貯金なしで退職は無謀。フリーランスになる貯金はいくら?私は70万円でした

貯金なしで退職は無謀です。フリーランスになるなら貯金はいくら必要か解説します。フリーランスになってからお金がないと、ブラック労働になる可能性があるので、あらかじめいくら貯金しておけば良いか計算しておきましょう。

貯金なしで退職は無謀。フリーランスになるための貯金の計算方法

  1. フリーランスにかかる費用から計算する
  2. フリーランスになって稼げる額から計算する
  3. 準備すべき貯金額を計算しましょう

 

1.退職後フリーランスにかかる費用から、必要な貯金額を計算する

1.退職してフリーランスになったら絶対必要な費用は税金

日本国民としての税金の例

(前年年収560万円の25歳、配偶者なし、東京都江東区在住が退職した場合、支払う費用について書いています。)

  • 国民年金:1.5万円/月
  • 国民健康保険:3.5万円/月
  • 住民税:2.3万円/月

 

合計7.3万円/月

 

フリーランスの住民税は前年年収と居住地域の観点から決められる

  • 前年の年収(1〜4回に分けて支払います。前年ふるさと納税をすると、その分減ります。)
  • 居住地域(その年の1/1時点で住民票のある市や区で決まります。)

 

フリーランスが住民税を下げるコツは?

ふるさと納税することです。来年の住民税を払った分だけ減らせます。例えば、年収500万円で約5万円です。

2017年1月~12月にふるさと納税で5万円野菜など買って利用すると、2018年6月~2019年5月の住民税は5万円分削減できます。

退職してフリーランスになる費用は0円

  • 開業費:0円

 

退職してフリーランスになった後の生活費

  • 家賃 6万円/月
  • 食費 3万円/月
  • 雑費 3万円(病院/日用品/服/交通費)
合計12万円/月

その他

  • 奨学金
  • 車/美容/ローンなど
  • 医療保険/自己保険など

自分が月々払っているプランを徹底的に把握しましょう。

 退職してフリーランスになったら必要な費用合計

  • 19.3万円/月

一般人の生活費を想定して計算しています。

2.フリーランスになって自分が稼げる額から、貯金額を計算する

フリーランスになって自分が稼げる額から、準備すべき貯金額を計算しましょう。

 

1.web制作で稼ぐ

フリーランスとして稼ぐ手段は多くありますが、1番オススメなのはweb制作(ホームページ制作)で稼ぐ方法です。理由は、単価が高めだけど、勉強の難易度は高くないからです。また、機械苦手!みたいな人がおり参入障壁もあるのでオススメです。具体的な方法は以下をご覧ください。

web制作で稼ぐ勉強方法!無駄な勉強をやめて速く稼ごう

 

 

2.ライティングで稼ぐ

初心者でも一番簡単に稼げるのがライティングです。私もやっていました。初心者は1文字1円以上だと、単価が高めだと思って良いです。

ただ、最初は低賃金労働だし、web制作ほど稼げないことが多いので、ぶっちゃけオススメしません。

初心者ライターが通常の4倍以上の高単価案件をいただいた方法

コネなしフリーランスが開業1週間で3件受注した方法

 

3.ブログ・アフィリエイトで稼ぐ

ブログは読者に閲覧されること、ブログ内の広告をクリックされたりその広告経由で買われることで収入を得ることができます。アフィリエイトは、商品やサービスをブログや自分が運営しているwebサイト内で紹介して、それを読者に買ってもらうことで儲ける方法です。

自己アフィリエイトで初月で5万円以上稼ぐ方法もあります。読者に買ってもらわなくとも自分でウェブサイトに登録したり、プログラミング教室の体験レッスンを受けたり、脱毛体験を受けて自分で儲ける方法です。

 

ブログ開設、収益化設定方法

wordpressブログを5時間で開設・収益化設定する方法。12690円/年です

 

 

3.フリーランスになるために貯金額を計算しましょう

半年分くらい生きられる額があるのが理想です。理由は、退職してから「1か月に必要な生活費+α」の収益をあげられるまでにかかる期間が平均的にそれくらいだと思うからです。

最初から稼げることを想定しないで、仮に以下のように数字を置いてみましょう。

  1. フリーランスでかかる費用:月19.3万円*6ヶ月=115.8万円/半年
  2. フリーランスで稼げる費用:月10万円*6ヶ月=60万円/半年

 

「1.フリーランスでかかる費用」-「2.フリーランスで稼げる費用」=「準備すべき貯金額」になります。

ちなみに私は、東南アジアで月5万円で暮らすなどをして押さえたりしたので、70万円の貯金で大丈夫でした。

 

貯金なしで退職は無謀。フリーランスになる貯金はいくら?まとめ

貯金なしで退職は無謀です。フリーランスになるために自分に必要な貯金を、税金や生活費、いくら稼げるかから計算しましょう。その金額×6ヶ月分貯金があることが理想です。