アトピー向け化粧下地はコレ一択

【女性辛い】アトピー歴24年が試したこと10の効果

アトピー歴24年の私が、肌年齢を-6歳にするまでやったことを紹介します。

3歳のときアトピーを発症し、高校生の時が1番酷くて人に会うのが嫌でしたが、現在は肌年齢-6歳で美白と言われるまでになったので、そこまで行なった努力を書きます。

 

【女性辛い】アトピー歴24年が試したこと10の効果

小学生のときから親が色々な本を漁ったり、ネットで調べたり、本当に調べ尽くして色々な療法を試しました。

以下で紹介するのは、自分の身体にはあまり効果がありませんでした。(長く試した訳ではないので分からないですが)

  • 馬油
  • 海水浴
  • 竹酢
  • 漢方薬
  • 温泉
  • マッサージ
  • 花粉を食べる
  • 水素水
  • アトピー用スキンケア用品
  • 色々な薬

 

馬油

馬の油の石鹸とかオイルをつけていました。独特な匂いがしたので、馬油をつけて学校に行きたくなかったです。

 

海水浴

潮風に当たると良いらしいので、夏になると往復7時間くらいかけて福井の海に行っていました。

早朝の3時とかに家を出て、車で福井県まで行って、朝の6時〜10時くらいまで海で泳いだり、潮風に当たって帰宅という感じです。

ちなみにプールについては塩素がダメなので中高6年間全て欠席しました。

 

竹酢

風呂に出た後に、竹のお酢?みたいなのを化粧水的な感じで体全体にかけていました。

そうするとダニとかに喰われないらしいです。ただ、酸っぱい匂いが臭かったので、これで学校に行くのが嫌でした。

 

漢方薬

往復5時間くらいかけて、漢方薬局に通って、その時の症状に合わせた薬を配合してもらいました。

漢方薬は、薬草を詰めたパックがもらえるので家に帰って、パックとお湯をグツグツと煮出して、真っ黒になった苦い液体を飲んでいました。

苦すぎて一気に飲むと吐きそうになりますが、頑張って飲んでいました。

 

温泉

効能がある温泉に入ると肌に良いということで、これも往復7時間くらいかけて長野の温泉に行きました。

ただ、温泉に行ったけど、アトピーの人は湯が汚れるから入ったらダメだと温泉の人に断られて、親がブチギレた記憶があります。せめて、かけ湯だけでもさせてもらえれば良かったのですが。

私はそのとき純粋な小学生だったので、悲しいな〜という感じでしたが、今同じことを言われたぶちぎれると思います。

 

マッサージ

血流を流すと良いらしく、親に本で読んだマッサージをしてもらいました。

 

花粉を食べる

花粉を焼いて食べると、免疫がついて花粉症が治る?とかで、花粉を焼いて食べました。

 

水素水

水の入ったペットボトルに水素棒を入れて水素水にして飲んでいました。

 

アトピーに効くと噂の色々な薬

あまり覚えてないのですが、ネットショップとかで紹介されている色々な青汁的な健康薬を試した記憶があります。薬の名前とかは覚えていませんが、親が色々買っていた記憶があります。

 

アトピーを心で治すスピリチュアル

私はやっていないのですが、アトピーを心から治していくスピリチュアル療法的なものがあるそうです。

心理学に基づいていない新興宗教的な何かに騙されないように気をつけてください。

 

アトピー用スキンケア用品

名前は忘れたのですがアトピー用のお高いスキンケアグッズを使っていました。めっちゃ高かったのは覚えています。

症状がひどくなると、パックとかしてましたが、むしろベタつくのがイライラしてストレス溜まってむしろアトピー酷くなったんじゃないかと思います(笑)。

アトピー肌用のスキンケアグッズをいくつか試したことはありますが、ぶっちゃけ効いたと思ったはあまりないです。

 

