フリーランスが会社員収入を継続して得られないパターン7つ

制作会社で継続をもらうコツは2つだけ!見落としがちなポイントまとめ

制作会社での仕事の醍醐味は、継続案件がもらいやすいので、営業の手間が減ることですが、制作会社はコーディングのチェックが結構細かく厳しいので、注意しておくべき点をまとめました。初心者フリーランスが見落としがちな制作会社で継続をもらうコツは2つだけです。

制作会社で継続をもらうためには、デザインデータ通りに実装する

1pxもずらさないコーディングをするための文字装飾

1pxもずらさないよう心がけましょう。デザインデータの長さをきちんと測ることがポイントです。見落としがちなのが文字データなので、実際にデータを取得する方法と見落としがちな文字装飾ポイントを紹介していきます。

まずはpsdの文字データを2秒で取得する

文字間の感覚(letter-spacing)

行間(line-height)

1pxもずらさないコーディングをするための要素測定

実際にフォトショデータ通りに要素を測定してコーディングしてもずれていることがあるので注意です。

コーディング後のデータがフォトショの見た目と同じになるように、ずれている部分を修正していきましょう。

 

期限に遅れたらアウト。遅れないためのテクニック

工数計算は、hoverなどの動きもよく見て念入りに


まずはデザインデータをもらったら よく見て、動きを確認しましょう。

よくある工数計算で見逃しがちなポイントは以下です。

  • デザインがよくわからない部分があるがデザイン待ちなのか、こちらで考えて実装するのか
  • ハンバーガーメニューがあるけど、クリック後のデザインがない場合、どうするか
  • hoverっぽいデザインがあるけどhoverするのか
  • 画像はそのまま使えるか、自分でトリミングしないと無理か
  • 画像でOKかコーディングでの実装が必要か

想定外の実装がある場合は早めに遅れるかもしれない旨を連絡する

最初にデザインデータを見て気づけないような実装や、制作会社が後出しで追加デザインやデザイン修正を出した場合は、その分納期を伸ばせるか交渉してみましょう。

後者の場合は、着手前に金額交渉も必要です。

 

わからない点はすぐ質問する

 

命名ルールを確認する

命名ルールをうっかり忘れると、class名全部書き直しなどという手間が生まれてしまいます。

制作会社で注意されるclass名ルール。とりあえずこれだけ押さえよう

 

 

 

他にも、即レスするとか、いろいろありますが、よく言われている基本的なことなので省きます。ここまで抑えればなんとかなりそうです。