Web制作で速く稼ぐための勉強法

iSaraの評判!バンコクでフリーランス講座を受けた実体験【ステマなし】

タイバンコクでisaraのフリーランス講座に参加した私が、実体験に基づいた評判をお伝えします。

私は2018年6~7月にiSara3期に参加しました。

iSaraを紹介しても私に一銭もお金が入らないし、ありのままの事実を伝えた記事です。

iSaraと他の講座の違いの評判

iSaraは何になるのを目指す講座?

iSaraは約2か月間で、Web制作(コーディング)できるフリーランスを養成する講座です。

厳密にはプログラミングではなく、コーディング(HTML、CSSなど)で稼ぐことを目指します。

だからiSaraで学んだらプログラマーやフロントエンジニアではなく、コーダー・マークアップエンジニアになります。

2ヶ月という短期で稼げるようになること、主にリモートワークで稼げることを目指すために、コーディングのカリキュラムになっているんだと思います。

 

iSaraの講座内容

iSaraの講座は2ヶ月間あります。

事前学習1ヶ月の自宅講座内容

最初1ヶ月は自宅学習なのですがコーディングをゴリゴリ勉強しました。

2ヶ月目のタイでの講座内容

現地学習1ヶ月ではタイバンコクで営業方法を学びました。

そのほか現地学習では、SNSマーケ・SEOなどを少し学びました。

 

他のプログラミングスクールとの違い

  • 必要最低限のスキルで稼げるようになることを重視
  • よりリモートワークしやすいスキルを得る

iSaraでは、HTML, CSS, jQueyなど、リモートのフリーランス案件の多いコーディングのWebサイト制作方法を学びます

具体的に作れるようになるものは、LP(ランディングページ)、WordPressサイトです。

これらは普通のプログラミングで稼ぐよりも単価は低くなってしまいますが、リモートワークがしやすくスキルを身につけるのが簡単です。

 

iSaraの参加者のスペック・卒業後

iSaraの参加者のスペック

私が参加したiSara3期では17人が参加しました。20代〜40代の方が参加され、男女比は10:7で同じくらいでした。

元IT系が20%を占めていましたが、コーディング初心者がほとんどでした。

全員が海外志向な訳ではなく、1年後に実際に海外メインで生活しているのは自分含めて3人ほどです。

ほぼ全員の方の拠点は日本ですが、その中でも1年に数回のみ海外ノマドするという方もいます。

2020年に私は日本に帰国したので、その後海外を主な拠点にしている人はゼロかもしれません。

 

講座後のメンバーの卒業後

iSara卒業後すぐ

iSara卒業後すぐに就職された方が2名いました。

一人は制作会社に就職、もう一人はサーバーサイドエンジニアになるために就職されました。

他の人は、私が知る限りではコーディングで稼ぐ人が大半で、コーディングではなく、ブログ・アフィリエイトメインでやってる人もいました。

iSara卒業後半年後

卒業後、半年経った時点では、生存が確認できる人では、引き続きコーディングをメインで稼ぐ人がほとんどでした。

ディレクション、営業、デザインも行うようになった人もいますが、その時点では少数派でした。

iSara卒業後1年半後

1年半以上たつと、これまでフリーランスをしていたものの、制作会社、Webマーケ会社、その他フロントエンジニアとして就職した人がいました。

という感じで、みんなフリーランスでコーディングをしているわけではなく、就職したり、他の仕事をメインでフリーを続けたりなど選択肢は様々です。

きちんと連絡を取ってないので「誰が何をしているのか」把握できてませんが、他にも就職したり、何か違うことをしている人がいるかもしれません。

大学生の進路は?

受講当時は大学生だった参加者は、そのまま大学に通いながら制作会社でインターンしたり、休学したりなどでした。

 

iSaraはスキルつくの?稼げた?

事前学習のスキルレベルは?

事前学習(isaraでの学習1ヶ月目)後のスキルレベルは、一言で言うと、LP(ランディングページ)とWordPress制作なら、実案件で頻出なものはほぼ何でもできるようになりました。

HTML,CSSサイト制作

合計10個のWebサイト制作の練習をして、最終課題のこちらサイトをPC&SP両方で制作できるようになりました

WordPress制作

自作でテーマを作れるようになりました。

この2点に関してはわからない部分があってもググればほぼ全て自力で解決できます。

 

どれだけ案件受注&納品できた?

私の場合は、iSara講座終了10日目の時点で8案件受注、4案件納品済みというペースでした。

初月全体では10案件受注できました。

(上記のツイートは、iSara講座期間中のツイートなので、獲得案件数が若干違っています)

納品が早い理由は、納期が早いクラウドソーシング系の案件、1ページのLPなど、すぐ終わらせられる案件を受注したからです。

元々の知り合いから受注したり、クラウドソーシングなどいろいろな方法を駆使して営業したので、多くの案件を受注できたのだと思います。(ただしクラウドソーシングはオススメしません)

講座期間中に4案件納品しましたが、みんなとご飯食べに行ったりせずに、休憩もほぼ取らずに、ひたすら案件をこなしていました。

講座期間内にあった飲み会のほとんどは欠席し、最終日の打ち上げも途中で抜けて仕事をしていたのは私くらいだったと思います。

おかげで講座の中盤頃から、常に頭が痛く発熱し、毎日冷えピタをしないと仕事ができなかったです。

全然休んでおらず、とにかく仕事!仕事!って感じでしたが、長期的にはまじでオススメしません。

おかげで1ヶ月くらいずっと体調が悪くて、まともな休日を1ヶ月くらい取っておらずノイローゼになりました。

休み方が下手なフリーランスが1ヶ月休んだ結果

 

iSaraのタイバンコクでの生活は?

