フリーランスが会社員収入を継続して得られないパターン7つ

フリーランスが営業なしで受注する方法5つ【Youtube】

フリーランスが営業なしで受注する方法5つ

  1. SNS・ブログ
  2. 知り合い(フリーランス・経営者)
  3. 営業パートナー
  4. 制作会社などから継続案件
  5. エージェント登録

エージェントに登録して案件紹介してもらう方法

全て無料登録でき、直受けでマージンが少ないので案件の単価の高いサイトのみを紹介しています。案件の紹介がきたり、エージェントに相談できたりするので、登録しておいて損はないです。時給制の案件も多いですが、駆け出しのフリーランスは普通に受注しても実質時給800円以下など普通なので、これと比較して駆け出しでも時給1500円〜などの案件の豊富な以下のサイトはおすすめです。

ポテパンフリーランス

おすすめポイント

  • 技術の分かるエージェントが案件サポート
  • 直受けの案件が多いので高単価(中間マージンを取られない)
  • 税関連や保険関連もサポート
  • 高単価案件が最短2日で決まる
  • Web上では募集されていない非公開案件も多数

 

midworks

おすすめポイント

  • 長期の仕事をくれるので社員並みの安定した生活を送ることができる
  • 年金や保険など社員同等の福利厚生。保険は半額負担!
  • 書籍・勉強会は1万円、交通費を3万円まで保証
  • 案件が受注できなくてもスキルなどの査定により給与保証してくれる
  • フリーランス特化ではなく、転職も含めたエンジニア専門エージェント

 

 

レバテックフリーランス

  • 業界最大級の案件数
  • 業界トップクラスの高単価報酬、低マージン。参画者の平均年収は800万円
  • 案件参画中のフォローの充実
  • 参画者優待サービス。宿泊施設やスポーツクラブ、映画館の優待チケットの特典

 

 

全てのサイトに登録しておけば単価(給与)が高くなる

おすすめは全てのサイトに登録しておくことです。理由は、エージェントが同一案件を取り扱っていることがあり、単価が異なるため、同じ案件で最も条件の良い契約を結ぶことができるからです。

このようにワーカー側が交渉権をもって比較すると、単価を高くすることができます。

 

 

SNS・ブログから受注する方法

フリーランスが9割の案件を営業なしで受注している方法