フリーランスエンジニアの中抜きがつらい人は、無料のエージェントに登録しよう

フリーランスエンジニアで圧倒的に稼ぐ人に共通しているのは「スキルが高いこと」よりも、「営業が得意」ということです

ただ、「営業」自体はお金を生み出さないので、営業せずに受注するために登録しておくべきおすすめサイトを紹介します。サイトに登録するときは「中抜き」が少ないエージェントに登録すること、複数サイトに登録してより条件の良いサイトを比較することがポイントです。

 

フリーランスエンジニアの中抜きがつらいとは?

フリーランスエンジニアが案件を受注するとき、エンドユーザー(お客様)から直で請け負わない限り、中抜きが発生します。

分かりやすい例として挙げられるのは制作会社の案件です。

エンドユーザー(お客様)が制作会社にお金を払い、制作会社が中抜き(マージン)を取ってフリーランスエンジニアに発注します。

 

フリーランスエンジニアが中抜きを減らすことができるエージェントとは?

全て無料登録でき、直受けでマージンが少ないので案件の単価の高いサイトのみを紹介しています。案件の紹介がきたり、エージェントに相談できたりするので、登録しておいて損はないです。

フリーランスエンジニアがサイトに登録する上での注意点

  • フルリモートは少なく、通勤案件が多いです。
  • 数年経験がある方向けです
  • プログラミング言語(PHP、javascriptなど)ができる人向けです。
  • フロントコーディングよりバックエンドの案件の方が多いです。
  • 経験者や元SEやITコンサルが有利です。

 

midworks

おすすめポイント

  • 長期の仕事をくれるので社員並みの安定した生活を送ることができる
  • 年金や保険など社員同等の福利厚生。保険は半額負担!
  • 書籍・勉強会は1万円、交通費を3万円まで保証
  • 案件が受注できなくてもスキルなどの査定により給与保証してくれる
  • フリーランス特化ではなく、転職も含めたエンジニア専門エージェント

 

 

レバテックフリーランス

おすすめポイント

  • 業界最大級の案件数
  • 業界トップクラスの高単価報酬、低マージン。参画者の平均年収は800万円
  • 案件参画中のフォローの充実
  • 参画者優待サービス。宿泊施設やスポーツクラブ、映画館の優待チケットの特典

 

フリーランスエンジニアは中抜きを減らすため複数のエージェントに登録すべき

おすすめは複数のサイトに登録しておくことです。

理由は、エージェントが同一案件を取り扱っていることがあり、単価が異なるため、同じ案件で最も条件の良い契約を結ぶことができるからです。

このようにワーカー側が交渉権をもって比較すると、単価を高くすることができます。

 

フリーランスエンジニアが営業なしで案件受注する方法5つ【9割営業なしの経験談】