[無料5分]WordPressを自動翻訳で多言語化してみた

[無料5分]WordPressを自動翻訳で多言語化してみた

wordpressの多言語化設定をしたい人向けの記事です。現在wordpressの多言語化プラグインは有名なものでも7つほどあります。具体的に見ていきましょう。

1.WordPressを多言語化する方法は大きく分けて2つあります

多言語化サイトの作成方法は、大きく分けると以下のように分類されます。例えば日本語で書いた記事を、英語、中国語の2カ国語に翻訳したい場合、

  1. 日本語・英語・中国語の3ヶ国語の記事を書く(無料だとqTranslate XBogo、Multisite Language Switcher、優良だとWPMLが有名。)
  2. 自動翻訳する(Google Language Translator)

1.の場合は、当然自動翻訳よりは自然な翻訳になりますが手間がかかります。今後自動翻訳の技術がさらに向上していくことを期待し、今回は2.自動翻訳する方法を紹介します。

2.WordPressをWordPressを自動翻訳で多言語化してみよう

流れは以下のような感じです。

  1. WordPressを自動翻訳で多言語化プラグインをインストール・有効化する(1分)
  2. 設定で翻訳言語を決める・その他設定(2分)
  3. サイトのどこに翻訳マークを入れるか決める(2分)

具体的に見ていきましょう。

1.WordPressを自動翻訳で多言語化プラグインをインストール・有効化する(1分)

ダッシュボードの左端のプラグインマークから「新規追加」をクリック

Google Language Translatorをインストール&有効化しましょう。

2.設定で翻訳言語を設定する(2分)

ダッシュボードの左端の設定マークからGoogle Language Translatorを選択

Plugin Status, Choose the original language of your websiteは以下画像のように設定してください。

また、下記の中から翻訳したい言語をチェックして下さい。私は中国語と英語と韓国語にチェックを入れています。

3.翻訳マークをサイトに表示させる(2分)

国旗マークを表示させたい場合はLanguage Switcher Settingsをいじる

例えば私のサイトなら以下のように表示されています。

私のサイトと同じように設定したい場合は画像のように設定して下さい。少し変えたい場合は、下記を少しずついじってレイアウトやデザインを変えて見ましょう。

翻訳(Transklate)フロートを表示させたい場合はFloating Widget Settingsをいじる

例えば私のサイトなら以下のように右上に「Translate」と表示されています。

Floating Widget Settingsを表示させたい場合

まずShow floating translation widget?をYes, show widgetにしましょう。

私のサイトと同じように表示させたい場合は下記の画像のように設定して下さい。少し変えたい場合は、下記を少しずついじってレイアウトやデザインを変えて見ましょう。

終わりです!正直5分もかからないと思います。

 

 

wordpressカテゴリの最新記事