フリーランスが会社員収入を継続して得られないパターン7つ

IBMを新卒3年目で退職した理由。ITコンサル職からフリーランスへ。

IBMを新卒3年目で退職した理由と、転職せずにフリーランスになった元ITコンサルのわたしの実体験を書いていきます。

IBMを新卒3年目で退職した私の自己紹介

慶應義塾大学の法学部法律学科を卒業後、新卒でIBMのITコンサルタントとして就職しました。

IBMに就職した理由

  • 外資なら成長スピードが速くすぐに独立できそう(入社前から3年くらいで退職するつもりでしたし、転職するのが一般的な文化でした)
  • もともとコンサルの仕事が飽きなさそうだからやりたくて、IBMはIT系のテクノロジー研究も行っているから、コンサルと組み合わせれば面白いことができそうだから
  • 初任給で500万円程度はもらえるので、一般的な新卒より高めだから

IBMで行った業務

UX部門(正式名称は異なる)に所属し、コンサルティングがメイン業務でしたが、一部エンジニア業務も行っており、バックエンド開発、テスティング自動化、DB構築、SalesForce導入、AIやIoTビジネス調査・戦略など様々なことを行ってきました。

海外系の仕事がしたかったので、若者の海外派遣プログラムでインドやシンガポールのIBMやクライアント企業に出張しつつ業務したり、日本にいるプロジェクトでもインド、オーストラリアやシンガポール支部と一緒に仕事をしました。

一つのプロジェクトに留まるより、色々なことをしたかったので、2年で合計6つほどの様々なプロジェクトに入りました。

IBMを新卒3年目で退職した理由

IBMを新卒3年目で退職した理由は以下5つです。

  1. やりたいことができない
  2. つけたいスキルがつかない
  3. 成長スピードが遅すぎる
  4. 会社員生活が合っていない
  5. 自分のロールモデルがいない

 

やりたいことができない

まずは、「やりたいことができない」です。
会社なので当たり前なのですが、2年在籍して「自分がやりたい」と思うプロジェクトに入れたことがほぼなかったです。
そもそも、会社に存在しているプロジェクトの中で、自分がやりたいことができるプロジェクトは数個ほどしか見つけられませんでした。(この時点でまず入る会社、業界を間違えた感は否めないのですが)

私の場合は特に「人気プロジェクト(新規事業やウェブマーケのIT支援など戦略系)」または「プログラミング(コーディングする)」プロジェクトに入りたかったのですが、前者については、プロジェクトを抜けるタイミングと合わなかったり、知り合いにつないでもらえないと行きたいプロジェクトに入る難易度がぐんと上がるコネの世界だったりしました。
また、ブラックプロジェクトが少なくなく、深夜帰りとか、土日のどちらかも働くこともありました。そして戦略系のプロジェクトの数は少ないし、もともと戦略系のプロジェクトの人にいた人が有利です。

後者については、そもそも「プログラミング(特にフロントコーディングする)」は、中国やインド、フィリピンのやすい人材が行なっており、日本IBMの社員の仕事として存在していませんでした。なので、これについては、自分でスクールに通って学んでいました

他のプロジェクトで人気なのは、海外出張できる系、英語使える系ですが、業務内容的にはみんなつまらないと、いっていることが多いです。

そもそもコンサルティング職では「やりたいことが特にない」人が多かったですが。

つけたいスキルがつかない

IBMにいてつけたいスキルをつけるのは、効率が悪いし、かなり難しいと思いました。
前述のように、そもそも自分のつけたいスキルがつくプロジェクトが人気だった or 存在しなかったので、プロジェクトに入るのが難しい上に、新卒で下っ端なのでほとんどの場合、一番やりたい部分を任せてもらえないという感じでした。新卒会社員なので当たり前ですが、普通に結構雑務は多かったです。

なので、休日や業務時間外に自分でスキルをつけてました。新規事業系のスキルについては、自分で本読んだり、ネットで漁って勉強して、プログラミング(正しくはフロントエンドのコーディング)については、スクールに通って学びました。フロントコーディングをしたかった理由は、一番フリーランスとして効率的に稼げる仕事だからです。(その理由は「フリーランスで最短で稼ぐには、HTML, CSS, jQuery, wordpress」をどうぞ。)

