フリーランスが会社員収入を継続して得られないパターン7つ

退職からフリーランスになるまでのスケジュール

元会社員のわたしが、退職してからフリーランスになるまでのスケジュールを立てました。

あらかじめスケジュールを立てないと、稼ぐスタートダッシュが遅れてしまいます。会社員のうちにできることはやってしまいましょう。「生計を立てられること」がもっとも重要なので支出、収入を軸にしたスケジュールを立てます。

 

1.収入を得られるようになる

退職1か月前までに以下を行いましょう。退職前1ヶ月は退職手続きや引っ越しや仕事の引き継ぎでかなり忙しくなります。

1.フリーランスになったら何で稼ぐか決める(退職6か月前〜)

フリーランスで稼ぐ方法の例

  • ウェブ制作(プログラミング・デザイン)
  • アフィリエイト
  • ライティング
  • ブログ
  • テスティング
  • 翻訳

稼ぐ方法は1つだけでなくてもOKです。例えば、ブログやアフィリエイト、ウェブサイト開発、デザイン3つを組み合わせて生計を立てている人も多くいます。

わたしはフリーランスになってから上記の稼ぎ方を全て行い、現在では最もコスパが良いと感じたウェブ制作(プログラミング・デザイン)を主軸において、サブでライティング、アフィリエイト、ブログを行っています。

自分にとって何ができそうか、何が続けられそうかなどという観点で、どれで稼ぐか決めましょう。途中で方向転換するのもアリです。

わたしの場合も、最初は難易度が低いもの(ライティング、翻訳、テスティング、ブログ)をクラウドソーシングで受注して始め、徐々にウェブ制作にシフトしていきました。

クラウドソーシングで効率良く稼げる案件ランキング

 

2.稼ぐスキルをつける(退職5か月前〜1ヶ月前)

1.で何で稼ぐか決めたら、そのスキルを磨きましょう。

働きながら学ぶのは大変ですが、会社員の時からなるべく早く学んでおきましょう。

フリーランスになってからだと、生計を立てながら学ばなくてはならないので、結構焦り、資金がショートする可能性があります。

フリーランスになるために会社員のうちにつけておくべきスキル

 

3.提案文を考えておく&営業先を探す(退職2ヶ月前〜1ヶ月前)

フリーランスになる前から、自分の営業の提案文を考えておき、営業ターゲットを探しておきましょう。一円でも多く早く稼ぎたいフリーランスになってから、これらに時間をかけると、なかなか先に進めません。

フリーランス開始1週間で3件契約をとった方法[退職直後コネなし]

 

 

4.会社員のうちからできる副業を始める

投資や不動産などありますが、もっとも簡単なのはブログやアフィリエイトです。

ブログを持っておくと、自分のできることを発信する場にもなり、営業に繋がることもあります。

オススメはwordpressでブログを書くことで、有料ですが、無料ブログとは違い、広告を貼れるので広告料を稼げます。また、wordpress構築やSEO対策の勉強にもなるので、これらのスキルを生かして将来的に案件GETにもつながります。

wordpressブログを5時間で開設・収益化設定してみた。15690円/年かかります!

 

 

2.支出を抑えられるようになる

1.今の支出を最大限抑える

私は退職すると決めた瞬間から、今何にいくら使っているのか現状分析するところからはじめました。結果、月に平均26万円弱の出費をしていることがわかりました(笑)

そこから、徐々にカフェを一切使わない、自炊する、遊びに行かない、外に出かけない(電車を使わない)、本はスタバブックカフェやflierで読むので買わないなど一気に節約を進めました。

 

2.フリーランスになってから支出を抑えるための準備をする

フリーランスになってからかかる支出は大きく分けて、税金と生活費です。

税金

会社員時代とは違い、国民年金、健康保険料、住民税を自分で支払う必要があります。その費用は、年収や年齢、居住地により異なりますが、前年年収560万円、25歳、東京都江東区住みで約7.3万円/月です

生活費

個人により変わってきますが、超節約生活をしても7.3万円/月はかかるのではないかと思います。

 

3.フリーランスとして住む場所を探す

生活費を抑える場所を選ぶ

住む場所を変えるとかなり生活費を抑えることができます。例えばわたしは現在タイのバンコクに住んでいますが、趣味の海外旅行費用を含めて月6万円程度で生活をしています。

 

フリーランスが集まる聖地

フリーランスが集まる聖地に行けば、フリーランス仲間ができ、ネットでは分からない情報共有ができます。

千葉県金谷(生活費:8万円以内/月):日本中のフリーランスが集まります
タイのチェンマイ (生活費:5万円以内/月):世界中のフリーランスが集まります
タイのバンコク(生活費:8万円以内/月):日本人の移住者のフリーランスが集まります。
台湾(生活費:8万円以内/月):治安がよくて食事も美味しくて綺麗です。

 

その他最近注目され始めている地域

マレーシアのコキタナバル、ペナン、マラッカ(生活費:8万円以内/月)
沖縄(生活費:10万円以内/月)
ハンガリー/ポーランド(生活費:10万円以内/月)

 

3.必要な貯金を計算する

自分にいくら貯金が必要なのか計算しましょう。それをきちんと貯めてからフリーランスになることで安心感が変わってきます。

退職してフリーランスになる準備金はいくら?