学ぶプログラミング言語を間違えると悲惨な話

コンサル退職後の転職先を元IBMが話す。競合コンサル、事業会社、起業の順に多いです

コンサル退職後の転職先を元IBMでコンサルしてた私が説明します。競合コンサル、事業会社、起業の順に多いです。ソースは自分が社内の先輩に聞いたり、実際同期や先輩の転職を知って伝えているので、統計を取っているなどというわけではありません。

コンサル退職後の転職先は、新卒2年目以内とそれ以降で分かれます

まずコンサル退職後の転職先は、新卒2年目以内とそれ以降で分かれます。

ITコンサル新卒2年以内の退職後の転職先

人数が多い順に転職先を説明します。結構バラバラで競合他社に行く人はほぼゼロです。

  • 事業会社に転職
  • 独立・起業する
  • 外国人と結婚して相手国に住む
  • 公認会計士
  • 留学
  • 助教授になる
  • 家業を継ぐ

 

ITコンサル新卒3年以上の退職後の転職先

だいたい大きく以下3つに分かれます。

  • 他社に転職(競合コンサルティング会社やベンチャーの役員、社内でも偉い人は上場企業の役員や社長など)
  • MBA留学
  • 独立・起業する

稀ですが弁護士になった人もいました。

ITコンサルの退職理由は2年以内とそれ以降で異なる

2年以内に退職した人のITコンサルの退職理由は?

スキルは十分ついたとは思ってはいないけど、ほかにどうしてもやりたいことがあり、3年も待てないという考えの人が多いです。

  • 会社が嫌すぎるというよりは、他にとてつもなくやりたいことがあるから(起業や留学、公認会計士など)
  • 結婚など家庭の事情

2年目で既に辞めたいと言っている同期は全体の50パーセントはおり、「ずっとこの会社にいるつもりはない。」と言っている同期も多いです。

理由は、きつい、仕事がつまらないから、がほとんど。しかし、すでに辞めた同期のように明確に他にしたいことがない、状況的に迫られていないためにまだ辞めていないとのことです。

3年目以降退職者のITコンサルの退職理由は?

コンサルは修行の場。3年外資系ITコンサルにいて力がついたという考え前提で退職する人が多いです。

  • コンサルは自分に向いていない。もっと自分に合う仕事をする。
  • 体力が持たないので、年収は下がってももっと楽な仕事をする(特に女性の場合多いです)
  • 自社の昇進スピードが遅いので競合他社で昇進して給与を上げる(その後、位を上げて自社に再就職するケースもあります)
  • このままずっと自社でコンサルするのは飽きてきたけどその後の進路が未定なので、まずはMBAに行って力つけたい。(より年収の高くやりがいのある企業に就職する、起業するという想いを持っていることが多いかと思います)

 

ITコンサルの退職する決定基準は?

そこで元ITコンサルの私が後悔しない退職決定基準を考えました。

コンサル退職後にやりたいことがあるか

やりたいことがある前提で辞めるのが一番キレイだと思いますが、やりたいことが見つからなくても今の生活が限界なら辞めましょう。

やりたいことが見つからないなら「こんな働き方がしたい」という観点から次のステップを決めても良いと思います。例えば「基本リモートで好きな時間に好きな場所で海外ノマドしながら暮らしたい」など。

 

コンサル退職後3ヶ月生きていける費用があるか

まずは、退職後3ヶ月くらいは生きていける費用を貯めておきましょう。3ヶ月の理由は、それだけ時間があれば次の職探しをしたり、自分で独立したりなどの準備ができると思うからです。

ちなみに元コンサルの私の場合は未経験からwebデザイナー、コーダーになりました。元々完全リモートワークで海外でも働けるフリーランスになりたくて、最も効率的に稼げるのがこの仕事だったからです。2か月勉強して初月でIBMの月収を超え、それ以降も継続して会社員レベルの収入を得ています。

興味がある人は、以下の記事を読んでみてください。

フリーランスで最短で稼ぐにはHTML,CSS,wordpressコーディング

 

