年目で退職した、web系のフリーランスです。)

 

個人事業主で1年目の現状

個人事業主1年目の収入

個人事業主1年目は、初月から安定してそれなりの収入を得ることができました。

支出は税金など諸々合わせて月に15万円以内に収まるようにしたので、毎月余裕で貯金が貯まりました。

 

個人事業主1年目の生活


海外が好きなのとリモートワークできる仕事なので、東南アジアや東欧など物価の安い海外で、旅行しながら作業をしていました。

退職してすぐの無職期間は1泊1000円くらいのドミトリーに泊まっていたんですが、独立3ヶ月目からは安全のためにずっとホテル暮らし(たまにエアビ)です。

1ヶ月に1回くらいのペースで都市を移動して、息抜きに観光もしつつ作業していました。

 

個人事業主1年目のストレス

個人事業主を始めて1年経った今が人生で1番ラクです。

労働時間が1番少なくストレスフリーです。

駆け出しの頃が1番大変で、1年経った今と比較すると、天と地の差くらいです。

1番ストレスが溜まったのは、独立初期で業界の常識を知らない状態での、トラブルが不安だった時と、1ヶ月に10件web制作の仕事を入れてパンクしそうだった時です。

 

個人事業主1年目、飽きた

ここまで紹介したように、個人事業主1年目は、ストレスフリーで安定収入もある自由な生活を手に入れたけど、飽きてしまいました。

理由を紹介します。

やりたいことは大体やったから

理由の一つが、「やりたいこと」は大体やったからです。

私がやりたかったことは、海外に暮らしながらノマドワークをする、副業を8つやるなど色々な稼ぎ方をしてみる、稼いだお金を趣味の美容化粧品に投下する、働かず怠けてみる、などです。

全体的に意識低いですが(笑)。

 

個人事業主は簡単だから

そもそも個人事業主1年目が生き残ることは、会社員と比較して簡単だと思うからです。

こんなことを言うと「イキってんな」と思われるかもしれませんが、自分の能力自慢とかではない率直な感想を書きます。

個人事業主には誰でもなれる

まず個人事業主になることは、資格も必要がなくニートでも個人事業主届けを出すだけで実質なれると思うのでハードルが低いです。

さらに、大して稼げなくとも、実家に住んで固定費を最大限下げて、貯金が1年分くらいあれば生き残れます。

仕事は選ばなければある

仕事も選ばなければ結構あります。

特にクライアントワークの場合は、営業手段が多数あります

さらに、ライティングやweb制作系の仕事の場合は、特に無料でスキルのつけかたや営業方法を発信してる人やコミュニティが結構います。

苦手な仕事はやめればOK

個人事業主で稼ぐ手段は多数あるので、苦手な仕事はやめればOKです。

他の仕事に乗り換えるのも、スキルをつける方法を発信してる人が多数います。

さらに最低限のスキルがあれば、稼げるか否かが営業勝負な仕事もあるため、泥臭くやればなんとかなったりします

個人事業主が1番楽

「個人事業主」でいるためには、会社員のようにずっと働いていなくちゃならないわけでもないし、法人のように税金が高いわけでもないので、実は1番楽だと思います(駆け出しの頃はかなり大変ですが)。

と言っても、一家の大黒柱で家族を養うために「多くのお金が安定して必要」とかだったら話は別なのですが。

 

個人事業主1年目の後は、就職?起業?

個人事業主には飽きたというと、よく聞かれるのが、就職や起業しないの?、という質問なのですが、両方ともするつもりはないです。

就職しない理由

会社員に向いてないし、持病のアレルギーが酷くなるかもしれないからです。

それに個人事業主の自由さに慣れすぎて、就職してやっていけるのか、不安です。

さらに生活を正すのが苦手で、個人事業主になってから割と長い間、昼夜逆転生活です。

昼の12時に起きれば早く起きれた!という感じです(汗)

 

起業しない理由

起業をする理由として挙げられるのは、節税対策、サービス・事業作りの信用力、資金調達のためという認識なのですが、今の自分には必要ないと思っています。

会社を作ると、税金が高くなり、税務区分的に「自分の稼いだ分」=「自分の給料」でなくなってしまうこと、

さらに安定して大金を稼げる自信がないので、節税対策も必要ないと思います。

また、サービス・事業作り自体は個人事業主でもできるので、それが上手くいったら考えるのが良さそうです。

 

個人事業主1年目を終えて、2年目は何する?

自分でもわからない

正直、わかりません!

実は、半年後に何しているか、何を考えているかが想像つきません

実際半年前に今の自分の状況を全く想像できていなかったです。

今は結構時間があって、自由なので「やろうと思えば色々なことができる状態」です。

なので、限定せずに、やりたいことをやってみます

ただ、あまり考えずに色々なことをして収入が減ったり、無駄に失敗するのは嫌なので、「稼げること」「自動で運用できること」「好きなこと」を満たすことをやります。

駆け出しの頃は、まずは稼ぐスキルを確実に上げるために1つのことに集中するのが良かったと思いますが、ある程度安定して稼げるようになった今は、自由に考えようと思います。

 

海外ノマドはやめるつもり

海外ノマドは、やめるつもりです。

やってみたかった海外ノマドをやってみて、満足しました(笑)

あと海外は硬水の地域が多くて、肌が乾燥して老けやすかったり、髪がゴワゴワになりやすいのが嫌です。

さらに海外ノマドは安いっていっても航空券代金でお金がかかるし、移動に時間や労力を取られて割とダメージが大きいです。

と言いつつ、結局海外に住んでいるかもしれないので、1年後の自分のことが本当にわかりませんw

 

個人事業主で1年目ダメだったこと

最後に、1年目ダメだったこと反省をします。

無駄な行動をしすぎた

1番の反省は必要のない勉強をしてしまったことで、

例えば仕事で使わないであろうツールや技術の習得に時間をかけたことです。

独学だとそうなりがちで、ネット上にも、「何が無駄か」という情報はあまりないので、

もっと人に頼って「これは実務で必要ですか?」って聞いてみても良かったなと思います。

といっても、聞ける人を探したり、繋がりを作るのも大変なので、MENTAとか使ってみても良かったと思います。

 

中途半端で思考停止状態

独立して半年くらいまでは、思考停止状態になってしまっていました。

「とりあえず毎月自分にきた仕事を裁く」のでOKという感じです。

もうちょっと考えて、仕事すべきでした。

 

個人事業主で1年目の反省まとめ

個人事業主1年目を終えて、「こんなことを思ってる人もいるんだ!」と、一例として参考になればと思います。

私は会社員として働くのが(アレルギー的に)結構大変だったので、個人事業主はそれと比較すると簡単だったと思いますが、

向き不向きもあるので鵜呑みにせず、自分で考えるのが1番良いと思います。