学ぶプログラミング言語を間違えると悲惨な話

ブログを初めて書く初心者が1分で成果上げるためにできること

よく、ブログはまず雑記ブログから始めて続けることが大事だと言われます。私もそうやって始めたのですが、激しく後悔しています。

色々なことを書きすぎて、最終的にサイトのテーマを統一させるために多くの記事を大幅にリライトしたり消して疲れました(笑)。そのようなことがないよう効率的にwordpressブログを運用しましょう。

wordpressブログ初心者が成果を上げるために1分でできることを紹介します。

ブログを初めて書く初心者が1分で成果上げるためにできること

  1. ブログの目的を絞る
  2. サイトのテーマ/ターゲットを1つに絞る
  3. サイトのキーワードを決める

ブログを初めて書く初心者が1分でできること1.目的を絞る(20秒)

ブログの目的を曖昧に運営している人が多い気がします。最初は目的を1つに絞ると成果が出やすいでしょう。例えばPVが少なくともアフィリエイトで稼いでいる人はおり、PVが多い割に稼げていない人もいます。

主に以下の3つの目的が挙げられます。

  1. アフィリエイトで稼ぐ
  2. PVを上げる
  3. web制作など案件を受注する

1.アフィリエイトで稼ぐ

アフィリエイトについて自分が実感した大事なことは以下です。

  • アフィリエイトで単価の高いカテゴリの案件(金融・転職・美容など)について書く
  • 購入までの導線をUXの観点から考える→例えば、購入につなげるボタンがクリックできるとわかりやすいなど
  • 購入のハードルを下げる→いきなり高い商品を紹介するのではなく、まずはお得な無料体験やキャンペーンを勧める
  • 顧客の不安感をなくす→画像で視覚的な情報や、権威性(全国で1位など)を与える

 

オススメのアフィリエイトサイトは定番の以下5つです。

2.PVを上げる

この時点では有名になる、ブランディングするという目的になるかと思います。それでGoogleAdsenseから収入を得たり、有名になってサロンを開いて稼ぐなどファンビジネスに応用できます。自分が実感した大事なことは以下です。

  • 競合分野のブロガーとは違う情報を発信する→フロントエンジニア界隈は、みんな「初心者がプログラミングのスキルを上げる方法」を書いているので違う視点から書くなど
  • ユーザーにとって価値ある情報を発信する
  • 新しい情報を発信する→ググって簡単に出ないような情報、ターゲットが触れていなさそうな情報を発信する

3.web制作など案件を受注する

ブログ経由で案件を受注して稼ぐ方法です。

  • 自分が稼ぎたい分野のノウハウを発信する→ウェブ制作ならプログラミング、デザインなど
  • 自分が何者か紹介する→プロフィールページを作成
  • 自分のスキルを紹介する→ポートフォリオを紹介する
  • 受注までの導線を整える→受注専用のページを見やすい場所に作り、そのページの最後にお問い合わせボタンを最後におくなど
  • また、クラウドソーシングサイト、フリーランスSNSなどにブログのリンクを貼って、上記で紹介した自分の知識やポートフォリオ、プロフィールをアピールしましょう。

 

ブログを初めて書く初心者が1分でできること2.ターゲット/テーマを1つに絞る(20秒)

外資コンサルになりたい人向けなのか、フリーランスになりたい人向けなのか、など、ブログのターゲットとそれに合わせたテーマを一つに絞りましょう。

失敗パターン

テーマやターゲットを広げすぎて、読者を離れさせてしまう。例えば読者がRSSに登録してくれても、いろいろなテーマの記事が日々更新されると、「自分の興味ないものについて多く発信している」と思われ、フォローを外されてしまいます。

テーマ/ターゲットを1つに絞る方法

自分自信とターゲットを被せましょう。そうすれば自分の経験から語れて、自分の学びにも繋がります。また、フリーランス向けのブログは多く競争率が高いので、例えば「主婦のフリーランス」などターゲットをより限定するのもオススメです。

 

ブログを初めて書く初心者が1分でできること3.サイトのキーワードを決める(20秒)

例えばテーマ/ターゲットをフリーランスにしたら、関連キーワードを決めましょう。Googleで「フリーランス」と検索して以下のように下部に出る部分から決めてみましょう。(今回は1分でツールを使わずできる方法での紹介なのであえてツールを紹介していません)

ブログ

これで完了です。いざ、キーワードの記事を書いていきましょう!