【悲報】SEの仕事についていけない文系の末路4つ

SEの仕事についていけない文系の末路4パターンを解説。

元文系で新卒でIBMに入った私が、周りの同期や先輩が転職したり、職種を変えている話や、自分が退職してフリーランスになった話を踏まえて紹介します。

SEの仕事についていけない文系とは?

SEの仕事をする文系は多い

文系学部出身で、ノースキル、未経験から新卒でSEになった人のことです。

全くSEの関係なさそうな文学部からSEになった人もいるし、意外に多いです。

SEについていけない文系の実態

私の会社でもそうでしたが、会社に入って元文系が実際にSEの仕事をすると、特にプログラミングでつまずいて「仕事についていけない」「つまらないし、やめたい」と言っている同期が複数いました

そもそも文系だけでなく、理系出身の子でも「SEの仕事についていけない」と言っている子は少なからずいました。

 

SEの仕事についていけない文系の末路4つ

SEの仕事はするけどコード書かない

まず挙げられるのが、SEの分類に入る仕事はするけど「プログラミングはしない」というものです。

SEのプログラミング以外の仕事とは?

例えば、システムのテストや要件定義、プロジェクトマネジメントなどです。

新卒でSEに入ってプログラミングがあまり得意でない子は、こうゆう業務を中心にしていた印象です。

よく言われるSEのエクセル職人とは、これらの仕事です。

新卒女子はプロジェクトマネジメントが多い

特に新卒のSE女子はプロジェクトマネジメントの補佐(PMO)に配属されることが多かったです。

プロジェクトマネジメントって、プロジェクトの色々な人に話しかけて進捗管理したりしなければならないんですが、

若い女子がやったほうが、エンジニアのおじさんも優しくて当たりが強くないっていう理由です。

 

SEの仕事をやめてITコンサルへ

他にはSEからITコンサル職へ職種変更という人もいました。

イメージ的には先ほど挙げた、SEの仕事より広く仕事ができるという感じで

システムのテスト、要件定義、プロジェクトマネジメント以外にも、上流の戦略策定的な業務もあります

文系でもできる仕事です。

ITコンサルは特に英語を使って海外と要件定義をするなど、英語ができる人が多かったです。

実際私の仕事もこれで英語使えるのはかなり武器になりました。

初心者のビジネス英語勉強は無駄が多すぎ!やってはいけない勉強を解説

 

SEの仕事やめてwebエンジニアへ

ベンチャーなどでwebアプリを作りたいという人の進路です。

SEの仕事はjavaなどレガシーなプログラミング言語を使って、大規模なシステムを作る人が多いですが、

つまらないと言って、webエンジニアになる人は結構います。

最初は数年会社で働いて、そのうちリモートワークしたり、フリーランスになって月80万円以上もらう人もいます。

その場合、Rubyやjavascriptど違う言語を学ばなければいけないので、プログラミングスクールに通う人も。

オススメは融通が効きやすいjavascriptです。

プログラミングスクールの選び方は以下をどうぞ。

希望収入別プログラミングスクールの選び方!地雷メンターは?

 

SEの仕事をやめてフリーランスへ

SEの仕事を辞めてフリーランスになる人もいます。

フリーランスになれるかどうか判断したり、自分に足りないスキルを知るには、エージェントに無料登録して、相談するのがおすすめです。

無料エージェントでは有名大手で評判が良いmidworksがオススメです。

 

SEの仕事についていけない文系の末路まとめ

SEの仕事についていけなくても、色々な仕事ができるし、負け組になるわけじゃありません。

むしろSEを辞めてキャリアチェンジをして年収を上げている人も多いです。

ちなみに、SEの仕事を辞めて「IT系以外の仕事をする」という人は聞いたことがありません。

また、SEの仕事を続けてゴリゴリプログラミングを書くようになった、という人は、自分の知る限りはあまり多くなかったです。