成長スピードが遅すぎる

外資ってもっと成長スピード早いのかと思っていたのですが、わたしの環境では遅すぎました。

大企業の末端の下っ端として、雑務(業務)をこなすスキルはつくものの、これって代替可能なものではないかと思ってます。
あとは定性的なスキルばっか成長して、定量的なスキルがつくスピードがかなり遅かったです。
将来独立を考えた上で、それに必要な「食っていける」スキルがつかない!と思い、ずっと焦っていました。

自分なりにもがこうと、プログラミングスクールに通ったり、本でウェブマーケや事業の作り方などを学んだりなどしてました。(独立するために学んだプログラミングについては「このプログラミングをを学んでも理想のフリーランス生活はできない」をどうぞ)

会社員生活が合っていない

そもそも自分の理想の生活スタイル、つけたい成長スピードからして会社員生活でそれをうまく実現するのが難しいと思いました。
理想の生活スタイルは海外ノマドフリーランスとして、色々な場所を旅しながら完全リモートで、好きな時に好きな仕事をする、休むタイミングも選べるし、2-3ヶ月休みとかも気軽に実現できる、というものです。これは今の自分のスタイルです。

成長スピードについては、早くつけたいのでスキルに結びつかないような無駄な作業は全て捨てて、そのスキルアップになるべく集中できるような環境が良いと思ってました。

自分のロールモデルがいない

会社に自分のロールモデルがいなかったので、数年後に会社にいるイメージがつきませんでした。
自分の周りにいる同僚としては、仕事の姿勢や人柄、スキルなど尊敬する人はいましたが、「私がやりたいことを、やりたいようにやってる」人がいないように感じました。

 

IBMを新卒3年目で退職する前にもがいたこと

自分の市場価値を知る

まず自分の本来の市場価値を知りました。それを一番わかりやすく教えてくれるのが転職エージェントです。転職する気が100%ではなくとも登録している人は多いですし、実際わたしも新卒1年目の頃から登録していました。

転職エージェントへの相談で業界全体の動向から今後市場価値を上げるのにつながるスキルを知りました

転職意思が硬くなくとも、まずは自分の市場価値を知って、会社内部だけではなく、業界全体の動向から今後つけるべきスキルを探ることも可能です。
わたしも実際、コンサル1年目の時から転職エージェントに登録し、相談をしたことがあります。
そうすると業界全体の状況から、市場価値を上げるために自分に足りていないスキルがわかるだけでなく、自分の年収をもっと高くできたり、自分のやりたいことを実現できる他社転職の選択肢も知ることができます。
状況を客観的に見る手段の一つとしてオススメします。

 

一番オススメの転職エージェントはハイクラス特化のビズリーチ

ビズリーチの特徴
  • 広告概要 管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト
  • 会員数94万人以上、ヘッドハンター1,700名以上、採用企業社数6,700社以上
  • 職務経歴書を登録すると厳正な審査をクリアしたヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が職務経歴書を見て直接声をかけます。
  • 会員制ならではの普段あまり見かけない非公開求人やポジションも多数

 

 

年収診断サービスMIIDAS

MIIDASの特徴

  • 自分が持ってる資格や学歴などを答えていくと,推定年収を計算してくれ、オファーをくれそうな企業数がわかる
  • 200万人の年収データから、自分の市場価値を見出すことができる
  • 転職別、年齢別、学歴別の年収データ(200万人以上)の年収データを全て公開
  • 自分と同じようなキャリアを持つ人材が、どんな仕事に、どれくらいの年収で転職しているのかを知ることができる
  • 職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要。ウェブサービスなので人と関わる必要がない

 

 

退職決定基準を知る

まずは、転職でも、フリーランスになる、でも退職するか否かの決定をするために、自分なりの基準を作って、覚悟を決めました。

フリーランスになるための現実的な退職決定基準3つ

 

退職準備をする

退職準備をするために読んでおくべき記事(特にフリーランスになる場合)