【5分】UXデザインの手法6つ!実務で使う方法も紹介

UXデザインの手法を初心者向けに5分で解説します。

初心者でもうまく使えば、良いデザインや商品・サービス設計に役立ちます。

よく、現場では使うのが難しいと言われますが、やってみて、UX(ユーザーの体験)が向上すればOKなので、細かいことは気にせず使ってみましょう。

 

UXデザインの手法は手段にすぎない

UXデザインの手法を使う目的は、当たり前ですが「UXを改善すること」です。

これにより、ターゲットが感じる不満を洗い出し、取り除くことが目的です。

「手法」なので、手段に過ぎません。必要ないと思ったり、うまく使えないと思ったら使わなくても良いです。手段が目的化しないように気をつけましょう。

ウェブサイト制作の場合は、この手法を使うことで「CVするか」が使うか否かを決めるポイントです。

 

UXデザインの手法を5分で解説

気張らずに5分でサクッとUXデザインの手法を学んでみましょう。

学んだことは使わなければ意味がないので、ウェブ制作で実際に使えそうな場面も紹介します。

UXデザインの手法1:ペルソナ設計

ペルソナ設計とは

商品・サービスのターゲット像を具体的に設定することです。年代、仕事、プライベートなど具体的に決め、その商品・サービスを使用する状況や使い方を明確化することで、よりUXの設計をしやすくします。

ペルソナ設計が使える場面

ウェブサイトを見て購入や新規登録などCVするターゲット像を詳細に決める。

何歳で、何の職業で、どこで、何時頃にウェブサイトを見る可能性があるのか、何にこだわりを持っているのか、どこにお金を使うのか、などを設定してみましょう。

設定するポイントは、ウェブサイトのCVに関わるか否かです。ここで時間をかけすぎるのはもったいないです。

 

UXデザインの手法2:デプスインタビュー

デプスインタビューとは

ターゲットにインタビューを行い、定性的な調査を行うこと。ある商品サービスを使うことに対して、いつ、どこで、どのように使うのか、ということや改善ポイントを深く聞き出すことで、商品の課題を明確化すること。

デプスインタビューが使える場面

競合ウェブサイトを見るなどして、どのようにそのウェブサイトを見て、どのようなことを感じるのかを深く聞き出しましょう。

 

UXデザインの手法3:カスタマージャーニーマップ

カスタマージャーニーマップ

ターゲットが商品・サービスを知り、利用するまでの流れを可視化すること。商品・サービスを使うときの感情を可視化して、UXの改善をはかることができる。

カスタマージャーニーマップが使える場面

ユーザーがサービスを知り、利用するまでの場面や流れ、感情を洗い出し、UXの改善を図りましょう。

例えば夜寝る前にベッドで読まれるものだとしたら、落ち着いた配色で目を疲れさせず、スマホ対応しているものにする必要があります。

 

UXデザインの手法4:ユーザビリティーテスト

ユーザビリティーテスト

商品・サービスの試作品が完成したら、ターゲットにそれを利用してもらうこと。ここで出た課題を元にブラッシュアップしていく。

ユーザビリティーテストが使える場面

ウェブサイトが完成したら、ターゲットになりそうなユーザーに実際に使ってもらい、そのウェブサイトでCVをしそうか(例えば、商品・サービスを買いたくなるか)フィードバックをもらいましょう

やって見ると例えば、速度が遅くてイライラした、色が多過ぎてチカチカした、文字が小さくて読みにくかったので、「商品購入を検討する前にウェブサイトから離脱した」など様々な意見が出ます。

 

UXデザインの手法5:フィールド調査

フィールド調査

外に出て対象の商品・サービスをユーザーが使っているシーンを実際に見て、ユーザーの行動を評価すること。合わせてユーザーになぜそのような行動をとったのかなどをインタビューするとより良い気づきが得られます。

フィールド調査が使える場面

競合ウェブサイトを見たときにどのような反応をするのかを見てみる。

「サイトに長く滞在してよく検討するか」「すぐに購入するか」「他のサイトをみて比較検討するか」「すぐウェブサイトから離脱するか」などの行動を読み取ることができ、

その時とった行動の理由をインタビューをすることで、気づきが得られます。

 

UXデザインの手法6:視線追跡

視線追跡

Webページなどでユーザーの視線がどう動くか分析すること。ユーザーはウェブサイトをどのような流れで読んだのか、ウェブサイトのどの部分がユーザーの目を引いたのかを知ることができます。

視線追跡が使える場面

ツールがないと難しそうですが、ウェブサイトの背景を知らない人に見てもらい、そのサイトを見て何を理解したか、何が心に残ったか、どこが目を引いたかなどを観察したり、観察することで使えそうです。

 

UXデザインの手法まとめ

UXデザインの手法は、初心者でもうまく使えば、良いデザインや商品・サービス設計に役立ちます。

よく、現場では使うのが難しいと言われますが、やってみて、UX(ユーザーの体験)が向上すればOKなので、細かいことは気にせず使ってみましょう。

UXデザインの手法を使う目的は、当たり前ですが「UXを改善すること」です。

「手法」なので、手段に過ぎません。必要ないと思ったり、うまく使えないと思ったら使わなくても良いです。

手段が目的化しないように気をつけましょう。ウェブサイト制作の場合は、この手法を使うことで「CVするか」が使うか否かを決めるポイントです。