フリーランスが会社員収入を継続して得られないパターン7つ

ウェブデザイナー初心者向けの絶対知っておくべき基本5つ

デザインというのはセンスが必要かと思われがちですが、デザインにセンスは必要ありません。

人間が心地よく使えるものを設計すれば良いだけなので、ターゲットユーザーに使ってもらってその様子を観察してデザインを試行錯誤すれば良いからです。今回は、すでにユーザーに使ってもらって検証された、「デザイン」の基本をお伝えします。この基本は、デザインの本のほとんどで説明されている内容なので、デザインを「知っている」と言えるためには必須の内容です。こちらを意識するだけでかなり使いやすさや見た目が変わってきます。(説明画像にこちらの内容を引用させていただきました。)

 

1.デザインの基本5つ

  1. 近接:関連が近いものを近くに配置
  2. 整列:内容を明快に伝える
  3. 反復:画面内の要素を反復
  4. コントラスト:重要な部分がわかりやすいようにする
  5. フォント:イメージを変える。

 

1.近接:関連が近いものを近くに配置

画面びっしりに情報があると、情報同士の関係がわかりません。

関係のあるものを近くに配置することで、それらの関係性を視覚上で訴えることができます。

2.整列:内容を明快に伝える

画面上の要素の高さや幅を同じにして整えると、内容に意識を注力することができます。

これはコンサルタントでスライド作成するときもよく言われていることです。

 

3.反復:画面内の要素を繰り返す

同じものを繰り返すことで、それらが同じ要素のものだと視覚的に表します。それによりユーザーの学習コストが減ります。

 

4.コントラスト:重要な部分がわかりやすいようにする

重要な部分だけに違いをつけて、目立たせましょう。

5.フォント:イメージを変える

フォントが変えることで、画面が説明している商品のイメージを変えることができます。

高級感あるもの、親近感のあるもの、子供向けのもの、女子向け、外国っぽいものなど、商品サービスのイメージに合わせてフォントを変えましょう。

 

 

2.デザイナーオススメの厳選本3選

 

実質無料でデザイン本を読みたい人はKindle Unlimitedがおすすめです

 

AmazonでKindle Unlimitedというという月額980円で本読み放題プランに入ると、「30日間無料体験」もやってるのでデザイン関連の本が実質無料で読めますよ〜

微妙だったら解約もワンクリックで行うことができ、解約料無料です。

上で紹介している本はないことも多いですが、様々なデザイン本や、そのほか好きな本をまずは30日間無料で読み放題なのでぜひ試してみることをオススメします。よくデザイナーにおすすめされている「+DESIGNING」という良いデザイン、悪いデザインをわかりやすく紹介していたり、photoshopなどのツールの基本操作を紹介するデザイナー向け雑誌などがあります。