フリーランスが会社員収入を継続して得られないパターン7つ

弁護士が他社のホームページを参考にして作成すると失敗する理由

弁護士のホームページ作成で、「他の弁護士ホームページを参考にしたい」と思う人は多くいらっしゃると思います。ただ、それをして集客やお問い合わせにつなげることを失敗してしまう可能性もあります。

その理由と、どんなホームページを作れば良いのか解説していきます。

他社の弁護士ホームページを参考にして作成すると失敗する理由

弁護士のホームページで最も大事なポイントはなんでしょうか?それは「お問い合わせを増やす」ことです

では、他の弁護士のホームページを参考にすることで「お問い合わせは増える」でしょうか?答えはNOです。

理由は、他の弁護士のホームページが必ずしも「お問い合わせが増えるホームページ」ではないからです。

よって、他の弁護士のホームページに似たかっこいいホームページを作りたいと言う考え方を捨て、まず第一に「お問い合わせが増えるホームページ」を目指しましょう。

 

弁護士は他のホームページを参考にするのではなく、お問い合わせが増えるホームページを作りましょう

では実際にお問い合わせ数が増えるホームページとはどのようなものかを解説していきます。

1.CV率の上がるデザインである

CV率の上がるとはお問い合わせ率が上がるデザインと言うことです。

A/Bテスト(「2つのデザインでテストした結果、どちらがお問い合わせ率が上がったか」というテスト)を集めたデータに基づいて、具体的にどのようなデザインなのか証明されています。

税理士のホームページで効果を上げるデザイン

 

2.UIUXを意識したデザインである

UIUXとは、「ユーザーが心地よく使える」と言うことです。最近注目されており、UIUXを無視するとせっかくウェブサイトに訪問したユーザーが「ウェブサイトが使いにくい!」とイライラしてウェブサイトから離脱する(申し込みせずにサイトを閉じてしまう)可能性があります。これは例えば、画面の読み込みが遅くて、ユーザーがホームページを見るのを諦める行為に似ています。

例えば以下のようなUIUXデザインの原則を守ったウェブサイトデザインにする必要があります。

初心者のためにUXデザイン原則と手法を5分で解説する

 

3.心理学を意識したデザインである

人間の心理学を意識したデザインであることでお問い合わせ数を増やすことができます。

UIデザインに心理学を簡単に取り入れる9の方法

 

4.SEO対策を万全にしている

SEO対策とはあるキーワードで検索した時にインターネットの検索順位を上位に表示するものです。このSEO対策を万全にしているホームページは、まずホームページに集客ができるので、お問い合わせがを増やすことにつながります。

初心者フリーランスのためのSEO対策1位になる方法

 

法律事務所ホームページ制作を最もコスパ良くするなら?

「地雷なホームページ制作会社に依頼」しない方法として以下をご覧ください。