フリーランスが会社員収入を継続して得られないパターン7つ

フリーランスの節税対策!経費になるものはかなり多い

会社員からフリーランスになると色々と税金が増えそうなイメージがありますよね。今回はフリーランスの節税対策について解説します。

フリーランスの節税対策は2つです。

  1. 控除を受ける
  2. 経費を申請する

 

1.控除を受ける

  • 所得控除
  • 青色申告特別控除
  • 専従者控除
  • 保険系の控除
  • 寄付系の控除

皆が無料で気軽のできる控除2つ

  • 青色申告特別控除:個人事業主が自分で帳簿を作成・管理することで、最大65万円の控除を受けられます。10万円の控除は簡単な単式簿記(簡易簿記)で、65万円控除は複雑な複式簿記の貴重管理が必要です。
  • 寄付系の控除:ふるさと納税です。定番のさとふるファッションから支援エフスタイルなど、たくさんのサービスがあります。私は500万円の年収でだいたい5万円くらい寄付控除されました。

条件を満たす、貯金してできる控除3つ

  • 所得控除:配偶者や扶養家族がいる場合に適用
  • 専従者控除:配偶者や扶養家族がいる場合に適用。配偶者や親族に対して支払った給与分が控除されます。
  • 保険系の控除:退職金共済制度です。月当たり1000円から7万円の間で設定でき、全額が控除対象です。

2.経費を申請する

事業を行う上で発生した費用は基本的に経費になりますが、判断は個別具体的に行われます。

経費になるもの・ならないもの

経費になるもの

  • 家賃、電気代、携帯電話料金、自動車代などプライベートでも使っているものは何割かを経費にできます。
  • 交通費
  • 接待費・打ち合わせのカフェ費用
  • ボールペンなど消耗品

経費にならないもの

  • 業種や収入と経費のバランスが明らかにおかしいもの(収入に対して高すぎる接待費、エンジニアの高い水道代など)
  • 福利厚生費
  • 所得税、住民税
  • 健康診断費

 

経費の申請に必要なものは領収書もしくはレシート

領収書もしくはレシートに必要な情報

以下の情報がある領収者やレシートに以下の情報が用意しましょう。目的については、必要と書かれていない情報もありますが、あったほうが無難です。
  • 日付
  • 宛名
  • 金額
  • 但し書き(商品やサービスの内容)
  • 目的
  • 領収者の住所と氏名

領収書やレシートがない交通費は出金伝票

自販機のジュースや電車代など領収書がない場合、出金伝票に以下の内容を記載しましょう。

  • 日付
  • 宛名(利用者)
  • 金額
  • 但し書き(商品やサービスの内容)
  • 目的
  • 場所(錦糸町駅)などを記載

 

領収書やレシートがないクレジットカード決済は?

購入した際にショップから発行される「利用明細書」が領収書の代わりになります。利用明細書にはショップの名称や購入した商品・サービス、購入金額、購入日が明記されている必要があります。確定申告に関連する書類は基本的に紙で保存することが義務付けられているため、Web明細の場合は印刷して保管しておきましょう。