フリーランスが営業なしで受注する方法5つ

外資系企業で評価されない行動を外コンが語る【努力は報われない】

外資系企業で評価される行動、評価されない行動を元外資コンサルが暴露します。

筆者は外資系企業でITコンサルタント、エンジニアをしていました。

高評価をもらうにはクライアントや上司に気に入られることが重要です。

そこで2年間で、色々な同僚を観察したり、自分自身の経験を踏まえて見出した「評価される方法」「頑張っても評価されないこと」を解説します。

 

外資系企業で評価される行動5つ

一言で言うとプロジェクトを円滑に進めてくれる人が気に入られます

1.基本的なスキルをつける

ほとんどどの職種も共通して使うのがパワポやエクセル。外資系企業の人たちがこぞって勧める以下の本をこなせるレベルになりましょう。

パワポ

エクセル

エンジニアの基本知識(エンジニアの場合)

基本情報技術者試験を受けることが多いですが、一番わかりやすいと評判なのがこちらの本です。

基本情報技術者試験を受けずとも、このレベルの知識は持っているのが前提で仕事が進められます。

 

2.仕事を速く終わらせる

何か頼まれたら光の速さで終わらせましょう。そのためには相手と自分のの完成図の認識を速い段階で合わせる必要があります。手戻りを避けましょう。

よって、1割、3割、8割の完成度で都度レビューをもらう必要があります。

上司と認識を合わせて、出来ないと思ったらその旨をすぐに伝えること、時間がかかりそうであればその旨と「なぜ時間がかかるのか」「どうすれば時間を短縮できるのか」を伝えましょう。

たとえば資料作成の場合、上司から「こんなメッセージを伝える資料の作成をお願いしたい」と言われるとします。その場合、上司に3回はレビューをもらいましょう。この段階に分けることでかなり速さが変わります。

  • 1割の完成度:紙にメインメッセージと、サブメッセージ、コンテンツ(内容をわかりやすく示す図を書く)を書いてイメージ通りか認識を合わせる
  • 3割の完成度:パワポに体裁を整えずに内容を書いてイメージ通りか認識を合わせる
  • 8割の完成度:体裁(色の配色など)をざっと整えてイメージ通りか認識を合わせる

 

3.なんでも正直に聞く、わからないまま終わらせない

「話しが通じる」と、気に入られます。「話しが通じる」とはプロジェクトの内容(背景・使用するシステム・段階や今後の課題など)がわかっていることです。

ただ、新しく参画してすぐに内容を理解することは難解です。また、プロジェクトに入って長いのに、基本的なことについて質問すると煙たがられます。

よって、プロジェクトに入ってきてすぐにわからないことをなるべく多く洗い出して疑問点を全て解決することが重要です。

プロジェクトに入って長いのに、基本的なことがわからない場合は、聞く相手がイライラしていない時、時間に余裕がありそうな時に聞いて穏便に回答を得ましょう。

 

4.自分のタスク+αのことをする

自分に与えられた仕事+αのことを業務時間内にしましょう。

業務時間外に行うと残業代のことを気にされて仕事を振ってくれないかもしれません。

ここで注意すべきは、今後スキルがつきそうなタスクを選ぶことです。

ただ時間がかかるだけの雑用タスクはなるべく避けて、マクロができるようになる、ピボットができるようになるなど、今後のスキルとしてPRしやすいタスクを選びましょう。

 

5.柔軟で穏やかな態度をとる

いくら優れた意見を持っていても、攻撃的な態度の人と一緒に仕事をする気は失せます。仕事の悩みで最も多いのは人間関係と言うことからも業務態度はかなり重要です。

クライアントや上司にたとえ理不尽な責められ方をしても、決して怒りを表に出してはいけません。

それで勤務時間などが長くなるようだったら、上司を訴えるよりも、爽やかに「かかりつけ医に行かなければならない」「手続きがある」など、重要そうな予定を事前に伝えておき、穏便に帰宅しましょう。

どうしても長時間労働が続くプロジェクトであれば、「他のスキルをつけたい」「身体的に限界」などと言ってプロジェクトを穏便にさっさと抜けましょう。文句をタラタラ言うのは非生産的です。

プロジェクト内でスケジュール表を共有しているはずなので、1週間前には予定を書き込んでおきましょう。

 

外資系企業で評価されない行動2つ

プロジェクトの結果に関係ないことをしても気に入られません

1.飲み会などに参加して交友を深めること

クライアントや上司との交流は大事かと思われがちですが、飲み会程度で仕事に影響を及ぼすほど仲良くなることはまずありえません。

プロジェクトメンバーが仲の良い現場は飲み会に行かずとも元々仲が良いです。

私は、みんな飲み会大好きで飲み会が頻繁に開かれる少人数プロジェクトに入っていた時、全て飲み会を断っていましたが(アルコール飲めない&早く家に帰宅したい&勤務時間内で十分プロジェクトメンバーと仲良くする機会があったため)、評価やプロジェクトメンバーとの関係性は変わらなかったです。

 

2.長時間勤務をすること

完全実力主義なので、結果を出せばこれらのことは関係ありません。

むしろ、長時間勤務をしてあとで残業代を出さなければいけないことになることの方が上司にとって問題になります。

 

外資系企業で評価されないままなら?

外資系企業にいても評価をあげられない場合は、自分の市場価値・年収価値を測り、転職できる準備をしておくのがオススメです。

webで無料のグッドポイント診断を受ける


まずは自分の適正を知るために、webで無料のグッドポイント診断を受けるのがオススメ。

グッドポイント診断はリクルートがやってる無料のweb診断で、有料の自己分析ツールであるストレングスファインダー並みに、自分の強みや適正がわかる診断結果が得られると有名です。

この結果を受けて、転職先を絞るのがオススメです。

 

無料の転職支援サービスで相談

次にエージェントへの相談で自分の市場価値を知るのがオススメです。

業界知識が豊富なエージェントに相談することで自分の年収価値を知って、会社内部だけではなく、業界全体の動向から今後つけるべきスキルを探ることも可能です。

まずは有名で評判の良い転職エージェントに登録してみましょう。

なるべく多く登録した方が案件の選択肢が広がるし、色々な視点からアドバイスがもらえるので良いのですが、

まず有名で評判が良いJACリクルートメントDODAへ登録してみるのがオススメ。

JACリクルートメント

JAC Recruitment

  • ミドル・ハイクラス向けの高年収案件に特化しているのが特徴
  • 外資系などの案件あり、年収600万円以上〜を目指す人向け

 

DODA



 DODAは私も使ったことがありますが、かなり丁寧で、自分の希望に合致する案件があるのか正直に言ってくれる、条件に合った転職先も紹介してくれるので助かりました。とりあえずまず1つ登録してみるならこれです。

  • 80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人
  • キャリアコンサルタントの実績、丁寧な対応で様々な相談ができる
  • 転職のプロが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート
  • ESの書き方や面接対策などもフォローしてくれます