フリーランスエンジニア営業なしで案件受注

コンサルやめとけ!外資コンサルに新卒入社して後悔【雑用・スキルつかない】

元新卒で外資でITコンサルをしていた私が「コンサルやめとけ」と思う理由を説明します。

私は新卒3年目で外資のITコンサル退職して現在はフリーランスをしています。

 

コンサルやめとけと思う理由

コンサルはお手伝い・雑用係

コンサルは企業の医者・相談役ということでカッコいいというイメージを持っている人が多いと思いますが、実態はお手伝い係、悪く言えば雑用係です。

コンサルには色々な仕事がありますが、決して「コンサルが舵をとって大企業のプロジェクトを仕切る」という立ち位置ではないです。

コンサルの雑用係の事例

  • 大企業が何か新しいプロジェクトを始める時に計画書の作成を手伝う
  • 大企業が何かを決断する時に、その決断根拠となる資料を作る

大企業では、何かを決断する時にも偉い人複数人で集まって決議を取る必要があります。

そのときに会議で決断を根拠づける資料を作ります。内容はデータをリサーチして数字的な根拠をつけたパワポで作ったスライドです。

新卒コンサルは雑用係の雑用

新卒でコンサルに入ると、このスライドの1番面白くない雑用部分を作るためにエクセルで単純作業するなどが多いです。

つまり、雑用係のさらに雑用係りになります。

 

コンサルでスキルがつかない

コンサルは独立できない

コンサルで仕事をしても、ほとんどの場合は食べているスキルがつきません。

コンサルした後にコンサルとして独立している人は10年以上経験があるようなマネージャーポジション、かつ、お客さんを引き抜いてこれる人です。

コネなしでコンサル独立はほぼ無謀とも言っても良いです。

ゴロニャン

世間ではコンサル数年やれば起業も独立も出来るみたいなイメージが付いていますが、嘘です。

独立しても営業がうまくいかないことが多い、かつ、前職の高い給与を手放せないと考える人が多いので、「結局独立せずにダラダラコンサルを続けていいのかなあ」と考えて悶々としている人が多いです。

 

コンサル職で数年でつくスキルは2つのみ

  • エクセル
  • パワーポイント

プロジェクト次第なので他のスキルがつく人もいますが、戦略コンサルとかの場合だと大体こんな感じです。

データアナリスト的なコンサルとかだともっと違うスキルがつきますが。

この2つのスキルがあっても退職してフリーランスになっても何の武器になりません。普通に需要がないです。

 

コンサルでつくスキルはどこでもつけられる

コンサルでは問題解決能力や論理的思考力がつくと言われてますが、5年以上働いてマネージャー的なリーダー経験を積んでからじゃないとまともにつきません。

新卒3年目くらいまでは、雑用係と思った方が良いです。というか新卒4年目以降の人の作業も雑用に見えることが多かったので、やっぱりコンサルって本質的に雑用要素が大きいんだなと思います。

あとは先ほど述べたエクセルやパワーポイントのスキルがつきます。

ただこれらは普通のベンチャー企業の企画部とかにいて資料作成していれば普通につくスキルなので、わざわざコンサルにならなくても良いです。

 

コンサルの仕事は地味で役に立たないことも

外資コンサルと言うと華やかなイメージを持たれる方もいると思いますが、実態は超地味です。

コンサルが華やかなのはオフィスだけ

ただ、華やかなオフィスで働けるかというと、コンサルはお客さんのオフィスに常駐する案件が多いので、お客さんのオフィス次第です。

例えば、丸の内や銀座のこともあるし、国立とか埼玉の奥地にお客さんのオフィスがある場合もあるという感じです。

クライアントの役に立たないことも

コンサルはお客さんの役に立たないこともあります。

理由はコンサルの業務形態は時給制だからです。

時給制だと成果があげられなくとも一応お金はもらえます。それで少しでもクライアントの成果につながれば良いのですが、繋がらないこともあります。

特に大企業のしがらみが強いところだとコンサルも発言権が少なく、いくら優秀でもうまく実力を発揮できず結局あまり役立たずな結果になってしまうことがあります。

いくら優秀なコンサルでもお客さんを動かせなければ意味がないので、そのプロジェクトの環境に左右されて本領発揮できないこともあります。

 

コンサルはブラック労働になる確率が高い

クライアントファーストを拗らせている

最後にコンサルはブラック労働になる可能性が高いです。理由は、クライアントファーストを拗らせているからです。

クライアントファーストとはお客様第一主義です。クライアントファーストを拗らせるというのは、お客様第一主義なあまり、いくら労働しても構わないというという状態です。

労働時間が長い=クライアントファーストという公式は成り立たないのに、このように考え込んでいるコンサルは多いです。

労働時間が長いと評価されると思ってる

また、上司だけでなく、新卒や転職してすぐのコンサルが、労働時間が長い=頑張っていると思われて出世するためにブラック労働になることがあります。

というか私の同期がその状態でした。

コンサルは時給制だけど、必ずしも残業代が払われるとは限らないことも認識しておいてください。

私はほぼ残業代を払われなかったです。

 

コンサルやめとけと言うならオススメする仕事は?

ここまでコンサルやめとけと言う理由を述べてきたので、具体的にどうすれば良いか書きます。

無料エージェントに相談する

無料エージェントに相談してみるのがおすすめです。

アクシスコンサルティングはコンサルタントの転職支援数No1です。

転職に限ったキャリア支援ではなく、独立支援やフリーランスへの案件紹介も行なっています。

詳細は、コンサル辞めたい私がやって無駄だったこと【元外資コンサル】をどうぞ。

 

私がオススメする仕事の基準

ちなみに私であれば、以下のスキルがつく仕事をおすすめします。

  • 独立しても食っていけるスキルがつく
  • 自分次第でコンサルより稼ぐことができる
  • 副業でもスキルを活かせる

私の場合は独立したかったので、

コーディング、デザイン、Webマーケティングのスキルをつけました。

 

コンサルやめとけ!外資コンサルに新卒入社して後悔まとめ

元外資コンサルの筆者は、以下の理由でコンサルをオススメできません。

  • コンサルは大企業の雑用担当
  • 食べていけるスキルがつかない
  • 仕事が地味でつまらない

コンサルになるより、他のスキルをつけて、副業したり独立できる確実なスキルを蓄えるのがおすすめ。

アクシスコンサルティングなど相談サービスに登録して、自分の市場価値や転職の選択肢を知って見ましょう。