フリーランスが会社員収入を継続して得られないパターン7つ

ホームページビルダーを行政書士にオススメしない理由

行政書士がホームページを制作するツールの候補として挙げられるのがホームページビルダー。

初心者でも手軽に使えるツールだと言われていますが、オススメしない理由を述べていきます。

ホームページビルダーとは

ホームページビルダーとは、コーディング(プログラミング)なしで簡単に作成できると言われているホームページ作成ツールです。有名どころとしては、以下があります。

  • Wix
  • Strikingly
  • ホームページ・ビルダー(ジャストシステムが開発・販売しているWebオーサリングツール)

 

ホームページビルダーを行政書士にオススメしない理由

ホームページビルダーを行政書士にオススメしない理由は以下です。

SEO対策が十分にできない

SEO対策とはインターネットでホームページの検索順位をアップする対策のことです。ウェブサイトを作成するなら今や必須の対策となっています。

CV率の高いウェブサイトのデザインができない

もう一つ挙げられるのは、CV 率の高いウェブサイトのデザインができないということです。CV率とは、ウェブサイトの訪問者を「お問い合わせ」や「お申し込み」に誘導できるか否かということです。

これに誘導できないウェブサイトは、検索順位を上げてサイト訪問者を増やすことができても意味がありません

CV率の高いホームページのデザインにするには、UIUX(インターネット上のユーザー体験)や認知心理学をフルに利用してデザインを考える必要があります

 

ホームページビルダーを使わないホームページ作成の方法は?

ホームページビルダーを使わず自分にサイト作成をする方法は「wordpress」です。

SEO対策もでき、デザインを自分で考えなくともテンプレートを導入するだけでCV率の高いホームページデザインが可能です。

最も簡単に作成する方法としては以下をご覧ください。

行政書士がホームページを最も簡単に作成する方法【6時間】

 

行政書士のホームページ作成が難しいと感じたら?

CV率の上がるデザインも考慮したホームページ制作は、自分で行うのが難しいので外注するのがオススメです。

ただ、外注する場合、頼むと地雷を踏む制作会社もありますので、注意しましょう。

「地雷なホームページ制作会社に依頼」しない方法は以下をご覧ください。