収入・働き方別プログラミング言語の選び方

isaraでエンジニアになって1週間でweb制作案件を8件受注した方法

バンコクのフリーランス講座であるisaraでエンジニアになって講座終了10日目までにweb制作8案件獲得しました。(4件納品済み)

今回は、具体的にどのように案件獲得に至ったのかを紹介します。

 

isaraでエンジニアになって1週間でweb制作案件8件受注した方法

  1. コーディングだけで受注しない
  2. こんなクライアントを狙え
  3. 不利なフリーランス受注競争から逃れろ

 

isaraでエンジニアになって受注したWEB制作案件の内訳

  • LP(ランディングページ制作)制作:3件
  • wordpressサイト制作:5件

この2つは他のウェブ案件(ウェブアプリやスマホアプリ、ECサイト制作など)と比較すると圧倒的に難易度やが低く、案件が取りやすいです。(その分単価も低くなりますが)

また、ウェブデザイン単体案件などとは違いコンペ案件が少ないために、消耗せずに確実に案件が取りやすいです。

 

コーディングだけで受注しなかった

→デザイン・SEO対策も行う

業務の内訳

  • コーディングのみ:2件
  • +デザイン:4件
  • +デザイン+SEO対策:2件

デザインやSEO対策も行うと格段にウェブ制作案件が取りやすくなります。

クラウドワークスで見てもらえればわかりますが、デザインやSEO対策もセットで依頼される案件が多いです。コーディングのみやりたい、と言うと、デザイナーを見つけてきてくださいと言われることも。

実際自分が獲得した案件の内訳も上記のようにコーディングのみの案件は8件中2件のみです。

ちなみにデザインから担当すると、コーディングしやすいデザインに決めることができるのでおすすめです。

 

こんなクライアントを狙え

→複数案件 or 継続案件がありそうなクライアントを狙う

案件の獲得元

  • 制作会社:3件(+α今後も流してくれるらしいです)
  • 経営者:4件
  • クラウドワークス:1件

営業はメール送る以上に時間がかかることがあるので、効率的に済ませましょう。

複数案件を持っている or 継続案件のありそうなクライアントを狙いましょう。

よって制作会社、サイト などを継続的に改修しそうな方、他の案件も紹介してもらえそうな経営者を狙うと良いでしょう。

 

不利なフリーランス受注競争から逃れろ

→クラウドソーシングサイトを使わない

上記の自分の案件の獲得元を見るとわかると思いますが、クラウドソーシングサイトは1件のみです。新規参入者がクラウドワークスで案件を獲得するのはかなり低単価でないと難しいです。

わたしはクラウドワークスで他の案件を行なった経験があり最高評価がついている&プロフィールもかなり充実させているものの、20案件送って返信が来て直案件に繋がるのはだいたい1件でした。

理由は、クラウドワークスやランサーズなどクラウドソーシングサイトは既にかなりの案件数をこなしている人多くおり、彼らの方が圧倒的に依頼されやすいためです。よって直営業をしましょう。

わたしが行った具体的な直営業方法

  • SNS(twitter)での公募→3件の依頼(実際の公募は上記)
  • 自分のプロフィールでの公募→2件の依頼

他のisara3期生が行なっている直営業方法

  • 近所の制作会社に契約してもらう or 案件ないか問い合わせ
  • 営業パートナーをつけて案件を取ってきてもらう
  • サイトがイケてない企業にサイト改修しませんか?というメールを送る

ちなみに最も案件を多く獲得できているのは制作会社への応募です。

 

isaraでエンジニアになりたくても、参加できないかも?

isaraにこれから参加したいと思っても、相当倍率が高いため参加できないというのが現状です。

isaraに参加できなくとも、自身で稼げるレベルになる方法として以下を参考にしてください。

フリーランスで最短で稼ぐにはHTML,CSS,wordpressコーディング

 

また、isaraは1500人以上( 4期の場合)の資料請求があったそうで、受講するのにはかなり高い倍率をくぐり抜けれなければなりません。

もしisaraに受講できなかった方には、「理想の生活スタイルから学ぶプログラミング言語を選ぶ」ために「このプログラミング分野を学んでも理想のフリーランス生活は手に入らない」記事がおすすめです。