学ぶプログラミング言語を間違えると悲惨な話

web制作の仕事の流れとコーディング手順【web制作会社案件編】

web制作案件を受注するフリーランスは制作会社から案件受注することが多いと思いますが、ウェブ制作の流れと当たり前を知っておかないと自爆する可能性があるので説明します。

web制作会社のコーディング案件の仕事の流れとは

web制作会社のコーディング案件とは

今回説明する、制作会社案件のウェブ制作とは、フリーランスが制作会社から受注してコーディングする場合のことを指しています。

制作会社からウェブ制作を受注する場合は、もともとデザインが決まっており、そのデザイン通りに指示を受けてコーディングします。

直案件より少なく受注難易度が低め

フリーランスでウェブ制作をすると、最も苦労するのは「営業」なのですが、web制作会社での受注は受注難易度が低めという点でおすすめです。

低単価になるやすく要求スキルレベルが高い

一方、web制作会社でのウェブ制作は単価になりやすく、要求スキルレベルが高くなるというデメリットもあります。

低単価になるのは、web制作会社からの下請けなこと、直案件よりコーディング手順が減る(クライアントへのヒアリングなど)ためです。

要求スキルレベルが高いというのは、修正や差し戻しが多くなるということで、その分勉強になるとも言えます。

web制作の仕事の流れとコーディング手順【web制作会社案件編】

制作会社のウェブ制作の流れは4つです。

この前の段階で、フリーランスは制作会社へ案件をくれるよう営業するというステップがあります。今回はそのあとのステップを紹介します。

  1. 案件の打診がくる
  2. デザインカンプをもらう
  3. コーディングする
  4. 納品&修正

仕事の流れ1.制作会社から案件の打診が来る

制作会社からホームページ概要と納期、金額が送られてくる

まず、制作会社からメールやチャットワークでホームページの概要と納期、金額などが送られて来ます。

デザインが作成中であったり、決まっていない場合はホームページの具体的なイメージがわからないままですが、

それが金額に見合うか、納期的に余裕があるかなどがわからない場合は、類似サイトなどを送ってもらうなどして、どの程度のレベルのサイトなのかを確認すると良いでしょう。

制作会社に見積もりを提出する

次に金額が決まっていない場合は、見積もりを提出します。

納期もはっきりと決まっていない場合は、大体どのくらいで出来そうか送ると良いですが、実際の具体的なデザインを見たり、制作会社側の仕様変更で変わるかもしれないので、その旨も伝えましょう。見積もりが決まっていない場合は、引き受けるか否かを伝えます。

見積もりに時間をかけても勿体無いので、「フリーランスが5分でweb制作の見積をする方法」を参考にしてみてください。

フリーランスがweb制作の見積もりを5分でする方法

 

仕事の流れ2.制作会社からデザインカンプをもらいデザインを書き出す

実際に案件を引き受けることが決まったらデザインカンプをもらい、デザインを書き出しましょう。

デザインカンプはほぼpsdデータなので最低限のphotohopの機能を使うことができればOKです。

 

デザインカンプを見たらすぐに行うべきこと


デザインを見た時点で、疑問点を洗い出してすぐに制作会社に質問しましょう。例えば、よく見落としがちなhoverなどの動きをチェックすると良いでしょう。

疑問点は早めに聞いて解決するに越したことはないですが、コーディングをしていて都度わからない点が出てきたら、「聞くのが遅すぎるかな」などと心配せずに質問しましょう。

 

photoshopデザインの書き出しを行う

photoshopデザインの書き出しや文字データの取得を行いましょう。制作会社案件でよく使うphotohopの使い方は以下5つです。まずはこれだけ覚えておきましょう。

photoshopで要素の長さを測る

photoshopから画像を切り出す

photoshopから文字の情報を抜き出す

photoshopで文字間の感覚を測る

photoshopで文字の行間を測る

仕事の流れ3.制作会社のコーディングルールに則ってコーディングする

制作会社のコーディングルールに則る

photosnopデータ通りにコーディングをすることはもちろん、制作会社のコーディングルールがある場合は、それにも則ってコーディングを行うことが大事です。コーディングルールについて制作会社から何も言われない場合でも、何かあるか最初に聞いておきましょう。

ゴロニャン

後で納品ができないなど言われたら悲しい 

class名ルールについては制作会社でよく注意されるclass名ルールを確認してみてください。

cssのクラス名の命名規則は最低限のみ覚えよう!web制作会社で注意されることもある

sassは使う前提

制作会社ではsassを使う前提で考えた方が良いと思います。

何も指定されていなくとも、sassは使うかどうか聞いておきましょう。

sassコーディングの勉強/参考書は不要。最低限覚えることは3つだけ

仕事の流れ4.制作会社に納品して修正

最後に制作会社に納品して、修正がある場合は修正を行います。

納期内に提出することは絶対で、あとはphotoshopデータに則って、コーディングルールを守って制作をしましょう。

コーディングの注意点2つを知ってweb制作会社から継続案件受注しよう

 

web制作会社で最低限必要なスキル5つは以下を見てみてください。

web制作会社案件で最低限必要なスキル5つ。初心者フリーランス向け