1日1時間の副業【怪しくない】

webデザイナーが向いてない?→勉強が間違ってるだけ。向いている人になれる

webデザイナーが向いてないと思う人はやり方が間違ってるだけです。間違った勉強法3つをまとめました。

コーディングと一緒にセットでwebデザインも受注して稼ぎたいという初心者フリーランス向けの記事です。

ニャンニャン

ゴロニャン

webデザイン単体で稼ぐこと、web制作会社の案件メインで行うことは想定していません。

webデザイナーが向いてない人は勉強が間違ってるだけ。向いている人になれる

まずwebデザイナーが向いていないと思う人の間違った勉強方法を紹介します。

webデザイナーが向いてないと思う人の勉強方法3つ

  1. 勉強範囲広げすぎる
  2. あまり使わない技術を習得する
  3. Pinterestを参考にしすぎる

webデザイナーが向いてない人の勉強方法1:勉強範囲を広げすぎる

まずは稼ぎやすい領域に範囲を狭める

webデザインは、イラスト、バナー制作など様々な分野があります。まずはwebサイトのデザインに絞るなど、範囲を絞りましょう

イラストやバナー、ロゴ制作は単価が低いので、勉強は後回しでOKです。

webサイトのデザインは単価が高く、コーディングと一緒に受注して稼ぎやすいのでおすすめです。

 

webデザインツールもどれかに絞って習得する

また、デザインツールもillustrator、photoshop、 Adobe XD、figmaなど様々なものがありますが、まずはどれか一つに決めて学ぶと良いです

フリーランスで、主に直営業でwebデザインとコーディングをセットで受注するなら、まずはAdobe XDを使いこなせるようになるのがおすすめです。これができるだけで、コーディングと一緒に受注すると結構稼げます。

一方、web制作会社でデザインのみを受注する、webデザイナーメインで活躍する場合は、photoshopやillustratorなどの指定があるので、この方法はオススメしません。

 

webサイトデザインならAdobe XDがおすすめ

Adobe XDでデザインを効率化する方法は以下の記事を参考にどうぞ。

Adobe XDはデザイン初心者向け。プラグインなしで効率化する方法を紹介

 

figmaでデザインしたい方は以下の記事をどうぞ

【5分】デザインツールfigmaの使い方を初心者向けに1番わかりやすく解説

 

webデザイナーが向いてない人の勉強方法2:使わないwebデザイン技術を勉強

ilustrator、photoshopは使う機能のみ覚えればOK

illustrator、photoshopは使う主な機能だけマスターすればOKです。それ以外の機能は、案件ごとにマスターしましょう。

 

最低限必須な機能だけをマスターしたい場合

まずは最低限コーダーでも必要なデザインスキルだけを効率的に勉強したい場合は以下の記事を参考にしてみてください。

エンジニアがweb制作で必要最低限のwebデザインスキル5つ【10分】

 

コーディング・webデザイン一緒に受注したい場合

直営業でコーディングとwebデザインを一緒に受注したい人は以下の記事を読んでみてください。

プログラマーが最低限のwebデザインを勉強する方法【ブログで十分】

 

 

webデザイナーが向いてない人の勉強方法3:Pinterestを参考にしすぎる

オシャレなだけなデザインは本末転倒

Pinterestは「オシャレなだけ」なホームページも載っています。手段であるデザインが目的化しているので本末転倒の場合もあります。

webデザインで最も大事なポイントはなんでしょうか?それは「お問い合わせを増やす」ことです

しかしながら、pinterestのwebデザインを参考にしても「お問い合わせを増やす」ことはできるとは限りません。

理由は、pinterestのwebデザインが必ずしも「お問い合わせが増えるホームページ」ではないからです。

どんなwebデザインを勉強すれば良いか

では実際にお問い合わせ数が増えるホームページとはどのようなものかを解説していきます。デザインの中でも、クライアントの本来の目的である「お問い合わせ率を上げること」に繋がるUIUXデザインの観点から説明します。

これが出来る、説明できるようになれば、クライアントへの大きなアピールポイントにもなり、他のフリーランスと差別化できます。

 

1.CV率の上がるwebデザインである

CV率の上がるとはお問い合わせ率が上がるデザインと言うことです。

A/Bテスト(「2つのデザインでテストした結果、どちらがお問い合わせ率が上がったか」というテスト)を集めたデータに基づいて、具体的にどのようなデザインなのか証明されています。

cv率の上がるwebデザインについては以下を参考にしてみてください。

LPデザインでCV(コンバージョン)率を上げるコツ!18項目押さえよう

 

2.UIUXを意識したwebデザインである

UIUXとは、「ユーザーが心地よく使える」と言うことです。

最近注目されており、UIUXを無視するとせっかくウェブサイトに訪問したユーザーがとイライラしてwebサイトから離脱する可能性があります。

例えば、画面の読み込みが遅くて、ユーザーがホームページを見るのを諦める行為とかです。

例えば以下のようなUIUXデザインの原則を守ったwebサイトデザインにする必要があります。

UXデザイン原則を5分で解説【初心者向け】

 

3.心理学を意識したwebデザインである

人間の心理学を意識したデザインであることでお問い合わせ数を増やすことができます。

UIデザインの心理学9つのポイント解説【初心者向け】

 

webデザイナーが向いてない?→勉強が間違ってるだけ。向いている人になれる話まとめ

webデザイナーが向いてないと思ったら、勉強方法が間違っていないか疑いましょう。

おすすめの効率的な勉強方法は以下を参考にしてください。

【無料】webデザインの独学方法!最短でマスターする4ステップを紹介