Web制作で速く稼ぐための勉強法

ホワイトショット3年使った効果ブログ!シミ・くすみは数万倍の効果?

ホワイトショット愛用3年以上の私が、効果をブログで紹介します。

ホワイトショットの美白成分であるルシノールは、美白効果の試験であるチロシナーゼ活性阻害効果が、他の有名美白化粧品で主な美白成分として使われているアルブチンの数万倍です。

つまりこれだけを考えると、他の美白化粧品の数万倍の効果があるということになります。

ホワイトショット3年使った効果

ホワイトショットを使う前の肌の状態

肌が白いと言われたことは一度もなかったし、

  • シミ
  • くすみ
  • 色素沈着

が酷かったです。

23歳まで1度も日焼け止めを塗ったことがなかったこと、

アトピーで引っ掻いたりこすった色素沈着があったことが主な原因だと思います。

シミやくすみが酷すぎて、友達と旅行行くときもすっぴんが見られるのが嫌で、CCクリームや塗ったまま眠れるパウダーを塗っているくらいでした。

 

半年で肌白くなったと言われる

使い始めて「半年で肌白くなった」と言われるようになりました

日焼け止めを塗る以外は、生活はその前と同じでした。

むしろ東南アジアなど日差しが強いところに数回旅行して日差しを浴びまくっていました。

 

肌年齢はマイナス6歳へ

さらにホワイトショットを使い始めて1年経った25歳のとき、肌年齢を測ったら21歳でした。

使い始めて3年目の27歳の時に肌年齢を測ったときも21歳のままでした。

26歳になるまでは1年に4回以上東南アジアや夏のヨーロッパに旅行し、

26歳からは東南アジアで海外ノマド生活を送っていたので、かなり日焼けする機会も多かったです。

さらに、当時は海外で日本のきちんとした化粧品が手に入らず、タイや日本の安い化粧品を使っていた時期もあったので、

それを考慮しても肌年齢21歳のままということはホワイトショットはかなり効果あったなと思います。

 

美容液のみ使ってこの効果

ホワイトショットは化粧水、クリーム、美容液、パック、サプリなど6種類の商品がありますが、私は美容液のみ使っています。

美容液だけでもこんなに効果が高かったです。

化粧水やクリームは同じくPOLAから出ている敏感肌用美白で、ホワイトショットよりは安いサエルを使っています。

 

ホワイトショットのシミ消し効果

ホワイトショットの美容液は2種類ありますが、シミを消したいならホワイトショットSXSという部分美容液です。

半年後からシミが薄く

私はホワイトショットSXSは3年以上使い続けています。

私は唇・口周り・目の下のシミが特に気になっていたのですが、段々と薄くなり半年くらいで大きな効果を実感しました。

使用半年くらいから周りからも美白になったねと言われるようになり、3年経った今はかなり薄くなりました。

 

シミができにくくなった

ホワイトショットには、シミ予防の効果である、メラニン生成抑制・メラニン排出促進の機能があります。

なので、実際シミは以前に比べてできにくくなりました。

 

SXSの使用頻度・量

ホワイトショットSXSを使う頻度は、朝晩の洗顔後でした。

消費ペースは3ヶ月に1本(12,000円)なので1ヶ月4000円くらいでした。

 

ホワイトショットのくすみ効果

ホワイトショットでくすみを消すなら、全体美容液であるホワイトショットCXSです。

半年くらいでくすみが薄く

私はホワイトショットCXSは半年くらい使いました。

ホワイトショットは1つ1万円するため、SXSをメインに使って、CXSはお金があるときだけ使っていました。

特にひどかった口周りの黄色いくすみが、半年経った頃にはかなり薄くなったと感じました。

 

くすみができにくくなった

ホワイトショットには、くすみ予防の効果である、メラニン生成抑制、メラニン排出促進の機能があります。

なので、実際くすみも、以前に比べてできにくくなりました。

 

CXSの使用頻度・量

ホワイトショットCXSを使った頻度は、朝晩の洗顔後です。

消費ペースは3ヶ月に1本(15,000円)で、1ヶ月あたり5000円くらいでした。

 

ホワイトショット美白効果の理由

効果はアルブチンの数万倍

ホワイトショットではビタミンC誘導体とルシノールという、厚労省認可の独自の薬用美白成分を使っています。

ルシノールは有名美白成分であるアルブチンの数万倍、コウジ酸の数百倍もの美白効果があります。

しかも、刺激が強くて皮剥けなどの副作用があるハイドロキノンやトレチノインとは違い、安全です。

私はアトピー敏感肌ですが、ホワイトショットで一度も肌荒れしたことはないです。

「ルシノール」は、美白効果の試験であるチロシナーゼ活性阻害効果が化粧品の美白素材として知られているアルブチンの数万倍、コウジ酸の数百倍も高い

引用:ルシノール|製品のはてな? | kuraray

 

