学ぶプログラミング言語を間違えると悲惨な話

胡散臭いインフルエンサー・情報商材屋と叩かれない方法

SNS上では胡散臭いインフルエンサーがいると言われています。

フリーランスになってから、twitter、ブログ、youtubeをやっているので、そのうちいわゆる界隈感に染まって胡散臭いと叩かれるのが嫌なので、叩かれない対処法を書いてみました。

ゴロニャン

フリーランスTwitter界隈にいると、影響を受けて自分の行動が胡散臭くなりそうで不安
なので「胡散臭いインフルエンサー・情報商材屋と叩かれる人の特徴」について、元堅めの会社員の目線から書いていくよ

ニャンニャン

ゴロニャン

この記事を書く目的は、胡散臭いインフルエンサー・情報商材屋を叩くことではなく、「真っ当な方法で価値のある自分のノウハウを売りたいだけなのに、胡散臭いと叩かれない」ようにすること

 

胡散臭いインフルエンサー・情報商材屋とは?

そもそも「胡散臭い」インフルエンサー・情報商材屋とは、以下2点の要素を満たす場合だと思います。

  • 最終目標が情報商材を売りつけること
  • 売りつける商材の元となる実績を盛りすぎ or 嘘っぽい

なぜ胡散臭いインフルエンサー・情報商材屋が生まれるのか?

胡散臭いインフルエンサー以外も情報を売っている話

情報商材の定義は「主にインターネットを介して売買される情報」です。

なので、情報商材を買うことは、「情報を買う」という点では電子書籍と同じだと思う

ニャンニャン

ゴロニャン

でも本を買う人は多いですが、「情報商材」を買う人は多くなく、抵抗ある人も多い。

なぜ、こんなに「胡散臭いインフルエンサーの売る情報商材」は怪しいと思われるのか?

「本を売る」のも情報商材も「情報・ノウハウを売る」という点では結構似てるのに、前者は叩かれるけど後者は叩かれにくいのは何故?

ニャンニャン

それはこれまで情報商材の媒体で売られている商材が「怪しい情報」が多かったから、あとは、「見慣れない媒体」だからだと思います。

本であれば、あまり知らない人や経歴がよくわからない人でも、タイトルと出だしの内容次第で買う人はいるのに、ネットで情報媒体を買うときは、あまり知らない人が書いたものはあまり買われません。最近、有料noteで情報商材っぽさをなくす媒体が出てきていますが、それでもそれを買うことを躊躇する人は多いと思います。

ゴロニャン

気軽にインフルエンサーを信じるのは抵抗ある!適当なことなんていくらでも言える

胡散臭いインフルエンサー・情報商材屋と叩かれる人の特徴と叩かれない方法

では、胡散臭いインフルエンサー・情報商材屋と叩かれないために、その特徴と叩かれない方法を押さえましょう。

胡散臭いインフルエンサーは「何で稼いでいるかよくわからないし本当か怪しい」

胡散臭いインフルエンサーは、「稼いでいる」アピールをするけど、実際何で稼いでいるかよくわからなかったり、本当に稼いでいるか怪しいです。

例えばプロフィールに「月収100万」と、書いてあるけど、何で稼いでいるかよくわからない場合です。
ウェブ制作してる様子もないし、ブログでも稼いでる様子はないし、アフィリエイターでもない。

ゴロニャン

収益元は謎の状態で「稼ぎました!方法を4980円で教えます!」みたいな場合は、ただの情報商材屋っぽく見える
「ノースキルのアラサーでも月収100万円稼げる方法を教えます!4980円のnoteで売るよ」みたいな売り出し文句で、具体的な情報「何で稼げるのか」「具体的な方法」が最初に分からないとか怪しいと思う

ニャンニャン

 胡散臭いインフルエンサーは、ただのモチベーション論を販売する

情報商材が「誰でもできる!稼いだ方法教えます!」という売り方をしているのに、「内容がただのモチベーション論になる」場合、胡散臭いです。

もちろん、成果を出しているのが目に見える場合や、情報商材の売り出し方として「モチベーションや心構え」を中心に書いていることが分かる場合は別ですが。

ゴロニャン

結局モチベーション論しか書かれていないと、筆者が稼いでいたかもわからないし、胡散臭い

 胡散臭いインフルエンサーは、再現不可能な稼ぎ方を販売する

再現不可能な稼ぎ方を販売する場合、それを先に言わないと「胡散臭い」と言われる原因になると思います。

例えば、「若くてかわいい女子だからこそできた方法」を世の中全般の人に販売しても、期待はずれと思う人が出てくるからです。

胡散臭いインフルエンサーは、商材を買わせる誘導が見え見え

胡散臭いインフルエンサーは、商材を買わせる誘導が見え見えなのも一つの特徴です。

一例を挙げると、「たくさん稼いだ」「生活余裕すぎ」みたいな情報ばかりを発信し、情報商材を売る媒体へ誘導する場合です。

ゴロニャン

商品を買わせる誘導が見え見えの発言をしていると怪しい。

ゴロニャン

Twitterのプロフィールに「月収100万円の稼ぎ方教えます」「詳しくはメルマガ、LINE@へ登録」という文言がよくありがちなのが特徴

胡散臭いインフルエンサーは、発言内容が薄くて胡散臭い

ゴロニャン

至極当たり前のことを、あたかも、皆がこれまで気づかなかった超有益情報かのように発信してる
ひたすらどこかで聞いたことがある自己啓発発言をしてる

ニャンニャン

胡散臭いインフルエンサーは、「見た目」が怪しくて胡散臭い

行動で怪しいのは上記の場合ですが、視覚的に怪しいのが以下の場合。情報商材屋によくあるパターンということでTwitterアカウントの事例を紹介します。

  • テンションがやたら高い
  • 煽ってくる
  • プロフィール文が異常に長く「稼ぐ系」ワードが多い
  • 謎の肩書き付き

胡散臭いインフルエンサー・情報商材屋と叩かれる人の特徴まとめ

ほとんどの人は「胡散臭いインフルエンサー・情報商材屋」と、叩かれませんが、自分で何かしら情報や自分の商品を売りたい場合に叩かれる場合があります。

それが本当に良い商品なのに、胡散臭いと叩かれることほど悲しいことはありません。

内容もそうですが、胡散臭いと思われない「行動」や「見せ方」に気をつけましょう。