フリーランスが会社員収入を継続して得られないパターン7つ

行政書士が開業ホームページを作成するときやってはいけないこと

行政書士が開業してホームページを作成するときやってはいけないことをまとめました。

ホームページ制作を自作する場合、外注する場合に分けて解説していきます。

行政書士が開業してホームページを自作する場合やってはいけないこと

無料ホームページで作ってみる

ホームページとして作成するのが簡単なのは、はてなブログやアメブロ、ライブドアブログなどの無料ブログですが、以下の理由でwordpressブログがオススメです。

  • 信頼感のあるデザインである
  • CV率の上がる(お問い合わせ率を高くする)デザインにするよう一部カスタマイズができる
  • SEO対策(検索順位を上位表示させる)ができる
  • サービス会社(アメブロの場合はアメーバ)のサービス終了で投稿が消えるリスクをなくす

wordpressブログの簡単な開設方法は「行政書士がホームページを最も簡単に制作する方法【6時間】」をご参照ください。

どうしても無料ブログで作りたい方はStrikinglyが、アメブロなど他のものよりも簡単に信頼感のあるデザインを作成できるのでオススメです。詳細は、「【無料10分】Strikinglyで10分でwebサイトを作成する方法」をご覧ください。

 

 

行政書士の個人ホームページを制作会社に依頼する場合やってはいけないこと

やっぱり難しそう、自分で制作するホームページはダサいかもと感じたあなたは、ホームページ制作を外注することをオススメします。そのほうが自分で勉強しなくとも、CV(お問い合わせ)率の上がるサイト設計、SEO対策をしてくれる可能性が高いです。

「地雷なホームページ制作会社に依頼」しない方法は以下をご覧ください。

行政書士のホームページ作成で頼んではいけない制作会社