既にできたシミに作用する

また、シミ予防だけでなく、すでにできたシミにも作用する、メラニン還元作用があるビタミンC誘導体も配合されています

ホワイトショットは、シミ消し・シミ予防の両方ができるビタミンC誘導体も配合されています。

他の有名美白成分はシミ消しができなかったり、

ハイドロキノン・トレチノインのように効果は強力だけど副作用がとても強いです。

私はハイドロキノン・トレチノイン両方試しましたが、どちらも皮剥け&肌荒れしてそれどころじゃなかったので、すぐに使用中止しました。

 

完全なシミ消しは期待できない?

ホワイトショットではシミを薄くする作用はあるものの、そもそも美白化粧品に「完全にシミを消す」という効果は期待できないそうです。

確実にシミを根絶したいなら医療クリニックでレーザーを受けるしかないそうです。

 

医療レーザーはリスクが大きい

ただ、レーザーは副作用のないホワイトショットと異なりリスクがかなり大きいです。

肝斑に当ててしまったり、レーザーを当てすぎて逆に濃くなる、レーザー後に日焼けするとさらに悪化する、ダウンタイムがあるので休みを取らなくてはいけないなどのリスクがあります。

一旦レーザーを当てても継続的な予防効果がある訳ではないので、またシミが出てくることもあるそうです。

 

ホワイトショットの美白成分詳細

ホワイトショット の美白成分は、医薬部外品有効成分であるルシノール以外にも、m-Aクリアエキス、SCリキッド、m-シューター、クリアノールがあります。

 

ホワイトショットの効果の口コミ

美容雑誌の口コミで常連

ホワイトショットは美白サイトや雑誌で口コミ1〜2位常連

美白最終兵器と言われているようにかなり評価が高いです。

 

ホワイトショットの使い心地は?

無臭で強い香りはなし

ほぼ無臭なので、人工的な香りや強い香りが嫌いな人にオススメです。

サラッとしたつけ心地

部分美容液(SXS)のつけ心地は、ピタッとシミに密着しますが、つけた後は、さらっとしています

全体美容液(CXS)のつけ心地もかなりサラッとしているので、全然べたつきません。

 

ホワイトショットは価格も高い

ホワイトショット買うなら美容液

ホワイトショットには、美容液以外にも化粧水やクリームがありますが、全て1万円以上で高いです。

そして化粧水やクリームにはホワイトショットの最強美白成分であるルシノールが入っていないので注意です。

ルシノールが配合されており、1番美白成分が凝縮され、美白効果が高いのは美容液です。

美容液には

の2つがあります。

 

ホワイトショットは1万円以上

ホワイトショットは濃いしみを消す部分美容液(SXS)と、肌全体のくすみやシミを消す全体美容液(CXS)があります。

価格は全て1万円以上!

部分美容液 全体美容液
20g 12960円
25ml 16200円
25mlリフィル 15120円
50mlリフィル 27000円

 

シミに作用する部分美容液SXSは1つ1.2万円しますが、約3ヶ月持つので、1ヶ月で4000円くらいの出費です。

くすみに作用する全体美容液CXSは1つ1.5万円で、約3~4ヶ月もつので、1ヶ月で4~5000円くらいです。

 

公式サイトが1番お得

ホワイトショットは公式サイトで買うのが最もお得です。

ホワイトショット自体はどこで買っても割引はないです。定期購入割引などもないです。

ホワイトショットは公式サイトで買うとサンプルを選ぶことができます。

店頭で買うと、サンプルはついて来ないし割引もないです。

楽天、アマゾン、Yahooショッピング、メルカリ等だと偽物が紛れている可能性があるので注意です。

素人が偽物を見分けることはほぼ不可能だし、偽物だと証明して返品するのは相当難しいと思います。

 

ホワイトショット美白効果まとめ

ホワイトショットを愛用して3年目になりますが、半年経ったあたりから「肌白いね」と言われるようになり、効果を実感しています。

それもそのはずで、ホワイトショットの部白成分であるルシノールは有名美白成分アルブチンの数万倍の効果があるからです。

ホワイトショットは公式サイトから買うのが一番お得です!