フリーランスが会社員収入を継続して得られないパターン7つ

Custom Post Type UIで指定したタクソノミーの親、子、孫要素を出力する方法【wordpress】コピペOK

Custom Post Type UIで指定したタクソノミーの親、子、孫要素を出力する方法【wordpress】を紹介します。コピペOKです。

Custom Post Type UIで指定したタクソノミーの親、子、孫要素を出力する場面

Custom Post Type UIで、例えば商品カテゴリを親子関係で作成した場合です。

例えばバッグ>メンズバッグ>ショルダーバッグなどの親子、孫関係です。

Custom Post Type UIで指定したタクソノミーの親、子、孫要素を出力する方法【コピペOK】

 

Custom Post Type UIで指定したタクソノミーの親、子、孫要素を出力する方法解説

 

タクソノミー 名指定

 

「’parent’ => 0,」で、親要素が0、つまり、上に親カテゴリがないときという意味です。

「hide_empty」で中身がなくとも出力します。

 

親要素をリンク付きで出力しています。

 

子要素を定義しています。

「$parentId」を親要素として指定して、

「$childargs」「$childterms」の定義で、親要素の子供を指定をしています。

 

ここで子要素を出力しています。

 

子要素の中で孫要素を出力しています。