iSaraの現地講座中の生活

講座期間中は、コワーキングスペースがあり作業するのに快適でした。

また、安いローカルのタイ料理が最低1食100円程度で食べられるため、食費を抑えることができました。

バンコク郊外なので、ローカルのタイ料理は中心地の1/2以下の値段で、質も中心部より良かったです。

ただし油が良くない可能性があるので、ずっと食べ続けると体に悪いかもしれません。

付近に最低限生活に必要なショップは揃っていました。

 

iSara周辺の生活の動画

実際、タイのバンコク郊外のこの動画のような感じです。

カフェも3つほどあって、夜にフラフラ出歩かない限り、平和な感じです。

 

iSaraに参加したい人がすべきこと

iSaraに参加して成果が出る人の特徴

初月から成果を出すなら事前学習期間のコーディング学習の進み具合・営業力の2点次第です。

無駄な勉強はしないよう、以下のやるべきこと、やらないことを見ておくことをおすすめします。

プログラミングスクールiSaraに参加したい人がやるべきこと、やらなくていいこと

 

稼ぐまでに必須のコーディングの問題

以下にiSara3期の課題をこなす上で、私がよくぶち当たった問題をまとめています。

Progate卒業後の初心者がしがちなエラー15

レスポンシブにならない?初心者がよく間違えがちなミス5選【コピペ5分】

と言ってもこのあたりの記事は私がProgate卒業後すぐに書いた記事で、リライトしていないのもあるので、参考にならないものもあったらすいません。

でもこのあたりはほぼ確実に事前学習でぶち当たるエラーだと思うので、解けるようになっておきましょう。

 

iSaraのデメリット

開催のタイミングが不明

iSaraは年間を通して「いつ開催されるかがわからない」ため、タイミングによって参加できない人もいます。

これまでは、講座開始2週間前とかに開催のアナウンスがされていました。

また、現地講座が3週間あるので「会社員が副業するために長期休みを取ってiSaraを受講する」というのは、難しいと思います。

 

抽選制なので参加できるかわからない

また、参加できるのが毎回20人前後で抽選制なので、応募しても参加できない人も出てきます。

実際私がiSara3期に参加した時も、2期に応募したけど抽選に外れましたという人が参加していました。

 

2ヶ月で高スキルなプログラマーになれない

iSaraは、前述したように、2ヶ月という最短の期間でコーディングで稼げるようになるためのスクールです。

なので、iSaraを受講しただけで、ゴリゴリのバックエンドのエンジニアとして就職できたり、一般的なWebサービスの開発はできません

iSaraに参加して作れるようになるのは「ホームページ」と思うのが分かりやすいです。

このレベルのスキルでWeb制作会社などに就職すると平均収入は低くなりがちなので、

フリーランスになってうまく営業する・仕組み化する、他の仕事も一緒に組み合わせる方が収入は高くなると思います。

iSaraに参加しただけの知識・スキルで稼げる人は、圧倒的に営業力がある人・仕組み化が上手い人です。

 

既に20万円稼げた人は不要?

既に自力で案件を獲得して既に月20万円稼いでいる人は、「iSaraに来なくても今後も自力で稼げるのでは?」と思います。

(私が受けた当時の講座は)初心者が初案件を受注するまでというレベルに合わせた講座だったためです。

私が講座を受けた当時は、iSaraの事後サポートも「20万円ほど稼げるまでサポート」というふうにしていたので、「月20万円を自力で稼げるか」を一つの目安にして、参加するかどうかを考えると良いと思います。(今はどうかわからないので運営の方に聞くのが良いと思います)

 

iSara評判まとめ

20万円以上を払う価値はある?

現在無料でWeb制作で稼ぐ方法が、多くのブログで無料公開されています(私が受講した時期は、こんなに情報が多くなかったです)。

その中でiSaraにお金を払って通う一番のメリットは、「周りに相談できる・情報交換できる人がいる」という「安心感」だと思います。

1人では不安な人、初月から飛ばせる「マインド」が欲しい人、どうせ通学制のスクールなら海外が良い、という向けの講座です。

プログラミングスクールは他にもたくさんあるし安い買い物ではないので、自分にあったスクールに参加すると良いでしょう。

 

iSaraの抽選に漏れた場合

isaraはかなりの数の( 4期の場合)の資料請求があったらしく、受講するのは倍率が高いらしいです

次の募集がいつあるかわからないので、参加できるか否かは「運とタイミング」みたいなものでした。

「iSaraにこれから参加したいと思ってもなかなかできなかったよ」という人は、「独学で稼げるレベルになる」方法として以下の記事が参考になれば幸いです。

私がiSaraを受講した2018年前半はWeb制作で稼ぐ方法があまり出回っていなかったのでiSaraに参加しましたが、現在は独学で学習する方法がたくさん出回っており、それで稼いでる人もいます。

抽選に漏れたら、自力で頑張るのもアリな選択肢だと思うので、頑張ってください!

web制作で稼ぐ勉強方法!無駄な勉強をやめて速く稼ごう