営業なしで受注する方法

1年の収入公開。底辺YouTuber「顔出しなし」でいくら稼いだ?登録者4000人

顔を出さずに底辺YouTuberをやってもうすぐ1年で登録者数が4000人になりました。

ここまでで、いくら稼いだのか登録者数別の収入を公開します。

私は「web制作初心者向け」の動画を作成しており、スタイルは、顔を出さない・スライドと音声のみ・編集一切なしです。

例として、こんな動画です↓

 

底辺YouTuberの収入:登録者1000人

収入は0円/月

再生が4000時間いってなかったため収益化できず、0円/月でした。

YouTubeの収益化の条件は、チャンネル登録者数1000人、再生時間が4000時間です。

登録者数1000人は、約3ヶ月で達成しました。

動画は一つもバズりませんでしたが、Twitterのフォロワーが当時約5000人いたので、そこから登録してくれた人が多かったからだと思います。

登録者数1000人時代の運営

私の動画は、スライドのみ、編集一切なしで、話し続けて終わるだけのスタイルです。

1ヶ月目は45本、2~3ヶ月目は数本のみ投稿していました。

飽きっぽいので、まず続けられるスタイルにしよう、とりあえず動画を出しまくろうというスタンスでした。

後々、これにめちゃくちゃ後悔することになりました

編集は一切無しだったので、一発で撮る必要があり、何度も撮り直していたので、スライド作成から動画投稿まで1〜2時間かかっていました。

当時投稿していた動画はこれです↓

 

底辺YouTuberの収入:登録者2000人

収入は8000円/月

収入は約8000円/月でした。

7ヶ月目で再生時間が収益化できる、4000時間に到達しました。

ここまでの合計動画投稿数は65本でした。

登録者数2000人時代の運営

引き続き、編集は一切なしでサムネも使い回しで、好きな時に不定期に投稿していました。

最初からコメントでダメ出しは来ていたものの、このくらいの時期に1番辛口コメントが多かった気がします。

編集なしなので、「変な間」や、「みたいな」「感じ」などの口癖、「ブログ記事への誘導が多く、動画内で完結して欲しい」などを指摘され、反省しました。

YouTubeはブログのように、既に出した動画について、後で編集できないので、ブログのように8割のクオリティで後でリライトのようなことは出来ません

なので適当に大量に動画を生産してしまい、後悔しました。

上記指摘以外にも、今のスタイルじゃやっぱり伸びないな〜と真剣に悩み始めたのは、この時期です。

この時期に投稿していた動画は以下。

 

底辺YouTuberの収入:登録者3000人

収入は1.5万円/月

10ヶ月目で登録者3000人になりました。

収入は1.5万円/月に。

登録者2000人時代より一気に収入が2倍になったのは、この時期に出したある動画の再生数が多かったからです。

登録者数3000人時代の運営

この時期には、スライドの動画を出しても再生数どうせ少ないと悩み、顔出しもしない方針だったので、海外の各国でのノマド生活のvlogを大量に出し始めました。

これが大コケして、ほとんどの動画の再生数が100~300回でした。

ちなみに動画を撮っていなかったので、写真をつなぎ合わせてアニメーションをつけて動画にしましたw

動画作るのは楽しかったですが、完全に自己満に終わりました。

 

また、サムネイルを、ただのテキストの使い回しから人物に変えました。

人物とか画像が映ってた方がクリック率上がりそうだったからです(今更)。

サムネイル変更前:

サムネイル変更後:

 

底辺YouTuberの収入:登録者4000人

収入は2.5万円/月

登録者4000人の収入は2.5〜2.8万円/月で、12ヶ月目で達成しました。

ここまでの動画数は106本です。

これも、この時期に出した動画が反応良かったこともあり、収入が増えました。

動画コンテンツを圧倒的に人数が多い、超初心者向けの発信に切り替えたのが良かったかもしれません。

web制作っていう小さなカテゴリで、さらに人数の少ない領域で発信すると、再生回数がさらに少なくなりそうだと思いました。

 

登録者数4000人のYouTube運営

YouTubeでコメントをもらって編集の大事さがわかり、カット編集だけはするようになりました。

ブログへの誘導もほぼゼロにしました。

また、クリック率をさらに上げるために、サムネを派手にし始めました。

これまでみんなサムネが派手だから、自分は地味にした方が逆に目立つと思っていましが、むしろ「この動画はショボそう…」って思われてクリックされないと思いました。

 

底辺YouTuberのチャンネル、収入を増やすためには?

登録者数よりも再生数を増やす

YouTubeの収入はチャンネル登録者数ではなく、「再生数」×「1再生あたりの単価」で決まります

自分の動画は、ジャンル的に子供向けやお笑いではないので、1再生あたりの単価は高めだと思いますが、

再生数が少なすぎると思うので、まずはそこを改善します。

 

発信するジャンルの母数が少ないと終わり

私のYouTubeの「再生数が少なくて稼げない」理由の一つが、Web制作というジャンルの視聴者が少ないことです。

YouTubeの広告収入だけで、稼ぐなら微妙です。

視聴者に、サロンとかLINE@に誘導したり、途中で有料課金にしたり、商品サービスを売るつもりなら割に合うと思いますが、私はやらないため、これからも大きく稼げないと思います。

Web制作系の投稿は続けますが、もっと母数の多いジャンルの開拓もしないと稼げないと思います。

 

動画の量より質

動画のクオリティを大きく左右する要素として「ネタ自体が伸びるか」が挙げられますが、

「伸びる」「伸びない」ネタは出す前から、大体わかるようになったので、割り切って出さないことにします。

動画の量を出せっていうのは、伸びるネタ・伸びないネタが分からない時期の人が、それを判断するのに取る戦法だと思いました。

もう伸びないってわかってる動画を出しても、コスパ悪いです。

 

底辺YouTuberの収入まとめ

YouTubeってTwitterフォロワー5000人(今は1万人)でも、動画本数100本出しても、適当にやってるとマジで伸びないんだなと分かりました( ˙-˙ )

3000字越えたので、雑な反省になりましたが、ここで終えます。YouTubeの本気の反省をまた別の記事で発信する予定です。

(注)「底辺YouTuber」と名乗っていますが、特に悪意はないです。収入は推定収益です。