クライアントワークやりたくない人の解決策3つ!これでダメならやめよう

クライアントワークをやりたくないという人が、周りのフリーランスで続出中です。

クライアントワーク好きと言っている人を一人も聞いたことがありません。

 

クライアントワークをやりたくない人多すぎ

クライアントワークは受注ベースの仕事

クライアントワークとはそもそも受注ベースの仕事のことです。

クライアント(顧客)から、報酬と引き換えに制作物を出すというものです。

分かりやすい例だと、ウェブ制作(コーディング、デザイン)、ライティング、翻訳などが挙げられます。

 

クライアントワークをやりたくない人が多い職種

私の周りではweb制作をしている人が多いので、特にweb制作でクライアントワークをやりたくない人が続出中です。

web制作は「コードを書くこと自体は好き」な人は多いですが、クライアントワークを今後もずっと続けていけるか不安な人が多いです。

 

クライアントワークをやりたくないと思う原因3つ

常にクライアントに点数をつけられているプレッシャー

サービスを提供する側として当たり前なのですが、「クライアントから常に点数付けがされている感じがする」ということもあります。

例えば、メールの返信が遅いと「-10点」というように、ある行動を起こすたびに加点、減点がされている気がして、案件中、心が落ち着かないことがあります。

メールが来るたびに「即レスをしなくては」というプレッシャーがあり、メールボックスを開くのが怖いなど。

イメージがわかない方は、常に「就職面接中」みたいな感じだと思っていただければ良いです。

 

悪い噂を流されるリスクがある

他には、自分とトラブルがあったクライアントに、自分が悪くなくても悪い噂を流される可能性があります。

フリーランスは信頼と評判の世界でもあり、世間は結構狭いので気をつけましょう。

 

常にトラブルが起こる可能性がある

クライアントワークは、お客さんとの仕様の認識の違い、振込がされない、訴訟リスクなど常にトラブルが付いて回る可能性が高いです。

トラブルについて不安な人は、私が1年間周りのフリーランスに聞いたり、自分で体験したトラブルを見てみてください。

web制作でトラブルを防ぐ!フリーランスが契約書に入れるべきこと!8割は事前確認で防げる

 

クライアントワークをやりたくない人の解決策

確実に高評価を得られる仕事しかしない

クライアントワークを「確実に高評価を得られる仕事」だけに絞ることが挙げられます。

例えばweb制作の初心者であれば、以下のような案件です。

  • 細かい修正案件など1日で終わるような案件
  • デザインが決まっている、簡単なコーディング案件のみを行う

 

このような案件は、一からデザインも含めてサイト制作をするよりもコミュニケーションも少なく、かなり楽です。

ただ、これらの案件は多くなく単価も低いことが多いので、これだけで生計を立てるのは難しいと思います。

 

クライアントワークの他に確実な財源を持つ

クライアントワークで不安な原因の一つは「失敗したときに生きていけなくなるかもしれないから」ですが、他の収益源があればだいぶ心に余裕ができます。

よくある独立後パターン

web制作フリーランスでよくある独立後のパターンは以下です。

おすすめはブログ・アフィリエイト

その中でも「取り掛かり」の難易度が低めで、本業との相乗効果が高めなのはブログやアフィリエイトです。

営業手段にもなり、さらにSEOについても実践で学ぶことができるため、web制作フリーランスには特に親和性が高いです。

wordpressブログを5時間で開設・収益化設定する方法。12690円/年です

 

YouTubeはおすすめしない

他にもYouTubeがありますが、広告単価が低く、稼ぐのが難しいのでおすすめしません。

私は登録者3000人以上いても、再生回数が少ないので月1万円ほどしか稼げていません。

ちなみに私のYouTubeではフリーランスのweb制作・デザインなどについて紹介しています。

 

クライアントのコミュニケーションは人任せにする

これは、チームを組んで営業やディレクションは他の人に任せると言う方法です。

多分10人くらいウェブ制作関連のフリーランスの知り合いができれば1〜2人はそれが得意な人がいると思うので、その人に任せるのもアリです。

 

クライアントワークの解決策まとめ

これらを試しても「やっぱりクライアントワーク嫌だ!」と思う人は、脱クライアントワークしても良いと思います!