学ぶプログラミング言語を間違えると悲惨な話

初心者フリーランスのためのSEO対策1位になる方法

wordpressサイトのSEOで1位とるための企業サービス向けのサイト設計方法をまとめました。

よく解説されているサイト設計方法はSEOで1位をとる方法として、どのように記事を書くかと言うコンテンツマーケティングの面が多く語られているように思えます。

今回は、コンテンツマーケティングよりは、サイト構築(開発面)でSEOの上位を狙う方法をまとめました。

1.サイト構築のSEO対策で検索順位1位になる方法

これを読んだら最後にSEOで最強と謳われているmanablogでチェックするのも良いでしょう。今回はmanablog以外の情報を解説していきます。

 

1.スマホ表示が最適化されている

→滞在時間を増やし、直帰率を低くすることにつながる

滞在時間を増やし、直帰率を低くするとSEOに強いページになります。

レスポンシブ対応を行いましょう。スマホアクセスした時にサイトが見にくいことで離脱してしまう可能性が減ります。

2.SNSシェアボタンを設置する

→被リンクを増やすことにつながる

被リンクを増やすことでSEO順位が上がります。

3.関連記事の表示

→滞在時間を増やし、直帰率を低くすることにつながる

4.SEO対策に有効なプラグインを入れる

WordPressでサイトを作ったらやるべき8つのSEO対策

5.Google Search Consoleを導入する

こちらを導入すると、以下のメリットがあります。

  • SEO順位が把握できる
  • Googleのクローラーがどれくらい自社サイトにきているかわかる
  • Googleから自社サイトに関して、エラーメッセージを受け取れる

 

2.サイトの内容編

1.サイトの内容を濃くする

→滞在時間を増やし、直帰率を低くする

1000文字以上書くこと、インパクトのあるメッセージ性のあるサイトにするなどの対策をしましょう。

2.キーワードを工夫

1.タイトルを工夫

  • タイトルにキーワードを含める
  • タイトルに数字を入れる
  • タイトルの前半にキーワードを入れる
  • 1ページに1キーワード
  • タイトルタグは32文字以内

2.キーワードを数値を元に論理的に決める

3.キーワード順位をチェックしつつPDCAをまわす

あとはgoogleのsearch consoleというツールで自分の設定したキーワードで検索順位何位になっているのかを確認しましょう。

3.ディスクリプション(meta-desxription)の設定は120文字以内

ディスクリプションとは、Google検索結果で表示される説明部分のことです。

All in one SEO packというプラグインを導入すると、記事ごとに「説明」という欄があるので、ここに狙っているキーワードを含み、かつ読者が興味を持つ説明を書きましょう。

4.画像のaltにキーワードを入れる

画像を挿入してwordpressのテキストで見ると<img alt=””>となっている部分があります。ここに訴求したいキーワードを入れた説明を書きましょう。

googleに読み取られるだけでなく、例えば、画像の読み込みが遅い場合も、説明テキストが書いてあることで読者に不安感を与えるのを防ぐことができるでしょう。