買って良かった100回洗えるクールマスク

駆け出しエンジニアのときに私が失敗した勉強方法11選【頭おかしかった】

駆け出しエンジニア時代に私が失敗した勉強方法11選を紹介。

私はこれまでプログラミング、コーディング(Web制作)、デザインを学んで現在ではフリーランスですが、実際に私が失敗した勉強方法を紹介します。

そもそも駆け出してもいない時代の話が多いです。

ちなみに私の背景はこんな感じ。

  1. 4年前プログラマーになりたくて会社員しつつスクールに通い勉強
  2. 会社でバックエンドエンジニアの仕事をさせてもらえたがついていけず挫折
  3. 1年半前フリーランスになりコーダー・デザイナーになる

(ちなみにスクールで習ったプログラミング言語を使う案件が会社には一つもなかったので、全然別の言語を仕事で使いました)

今振り返ると、頭おかしい勉強方法が多かったです。

プログラマーとしては挫折したので、主にコーディングの話をメインに書いていきます。

駆け出しエンジニア時代に私が失敗した勉強方法11選

学習方法が分からないまま勉強

まずは、学習方法を知るのがオススメです。

私は4~5年前の会社員のときに意識が高くて休日も勉強したいと思ったものの、何を勉強すれば良いか分からず

とりあえず最近流行りのプログラミングやっておくか

と思い立ち、

「Progateの色々な言語を片っ端から勉強していく」という謎の行動をしていました。

  • どんなゴールに向かって
  • 何のスキルが
  • どのレベルまで必要か

考えないまま勉強を闇雲にして、

結局、勉強したけど何にも繋がらない

という事態になりました(その時は途中で飽きて放棄したのも原因)。

私がコーディングで稼ぐなら、今ならこうやって勉強する」と思う方法は、web制作で稼ぐ勉強方法!無駄な勉強をやめて速く稼ごうなので参考にしてみてください。

 

不要なプログラミング言語を勉強

闇雲にProgateで学べる言語をマスターしていくのではなく、自分が稼ぐ上で必要な言語は何なのかを定めましょう。

例えばコーディングでまず月5万円稼ぎたいなら、HTML/CSS、jQueryの中級編の演習までが完璧にできればOK。

上級編は数回やって理解できればOK(Sassもできた方が良い)。

月5万円なら、他の言語は不要です。もちろんProgateの勉強だけでは稼げないので、詳細はweb制作で稼ぐ勉強方法!無駄な勉強をやめて速く稼ごうへ。

意識高く他の言語も勉強すると、稼ぐまでの時間が長くなりモチベーションが続かない可能性があります。

逆にプログラマーになってTwitterのようなサービスを作れるようになりたいなら、また習得すべきスキル・言語が違ってきます。

 

頻出でない機能を暗記しようとする

HTML/CSS、jQueryに限ってのことですが、Progateの応用機能は暗記する必要はないと思います。

頻出の機能ではないからです。

自分で応用編の各機能のコードをVS Codeなどエディタに書いて保存しておき(部品化するみたいな感じ)、

その機能が出る案件が出てきた場合に、都度コピペをしつつ案件に合わせて調整すれば良いと思います。

 

コードを書かない・手を動かさない

プログラミング、コーディングは本だけ読んで理解しても始まりません。

実際に手を動かさないと慣れていきません。

会社時代プログラミングスクールに通っていたときは、会社で疲れて勉強する時間が中々なくて、

平日は電車でしか元気に勉強できなかったので、

効率化するために

手を動かさなくても本を読んで覚えれば良いでしょ

と思っていましたが、それで実際に必要な時にコードを書くのは難しかったです。

実際の仕事では「必ずコードを書く」ので、頭で理解するだけの方法はオススメしません。

 

全部コピペして終わる

何か制作物を作る時に、参考サイトのコードをコピペして終わるパターンです。

私は(バックエンドエンジニアになるために)某国内大手プログラミングスクールに通っていたとき、

考えるのが面倒くさかったのと、回答が既に用意してあったので、それをコピペして制作物を作ったことがあります。

これは当たり前ですが、ガチで何も身につきません(笑)

というか、コードをコピペしても他の部分でエラーが出たことがあり、メンターに色々聞かれても何も答えられず、かなり気まずくなりました(笑)。

メンター

どうしてこうゆうコードになったの?
わからん

また、4年前の当時は、とりあえず「コピペしたものを繋ぎ合わせれば良いんじゃない?」「Qittaや人の技術ブログの参考コードを繋ぎ合わせたら、コード完成するんじゃない?」

と思ったことがあるのですが、そんな都合の良いものではなかったです。

 

ググらずに挫折する

私は国内某大手プログラミングスクールに通っていたときに、すぐに先生に聞けるしお金払っているので

先生に聞かずにググるとか時間がもったない

と思ってしまい、全然ググりませんでした。

先生に聞いてエラーを直してもらい、

結局原因がよく分からなかった!でも直ったからいいや

というように済ましていたことが結構あって、

あの頃の自分、スクール代金を無駄にしすぎた

と思います。

実案件でもググることが多いので、

最初からググる癖をつけておく、ググり方に慣れておくのがオススメです。

わからないことがあったら、15分は自分でググってみる。

コーディングの勉強の場合は、以下を参考にしてみてください。

 

