買って良かった100回洗えるクールマスク

フリーランスで最短で稼ぐにはHTML,CSSコーディング

フリーランスで最短で稼ぐにはHTML,CSSコーディングがオススメ。

ノースキルから始める人にとっては、数ヶ月で簡単に身につけられるし、営業次第で単価が高くなるからです。

サーバーサイドやフロントエンドのプログラマーの方が単価は高いですが、

フリーランスとして独立する前に少なくとも1年は就職してスキルをつけることが必要と言われています。

フリーランスで最短で稼ぐにはHTML,CSSコーディングの理由

HTML、CSSコーディングとはサイト制作のことです。例えば企業のホームページを作る等です。

これが最短で稼ぐのにおすすめの理由は以下の通り。

単価が低すぎない

クラウドソーシングのライティング案件、タスク案件などのように受注単価が低すぎないです。

最低でも1万円〜のところが多いです。

(もちろんクラウドソーシング自体は単価が低すぎなので使うことをお勧めしないですが)

 

数ヶ月で身に付く

HTML、CSSコーディングは数ヶ月で身に付いて稼ぐに至る人が多いです。

実際に私も2〜3ヶ月で稼ぐまで至りました。ただし2~3ヶ月はほぼ無職で1日8時間くらい勉強していました。

 

リモート案件が多く、すぐ独立できる

HTML/CSSコーディングは最初から完全リモート在宅で仕事ができます。

学習後に就職せずにそのままフリーランスになれるのもメリットです。

他のバックエンド、フロントエンドのエンジニアは、最初は就職かインターンなので最初からフリーランスになる人はほぼ聞いたことがありません。

また、最初から在宅ワーク・完全リモートという働き方もほぼ聞いたことがないです。

 

参入障壁があり、やめる人が多い

コードを見るのに抵抗があって、難しいイメージがあるので参入障壁は多いです。

最近はコーディングブームで勉強を始める人は多いけど、やめる人も多いです。

 

今から始めるのは遅い?オワコン?

最近勉強している人が多いから今から稼ぐのは遅いのか?

HTML/CSSコーディングは簡単で誰でもできるからオワコンなんじゃない?という人は、

こちらの動画を参考にしてみてください。

フリーランスがHTML,CSSコーディングで最短で稼ぐ流れ

  1. 学ぶ分野を絞る
  2. Progateで基礎を学ぶ
  3. 練習する

1.学習分野を絞る

最短でHTML,CSSコーディングで必要な分野は以下4つです。

  1. HTML
  2. CSS
  3. javascript(jQuery),
  4. WordPress

多くの言語を学んでも、稼ぐ道のりが長くなってモチベーションが下がるので注意です。

 

2.Progateで基礎を学ぶ

Progateはオンラインのプログラミング学習ツールです。

HTML, CSS, jQueryコースの中級編までを完璧にしましょう。

ホームページが作れるまでのスキルをつけるには、中級編も受講が必要なので月額990円の有料会員になる必要があります。

私は10週くらいしてやっと力がつきました。

ProgateではHTML、CSS、jQueryの上級編は暗記しなくても大丈夫です。理由は、上級編で出てくる内容は頻出ではないので、必要になった時にコピペすれば良いためです。

以下の記事もぜひ参考にしてください。

Progateどこまで極める?おすすめ言語・進め方!無料期間で十分?

 

3.HTML、CSSコーディングの練習をする

次に自分でコーディングの練習しましょう

1.HTML,CSSでLPを制作する

Web制作初心者が最も受注しやすいのが、LP(ランディングページ)です。

LPとは、商品やサービスを宣伝するペライチのページのことです。

 

2.WordPressサイトを制作する

WordPressの勉強をしながら、営業にも使えて、広告で長期的に稼げるWordPressブログを作るのがおすすめです。

 

フリーランスが稼ぐにはHTML, CSSコーディングまとめ

営業方法や実際の案件の流れも含め、フリーランスが最短で稼ぐ方法の全体感をは、以下の記事をご覧ください。

Web制作で稼ぐ勉強方法!無駄な勉強をやめて速く稼ごう