フリーランスが会社員収入を継続して得られないパターン7つ

ウェブ制作の情報設計で単価を上げる方法【5分】

ウェブサイトの情報設計をする方法をお伝えします。私が受注する案件はほとんどクライアントからの直案件で、企画、設計、デザイン、コーディングまで1人で行っているのですが、今回は企画〜設計で必要になるウェブサイトの情報設計の方法をお伝えします。

 

ウェブサイトの情報設計ができると単価が上がる

ウェブサイトの情報設計とは、ウェブサイト制作の企画〜設計の段階で必要となることで、これを行なった後にデザイナーがデザイン、コーダーがコーディングをしていきます。

ウェブサイトの方向性を決める指針であるため、ウェブサイトでCVが上がるか否かを大きく貢献することができます。

それと合わせて、本来ディレクターが行う領域(企画、設計)も行うことになるため、単価UPに繋がります。

ウェブサイトの情報設計を行うには、制作会社から受注するより、クライアントから直で案件を受注する方が任せてもらえる可能性が高いです。

 

ウェブサイトの情報設計を行う方法

  1. ウェブサイトの現状分析・原因・解決策を考案する
  2. ウェブサイトの構造設計をする

1.ウェブサイトの現状分析・原因・解決策考案をする

流れ

1.ウェブサイトの問題分析
2.原因分析
3.解決策考案

合わせて行っておきたいこと

・ユーザーを具体化する(ユーザーをペルソナ化する)
・ユーザーはウェブサイトを見てどんな感動を得られるのか
・ユーザーにどんな行動を取らせるのか(どのようにサイトの流入し、CV(お問い合わせ、登録)するのか)
・ユーザーに狙った行動を取らせるために何をするのか(どんな情報を与えるのか)

など

 

2.ウェブサイトの構造設計をする

流れ

1.必要なコンテンツの洗い出し
2.コンテンツに優先順位をつける
3.コンテンツの見せ方を決める

サイトマップ・ディレクトリマップで情報を整理する

3.で情報を整理するのに必要となるのが、サイトマップ・ディレクトリマップです。入れたいコンテンツをどこに入れるか、サイトの構造を決めます。
サイトマップの例は以下です。(「クラウドベースのワイヤーフレーム作成ツール Caccoから引用」)

ワイヤーフレーム設計で情報の見せ方を決める

次はサイトにどのようにコンテンツを配置していくかワイアフレームを設計します。

ワイアフレームの例は以下です。(「クラウドベースのワイヤーフレーム作成ツール Caccoから引用」)

 

3.合わせて意識すること

合わせて意識することとしてユーザー体験を考えることです。こちらについては以下で紹介しているので参考にしてください。

【5分】UXデザインの手法6つ。初心者がウェブ制作で使える方法も