練習量が足りていない

明らかにプログラミング、コーディングの練習量が足りていない人。

よくコーディングをしている人で聞く

数ヶ月で未経験からweb制作で受注しました

Twitter民

っていうのは、1日8時間とか勉強しています。

会社に通いながら隙間時間で数ヶ月勉強して稼げるようになるというのは、現実的ではないです(勉強方法を超効率化すること、吸収力が高い優秀な人ならいけるかも)。

私は昔、Progate数周やってから、実際に何も見ずにホームページを作ってみたら

  • 全然コードが書けない
  • これProgateで習ったけど実装の方法を忘れた
  • エラーを解決できない

という事態になりちょっと落ち込みました。

でもこれは落ち込む必要はないし、

初心者

コーディング向いていない

のではなく、練習量をこなしていないので当たり前の結果だと思います。

だからと言ってProgateを30周しろとかいうわけではないですが、数周で全て覚えられる人はいないので安心しましょう。

 

本をやたら買って完璧にしようとする

微妙な有料noteを買うよりはよっぽど良いのですが、参考書を大量に購入しすぎるのも微妙かもしれません。

本にもよりますが、「実案件であまり使わないような頻出でない機能やスキル」も紹介されているからです。

その時間は無駄にはなりませんが、より速く稼ぎたいのであれば勿体無いです。

ちなみに私が独立8ヶ月目の時点で40件超コーディング案件を行った結果、あまり頻出でないと思ったスキルは以下の通り。

コーディングの独学で無駄なスキルつけてる人多すぎ問題

 

また、私は前職の会社でiOS関連の部署にいたときに、上司に「swiftの修行してみたら?」と言われたので、Swiftの本を4つくらい一気に買ったのですが、夢叶わぬまま実家とKindleの中に眠っています。

(結局前職では、プログラミングスクールで習った言語でもなく、swiftでもなく、全然違うコードを書かせてもらいましたが)。

さらに、デザインの参考書も買ったのですが1回見たきりKindleの中に眠っているものもあります。。。

 

色々な学習サービスに手を出す

これは個人の好みに分かれるのですが、色々な学習サービスに手を出しすぎると、結局どれも完璧に身につかず終わってしまう可能性があります。

受験勉強でもよく言われるように「まずはどれか1つをきちんと勉強する」というようなスタンスがオススメです。(受験の場合は一つの単語帳をまず完璧にする、みたいな感じです)

個人的には動画よりも静的なページで学ぶ方が合っていて、わかりやすかったので、まずProgateだけに集中して完璧にすればよかったです。

ドットインストールでも同時に勉強したり、

台湾のゲストハウスで勉強していたらプログラミング学習にハマっているハンガリー人に

これまじでおすすめ!絶対やるべし

ハンガリー人

と語られた海外のプログラミング学習サービスにも手を出したこともありましたが、頭が混乱してしまいました。

同じ内容を勉強するなら尚更、わざわざ色々なサービス使わなくてもよかったなと思いました。

 

全てのデザイン機能を使いこなそうとする

ここからはデザインの話です。

私はコーディングと一緒にデザインも受注するために勉強していたので、デザインの勉強での話です。

illustrator、Photoshopは全て使いこなせなくてOKです。

私はデジハリオンラインスクールでillustrator、Photoshop講座を全て受けましたが、使っていない頻出でないようなスキルも多くあり、今では結構忘れています。

どうせ忘れるなら、使うときに勉強すれば良いと思います。

その時間で「もっと頻出になるであろう勉強」を優先的に多くの時間を割いて勉強すれば良かったと後悔しています。

ちなみにコーディングだけを受注してもPhotoshopは使うのですが、その方法は以下の通り。

Photoshopからコーディングする方法【10分】

 

全てのデザインツールを使いこなそうとする

デザインツールは、illustrator、PhotoshopだけでなくAdobe XD、Sketch、Figma、他にも色々あります。

でも全て使いこなせなくてOKです。

コーディングだけを受注したいなら上で紹介したPhotoshopの機能を、

デザインとコーディングを一緒に直案件で受注したいなら、Adobe XDの方法を知っておくのが1番簡単で速く習得できるのでオススメです(これが最低限という感じです)。

(制作会社からの案件の場合は、Adobe XDではなくPhotoshop、illustratorが必要になると思います)

 

駆け出しエンジニアが失敗する勉強まとめ

駆け出しエンジニアで無駄で遠回りな勉強をたくさんしてしまった経験から、反省を書きました。

私は過去Twitterにポエムを書くことにハマっていたので、最後に昔のポエムをシェアします。

私はフリーランスになったのが26歳、今は28歳です。

昔は勉強時間にも時間を割けたし元気だったけど、今はモチベーションも意識も昔ほど高くないです。

あの時と同じことをしろと言われたら無理なくらい、体力はなく、疲れやすいです(病気ではないと思います)。

同世代でもっと元気な人はいるかもしれないですが、私は2年ですごく体力が衰えました。

こんな感じでいきなり体力がなくなることもあるので、体力があるうちに、遠回りしない勉強をして自分のモノにするのがオススメです。