フリーランスが会社員収入を継続して得られないパターン7つ

フリーランス1ヶ月目で後悔したことを赤裸々に書いていく

フリーランス1ヶ月目を2018年8月に終えて、ここまでで後悔したことを赤裸々に書いていきます。状況をざっと振り返り、自信がついたこと、後悔したこと両方を振り返っていきます。※わたしはウェブ制作(デザイン・プログラミング)の受注で主に収益を得ているフリーランスです。

フリーランス1ヶ月目で後悔したこと

フリーランス1ヶ月目の後悔1:結果より仕事量や忙しさが美徳に

ウェブ制作のフリーランスで目指すべきなのは「短時間かつ質の高い制作をする」ことなのに、休まず仕事するのが美徳だと思い込んでしまっていました。結果、一人で全て抱え込んで、努力して、忙しくなっている自分に酔っていました。また、一心不乱に何かを行うのは得意ですが、休まなさすぎて、少しノイローゼになっており、せっかく楽しい環境にいるのにもったいないことをしたなという後悔がありました。

「稼いでいる」フリーランスの効率化方法

クライアントと自分双方にとって重要でないことは優先順位を下げる
・外注
・チームを組んで得意領域を分担する
仕組み化して同じ作業を何度もやらない
・ブランディングして単価を上げる

 

 

フリーランス1ヶ月目の後悔2:低単価受注で時給ベースで低賃金労働

スキルアップも兼ねての1ヶ月目だったので、単価を下げたのは良かったですが、これを数ヶ月続けるのは精神的・体力的に限界になりそうでした。

スキルレベルや経験と相応の値段で受注するために

付加価値をつけて高単価にする(+デザイン、+SEO、+イラストや動画制作など)
・仕組み化する(テンプレを作る)

 

 

フリーランス1ヶ月目の後悔3:仕事以外のことに頭と体力を使いすぎ

ツイッターが気になってずっと見ていたり、仕事の途中でネットサーフィンを延々としていたり、日本に帰国したり旅行をしていたのですが交通費を下げるために、夜行バスや乗り継ぎで疲れてしまう、海外に住んでおり全部外食なのですが、食べるものを決められなくてエンドレスで食べるものを見つける旅に出てしまうなど、かなり非生産的な行動をしていました。

「ツイッターは1日3ツイート以下であらかじめ予約投稿しておき、通知はオフ」「情報は有益な少数なものに絞って収集する」「毎日何をやったか記録をつける」「移動に時間と手間をかけない、交通費は惜しまない」「食事(外出)は1日2回のみで、10分以内に決める」など決めたらかなり生産性が改善して集中できるようになりました。

フリーランスが生産性を上げて最短で稼ぐために意識すべきこと

 

フリーランス1ヶ月目で後悔より自信がついたこと

将来のフリーランスとしてのキャリアを見直すことができた

フリーランスになりたての頃は、「半年はウェブ制作をひたすらやってスキルを伸ばして稼いでいくぞ」というスタンスだったのですが、将来的に「好き」で「得意なこと」「やりたいこと」で稼いでいくために、将来のキャリアを見直すことができました。一心不乱に行うことも良いですが、なるべく早く将来を見据えて、仕事に自分の色を出していきたいと考えました。

これは周りの先輩フリーランスたちが力になってくれたおかげです。

フリーランスのキャリアを見直すために

自分の強みは何か、どう伸ばして行くべきなのか、何に時間をかけるべきかをよく考える
・まずは次の1ヶ月の方向性を決めてみる、違うと思ったら次の月からチェンジすれば良いだけです

 

営業開始10日で8案件受注した

ウェブ制作の営業を開始して10日で8案件を受注することができました。ツイッターやブログからの受注が多かったです。

isaraでエンジニアになって1週間でweb制作案件を8件受注した方法

 

9割は営業なしで受注できた

クラウドワークス1件、そのほかはツイッターやブログ、知り合いからの受注がだったので、ほぼ営業なしで案件を取ることができました。「営業しないことが良いこと」とは一概には言えないですが、制作により時間をかけられるという点で良かったです。

フリーランスが9割の案件を営業なしで受注している方法

 

Twitterのフォロワーが10日で2500人増えて発信のコツを掴んできた

ターゲットを絞って(プログラミング初心者向けに)お役立ちツイートをわかりやすくし続けていたことや、フォロワーが減らないツイートを心がけたこと、フォロワー属性を増やすバズツイートを起こしたことで一気にフォロワーが増加しました。どのようなツイートがフォロワー数が増えて、減るのか、パターン化した記事は以下です。

10日で2500人フォロワーが増えた理由をガチで分析してみた

 

案件を一心不乱に行なって自分の限界がわかった

案件を一心不乱に行う経験ができたことで、自分の限界を知ることができました。1ヶ月で複数案件行うなら、外注したり、仕組み作らないと体がもたないことがわかりました

 

 

フリーランス1ヶ月目で後悔したこと:まとめ

フリーランス1ヶ月目で後悔したことを赤裸々に書きました。

成果を出していくためには、正しい目標設定と、方法を常に考え、軌道修正しましょう。

一旦正しい方向性が決まれば一心不乱にやって良いものの、限界が見える方法で頑張っても消耗します。