フリーランスが会社員収入を継続して得られないパターン7つ

行政書士向けのホームページテンプレートのオススメ

行政書士事務所向けホームページテンプレートでオススメのものを紹介します。ホームページテンプレートとは基本的にコーディング(プログラミング)せずにホームページが制作できるというものです。今回はテンプレートの中でもwordpressを使う想定で行政書士事務所向けにオススメのテーマを紹介します。

行政書士事務所向けホームページテンプレートにはwordpressがオススメ

ホームページ制作テンプレートには様々なものがありますが、以下の理由でwordpressがオススメです。

  • 信頼感のあるデザインである
  • CV率の上がる(お問い合わせ率を高くする)デザインにするよう一部カスタマイズができる
  • SEO対策(検索順位を上位表示させる)ができる
  • サービス会社(アメブロの場合はアメーバ)のサービス終了で投稿が消えるリスクをなくす

 

wordpressで簡単に行政書士事務所のコーポレートサイト を制作する方法は以下をご参照ください。

行政書士がホームページを最も簡単に作成する方法【6時間】

 

今回はwordpressのテンプレート(テーマ)の中でも行政書士事務所向けのテンプレートを紹介します。

行政書士事務所向けホームページのオススメテンプレート(テーマ)

紹介しているテンプレートは以下のような、CV率の上がる特徴やホームページの信頼性を上げる特徴を踏まえています。

ファーストビュー内に「キャッチコピー・写真・申込アイコン」を入れることができる

・メリット、サービス概要・詳細、事例・料金表など法律事務所に必須の内容を入れるセクションがある。

・ブログ記事でコンテンツを増やしながら商品・サービスをPRすることができる

1位.Emanon business(エマノン・ビジネス)


訴求力の高いデザイン

法人・個人事業主がビジネスをPRするのに必要な要素を、サイトのフロントページに集約しました。直帰率を下げるためにブログ記事への誘導や見込み客へとリードするデザインです。

充実したカスタマイズ機能

フロントページに表示したい情報を項目に入力するだけで、簡単に洗練されたビジネスサイトを作成することが可能です。Webフォントアイコンやパララック背景画像などでオリジナリティを追求できます。

Emanon businessの詳細をみる

 

2位.LIQUID PRESS



特にCORPORATEというテーマは会社ホームページ用のテーマなのでオススメです。

独自機能 多言語対応でビジネスのグローバル展開も可能。

テーマカラーやロゴ、レイアウト、スライドショー、SNSアカウントはもちろん、 コーポレートサイトに必要な会社情報なども簡単に設定可能です。

LIQUID PRESSの詳細を見る

 

行政書士のホームページ制作を外注する場合

やっぱり難しそう、自分で制作するホームページはダサいかもと感じたあなたは、ホームページ制作を外注することをオススメします。そのほうが自分で勉強しなくとも、CV(お問い合わせ)率の上がるサイト設計、SEO対策をしてくれる可能性が高いです。

「地雷なホームページ制作会社に依頼」しない方法は以下をご覧ください。

行政書士のホームページ作成で頼んではいけない制作会社