カスタム投稿の一覧出力方法【wordpress】

カスタム投稿の一覧出力方法を紹介します。

シンプルに3ステップで紹介します。

カスタム投稿を使うメリット

カスタム投稿は「投稿」以外の種類の「投稿」を作れます。例えばwordpressをインストールすると付属している投稿をブログの投稿として使い、カスタム投稿で「商品」「店舗」などの投稿を行うことができます。

カスタム投稿の使用場面例

ニュース、事例、特徴、店舗情報など、後で変更したり追加する可能性がある内容

 

カスタム投稿をページの一部にのみ表示して管理画面からいつでも編集可能にする方法3ステップ

1.カスタム投稿プラグインをインストール.

Custom Post Type UIプラグインをインストール&有効化する

2.カスタム投稿を管理画面で追加

1.まず管理画面左に現れた、「CPT UI」という部分にマウスを当てる

2.一番上の「投稿タイプの追加と編集」をクリック

3.新規投稿タイプを追加して、以下のように名前を入力

すると、管理画面左に、「投稿」と同じように、ピン留めマークの先ほど打ち込んだ「投稿タイプ名」が表示されます。上の画像でresultと書いてあるものです。

4.このresultと書いてある部分を押して、記事の投稿と同じように投稿を追加します。

 

3.カスタム投稿出力コードを対象のファイルに記述

次にカスタム投稿出力コードを対象のファイルに記述します。

front-page.phpをトップページにしているとして、ここにカスタム投稿を表示したければ、表示したい部分に以下を記述します。

記述したら、phpコードをhtmlで囲ってcssで装飾していきましょう。

これで完成です。

これで納品後もクライアントが内容を編集することができます。