フリーランスが会社員収入を継続して得られないパターン7つ

副業禁止のIT企業でもできる副業まとめ

私の勤めていたIT企業は副業がOK、自由な社風ということで有名な企業でした。しかし実際副業申請をしたら、実質ほとんどの副業がNGで、申請却下されました!

1.副業が禁止されていたのは「過去、現在、将来に渡り競合しうるサービス」なので実質全部禁止という落とし穴。

つまり、IT系の副業全般+αの副業が禁止されていました。IT企業ですが、IT以外の分野にも参入するかもしれないし、今後ITが色々な分野に導入されることで、さらに競合しうるサービスが広がります。

私の勤めていた企業は、コンサル、システム開発、デザイン、アナリティクスなどを色々な業界に渡って行なっており、さらに今後どのような分野に参入するのか予想がつかないので、実質全ての副業がNGということになります。

IT系でも不動産やブロックチェーンを使った金融分野、自動化ロボットを使って家事手伝いに参入するかもしれないですしね。

2.具体的に禁止されていた副業は以下です。

  • ウェブ制作
  • ウェブデザイン
  • ロゴ制作
  • テスティング
  • ITコンサルティング
  • リサーチ、アナリティクス
  • 直接受注するだけでなく、クラウドソーシングで上記分野を請け負うこと
  • アプリを作成してapple storeで売ること

これ以外でも翻訳や通訳や資料作成(パワポやエクセル)が特にITコンサルの業務に含まれていることが多いので、注意しましょう。

3.副業OKな企業にありがちな禁止事項を知っておきましょう。

  • 過去、現在、将来に渡り競合しうるサービスを行うこと
  • 自社で使っているPCやソフト(イラレやフォトショ)を使い副業を行うこと
  • 会社で習得した技術を使い副業をすること

正直解釈によっていくらでも範囲が縮まったり広がるので難しいです。

4.IT企業で確実に副業したいならどうする?

まず会社支給ではなく自分のPC、必要であればソフト(イラレやフォトショ)を揃えましょう。会社の支給のリソースを使用して行うと罰せられる可能性があります。

現状IT企業が参入していない分野であるIT以外の分野(ライティング、アフィリエイト、投資など金融系、ブログ)で、まず申請を出してOKをもらいましょう。ここでOKを得られれば副業できるはずです。

 

1.ライティング案件

初心者ライターが通常の4倍以上の高単価案件をいただいた方法

 

 

2.アフィリエイト

アフィリエイトは自分のブログなどのウェブサイトに、商品サービスの紹介リンクを貼って、そこ経由で読者に申し込んでもらうことで稼ぐことです。

以下のサイトは、商品サービスの紹介リンクを提供しています。無料でできるので全て申し込んで、色々な商品をアフィリエイトで売りましょう。

自己アフィリエイトと言って、自分でアフィリエイトサイト経由で商品サービスの新規会員登録をしたりクレカを発行して稼ぐ方法もあります。自己アフィリエイトの詳細は以下を参考にしてください。

自己アフィリエイト案件で無料(口座・クレカ・FX以外)で5万円稼げるもの

 

 

3.ブログ

ブログでは、前述したアフィリエイトで稼ぐ方法と、Google Adseseを貼って読者を増やすことで稼ぐ方法があります。

ブログの作成方法は以下に5時間で作れる方法を紹介しているので参考にしてください。wordpressで作れば、Adsenseを貼って稼げるのでオススメです。

wordpressブログを5時間で開設・収益化設定してみた。15690円/年かかります!