【女性辛い】アトピー歴24年が試して効果あったもの

ストレスのない仕事環境にする

アトピーの一番の原因はストレスだと思います。

なのでストレスのない環境を実現するのが一番大事です。

例えば私の場合は完全リモートのフリーランスになって人と関わるストレスや、花粉の地域に住むストレスをなくしました。

 

脱ステロイドやり過ぎない

最初は脱ステロイド信仰者だったのですが、アトピーが発症したら症状が軽いうちにステロイドを塗ってすぐ治すという方法が一番リスクが少なく楽だと思いました。

発症したての段階で酷くなると色素沈着も酷くなり、将来的に悩まされることになります。

 

花粉のない所に住む

今はフリーランスで完全リモートで働くことにより、花粉がない場所で暮らすか、花粉がない時期に暮らすということをしています。

日本で花粉のない場所は、沖縄・離島のみで、海外で花粉がないのは東南アジアです。

 

ビタミンをたくさん摂る

赤パプリカ、キウイを頻繁に食べるなど、緑黄色野菜やビタミンCを摂るように気をつけています。抗酸化作用があるものを摂ってアトピー肌のアンチエイジング効果を高めています。

あとはビタミンを壊す砂糖をなるべく摂らないように気をつけています。

キウイはビタミンCが100g中に約70mg前後と豊富に含まれています。およそみかんの倍の量です。 これは風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。

引用:キウイフルーツの栄養価と効能:旬の果物百科

パプリカは抗酸化成分がトマトの100倍も!
その量はなんと、ニンジンの約50倍、トマトの約100倍というからケタ違い!

引用:美容食材としていま注目!「パプリカ」が女性にうれしい理由 | 【公式】江崎グリコ(Glico)

 

炭水化物を食べない

こんなデータも出ており、実際わたしは炭水化物を食べると結構痒くなってしまいます。

アトピーは、例外なく「炭水化物依存症」です。海外では肉料理が多いのに対し、日本では炭水化物が主食として食事の中心を占めています。

実際に、私の経験上、海外で生活をしたアトピーの患者さんの9割が改善しています。一方、アトピーになった経験などない海外の方が、日本での生活を始めたとたんに皮膚炎が生じる例が少なくありません。私は、アトピーは日本の食習慣によって生じる、わが国独特の病気であると考えています。

引用:アトピーは「炭水化物依存症」高たんぱく質・高脂質食にすれば一ヵ月で症状改善 | 健康365 公式webメディア「365カレッジ」

 

アトピー用スキンケア

アトピーで効果のあったのはサエル


サエルは、アトピー・敏感肌向けの美白スキンケア製品です。

 

外的刺激から守る敏感肌ケア

アトピー・敏感肌用に、大手有名化粧品メーカーポーラR&M研究所と大手製薬メーカーが共同開発して生まれました。

 

シミを作らせない美白化粧水でもある

サエルは、アトピーの肌をケアしながら、美白もできる化粧水です。

アルブチンという美白効果のある成分で、シミの元になるメラニンを作らせず、今あるメラニンが濃くなるのを防ぎます

 

美容メディアで1位の評判

サエルは、美容メディアで1位ランクインしているくらい、評価が高いです。

またスキンケアの有名メーカーであるPOLAのブランドなので安心です。

 

さらっと肌に馴染む良い香り

また、敏感肌向けなので、つけ心地が肌に馴染んで優しく、保湿力も高いです。

独特の嫌な匂いもないのも嬉しいところです。SK-2のピテラのような独特な匂いはないです。

 

最初は1480円でトライアルセット

サエルを初めて買う人は最初は1480円の10日間トライアルセットで自分の肌に合っているかどうか試すことができます。

トライアルセットには、化粧水、美容液、クリーム、パックが入っています。

 

サエルを使った体験談は「サエルの美白化粧水で半年で肌白くなったねと言われた話」をどうぞ。

 

アトピー用メイク

アトピーメイク完全攻略法【アトピー歴24年の美容オタクが語る】