フリーランスが営業なしで受注する方法5つ

フリーランスがWeb制作の見積もりを5分でする方法

フリーランスで稼ごうと思うと、適正な価格設定をすることが重要です。慎重に設定しない後々面倒なことになりますが、時間をかけすぎず5分でサクッと見積もる方法をお伝えします。

Web制作の見積もりを作成するために必要なもの2つ

フリーランスが見積もりを作成するのに必要な項目は大きく以下2つです。

  1. 見積もりに必要な定型項目
  2. 見積もり金額

1.Web制作の見積もりに必要な定型項目

見積もりに必要な定型項目とは、宛先や自分の氏名など毎回の見積もりで必要になる情報です。

Web制作の見積もりに必要な定型項目4つ

  • 見積書タイトル:御見積書などと書きます。
  • 宛先:クライアント名
  • 提出者:氏名・住所・電話番号やメールアドレス
  • 注意事項:画面サイズの対応範囲や、デザイン案の設定、修正の対応回数など必要があれば設定します。

Web制作の見積もり金額

見積もりについては最初は相場がどのくらいかわからないと思うので、以下の動画を参考にしてみてください。

2.Web制作の見積もりの作り方

freeeという確定申告で重宝する会計管理ツールを使うと簡単に出来ます。

freeeは見積書だけでなく、請求書なども作成でき、それが自動的に会計ソフトに反映されるので、確定申告時に計算がかなり楽になります。

私はネットで検索した見積もりフォーマットをエクセルにコピペしてpdf化して使っていましたが、気をつけないと日付や宛名などを間違えがちなのでfreeeに変えました。

月額980円ですが、30日間無料でお試しできます。

 

Web制作は作業工程や内容ごとに見積もる

まずは一般的にどのような見積もりが作成されているのかを見てみましょう。

例えば以下のように作業工程・作業内容ごとに分けて各作業ごとに金額を設定するのが一般的です。

  • ディレクション費用(ヒアリング)
  • ディレクション費用(企画 )
  • デザイン(トップ)
  • デザイン(下層)
  • コーディング(トップ)
  • コーディング(下層)
  • WordPress導入費用(インストール・プラグイン導入)
  • スマホ対応
  • SEO内部対策費用
  • ドメイン・サーバー取得

 

Web制作の見積もりを5分で作成する

では早速Web制作の見積もりを作成してみましょう。ここで見積もりを作成するコツは2つです。

  1. クライアントに事前に見積もりに必要な項目を聞いておく
  2. 自身の業務経験から各作業に必要な時間を計算する

 

Web制作の見積もり作成手順

  1. 必要な業務を洗い出す(2分)
  2. 時間を見積もる(1分)
  3. 金額を設定する(1分)

 

1.必要な業務を洗い出す(2分)

ディレクション、企画、デザイン、画像制作、コーディング、その他(レスポンシブ対応、納品後の下層ページ追加、管理や更新)など、

クライアントに何をどこまで請け負うのか確認して、業務を洗い出します。

ここで重要になるのは、あらかじめクライアントにサイト制作の目的や「自分の担当範囲を明確に聞き出す」ことです。

 

2.時間を見積もる(1分)

それぞれの業務にかかる時間を洗い出します。

これもクライアントに事前に「どこまで行うのかをよく確認しておく」ことや、自分のこれまでの経験で作業にかかる時間を計算することが大切です。

 

3.見積もり金額を設定する(1分)

次に金額を設定します。

業務にかかる時間や業務内容の難易度、相場を踏まえて設定しましょう。

Web制作によくあるトラブルも同時に知っておくことをお勧めします。

Web制作の怖いトラブル!お金振り込まれない・訴訟を起こされる

 

フリーランスがWeb制作の見積もりを5分でする方法まとめ

フリーランスがWeb制作の見積もり作成に必要なものは大きく以下2つです。

  1. 見積もりに必要な定型項目
  2. 見積もり金額

便利なツールはfreee

freeeという確定申告で重宝する会計管理ツールを使うと簡単に見積もり書を作成出来ます。

freeeは見積書だけでなく、請求書なども作成でき、それが自動的に会計ソフトに反映されるので、確定申告時に計算がかなり楽になります。

私はネットで検索した見積もりフォーマットをエクセルにコピペしてpdf化して使っていましたが、

気をつけないと日付や宛名などを間違えがちなのでfreeeに変えました。

また、クレジットカード登録をしておけば経費登録をワンタップで行え、レシートもスマホで撮影して保存できます。

フリーランスは確定申告を自分で行わなければならないので、計算を効率化することができると助かります。

freeeを使うメリット

  • スマホで確定申告まで完結できる
  • 領収書の管理〜確定申告までスマホで完結させることが可能
  • 銀行・クレジットカードと連携して自動処理
  • ステップに沿って質問に答えるだけで確定申告書類を作成

まずは30日無料で使うことができます