コンサル退職前にやっておくべきことは、自分の今の年収価値診断

コンサル退職前に自分の年収価値を知ろう

コンサルの退職を考えている人は年収を下げたくない、という人が多いと思うので退職前に、まず年収をキープする、もしくは年収を上げつつ退職する方法を考えましょう。

まず自分の本来の年収価値を知るのがおすすめです。それを一番わかりやすく教えてくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントへの相談で業界動向から今の自分に必要スキルも知ることができます

転職意思が硬くなくとも、まずは自分の年収価値を知って、会社内部だけではなく、業界全体の動向から今後つけるべきスキルを探ることも可能です。
わたしも実際、コンサル1年目の時から転職エージェントに登録し、相談をしたことがあります。
そうすると業界全体の状況から、年収を上げるために自分に足りていないスキルがわかるだけでなく、自分の年収をもっと高くできたり、自分のやりたいことを実現できる他社転職の選択肢も知ることができます。
状況を客観的に見る手段の一つとしてオススメします。

 

コンサルにオススメの転職エージェント

まずは有名で評判の良い転職エージェントに登録してみましょう。なるべく多く登録した方が案件の選択肢が広がるし、色々な視点からアドバイスがもらえるので良いのですが、忙しい方は、まずDODAへ登録してみると、電話相談できるのでオススメです。無料登録しておくと、電話相談、案件紹介を受けることができます。

DODA

DODAは私も使ったことがありますが、かなり丁寧で、自分の希望に合致する案件があるのか正直に言ってくれる、条件に合った転職先も紹介してくれるので助かりました。とりあえずまず1つ登録してみるならこれです。

  • 80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人
  • キャリアコンサルタントの実績、丁寧な対応で様々な相談ができる
  • 転職のプロが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート
  • ESの書き方や面接対策などもフォローしてくれます

 

 

ワークポート

  • 強みであるIT/インターネット業界だけでも約2000社との取引実績有り
  • 常時15,000件の求人を保有!非公開求人も豊富
  • 各業界の転職のプロによる専門性の高いサポート

 

 

ビズリーチ

ビズリーチの特徴
  • 広告概要 管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト
  • 会員数94万人以上、ヘッドハンター1,700名以上、採用企業社数6,700社以上
  • 職務経歴書を登録すると厳正な審査をクリアしたヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が職務経歴書を見て直接声をかけます。
  • 会員制ならではの普段あまり見かけない非公開求人やポジションも多数

 

 

 

年収診断サービスMIIDAS

MIIDASの特徴



  • 自分が持ってる資格や学歴などを答えていくと,推定年収を計算してくれ、オファーをくれそうな企業数がわかる
  • 200万人の年収データから、自分の市場価値を見出すことができる
  • 転職別、年齢別、学歴別の年収データ(200万人以上)の年収データを全て公開
  • 自分と同じようなキャリアを持つ人材が、どんな仕事に、どれくらいの年収で転職しているのかを知ることができる
  • 職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要。ウェブサービスなので人と関わる必要がない

 

コンサル退職後のもう一つの選択肢はフリーランス

では実際にコンサルを退職した後、「生計を立てる」には、転職以外にはフリーランスという選択肢もあります。実際わたしは完全未経験からwebデザイン・コーディングをするフリーランスになり、初月から継続的に会社員収入を得つつ、完全リモートで海外で旅行しながら働いています。

自分と同じようなフリーランスに興味がある人は是非以下の記事を読んでみてください。

フリーランスで最短で稼ぐ方法を知る

フリーランスで最短で稼ぐには、HTML, CSS, jQuery, wordpress。

 

フリーランスになる準備をする

こちらの記事を参考にしてください。最もコスパよく稼ぐのはホームページ制作などのウェブ系フリーランスでHTML,CSS,wordpressが使えるだけで、こなせる案件がかなり多くなります。

フリーランスになるために会社員のうちにつけておくべきスキル

 

お金を準備する

最初は自分の1ヶ月の生活費×6か月くらい貯金があると望ましいです。私は80万円の貯金でフリーランスをスタートしました。

退職してフリーランスになる準備金はいくら?

 

ITコンサルは独立できない?【元ITコンサル現役フリーランスの苦労話】

IBMを新卒3年目で退職した理由。ITコンサル職からフリーランスへ。