アトピー向け化粧下地はコレ一択

【アトピーブログ】全24年間の辛かった記録。ニート生活を実現しストレスを無くした話

24年間アトピーに苦しまされた私が、これまで書いたアトピーブログのまとめを書きます。

色素沈着に悩まされていましたが27歳の現在は肌白いねと言われるレベルまでアトピーが治り、少し症状が出ても自分でコントロールできるようになりました。

肌年齢は-6歳の21歳で、同年代の女性よりも肌が綺麗という状態まで持っていくことができました。

 

【アトピーブログ】アトピー24年間の概要

まず自分の24年間のアトピーがどう辛かったのかを書きます。

アトピー発症〜現在の概要

3歳くらいの時からアトピーが発症し、現在27歳です。

高校生の時が最もストレスがひどく、1番アトピーが酷かったです。アトピーが酷すぎて1週間学校を休んだこともあります。親には怒られましたが、自分ではもっと学校休めばよかったと思います。

ただ酷くなる時期と良くなる時期が明確で、梅雨とか花粉の時期は酷いので見た目でアトピー、もしくは、肌荒れ輝人って分かるのですが、他の時期はアトピーって思われない感じでした。大学生からはストレスが減り、だいぶ良くなりました。

しかし、やっぱり花粉や梅雨の時期や、それ以外でも就活や会社でもストレスが溜まっている時期はアトピーが酷くなりました。

今はフリーランスでweb制作をしてコーディングとかデザインをして人とほぼ全く関わらない生活をしつつ、趣味の海外旅行をしつつ暮らしているため、ストレスフリーです。

仕事は1日5時間くらいで、仕事したくない日は仕事しないのでニートのようなものです。

 

自分のアトピーのタイプ

自分のアトピーの原因は大きく以下4つです。病院で血液検査してわかりました(ストレス以外)

  • 杉やヒノキ花粉
  • ストレス
  • ダニアレルギー
  • 湿気によるカビ(6〜7月に特に酷くなります)

特に春〜初夏あたりが花粉や湿気で一番酷くなりました。

ストレスが多くて頭全体に湿疹ができてフケに悩まされ、髪の毛を抜きすぎた結果、10円ハゲが4つ出来たこともあります。

その時期は頭皮全体に湿疹ができて以下のループでした。

  1. 頭皮に湿疹ができてジュクジュクする
  2. その後カサブタができて頭皮が超乾燥
  3. フケが出る
  4. 痒くて髪の毛を抜いたり頭皮を引っ掻く
  5. 禿げる
  6. 1へ戻る

 

 

【アトピーブログ】アトピーで辛かったこと

寝ている間に無意識に引っ掻いて、朝起きたら血だらけ

アトピーだと無意識に掻いてしまうので、朝起きたら血だらけになっていたり、肌がジュクジュクになっている、首が赤くなって痛々しいというのが1番辛かったです。さらに、引っ掻いた後のリンパ液の黄色い液が固まってゴールドになるとめくってしまうので無限カサブタ地獄みたいな感じでした。

修学旅行とか友達と宿泊旅行に行った時になるのが一番残念でした。

包帯を巻いても、朝起きたら包帯を外してるし、手袋をしても手袋を外してるし、色々頑張ったものの無駄でした。女性は特に顔に化粧をしたりするので、痛すぎてファンデーション塗れないってなるのが辛かったです。

すっぴんで出かけるのも嫌だったので、、、

 

勉強や仕事に集中できない

勉強や仕事に集中できないのも辛かったです。痒かったり痛かったりしたので。

特に寝ている間に掻きむしって朝起きたときの皮膚の痛みがやばかったです。

そうゆう時はステロイド塗って、ガーゼとかで巻くなどして安静にして、ネット見て気を紛らわしていました。学校は出来るだけ休んだので、高校3年のときとかは出席日数ギリギリでした。

アトピーが酷い高校生は学校休んで良い話【慶應卒アトピー歴24年が語る】

 

オシャレしてもサマにならない

私は小学4年生の頃から無駄にオシャレ意識が高く、オシャレ雑誌を買うのが好きでした。

ただ、あまりオシャレしてもアトピーの部分が見えると隠したいので、着たい服が着れないしサマにならなかったです。暑くてもアトピーを隠すために長袖を着続けていた時もあります。

アトピーが酷くならない、肌に優しいメイク方法は以下をどうぞ。

アトピーメイク完全攻略法【アトピー歴24年の美容オタクが語る】

 

年少期はいじめられる

保育園のときにアトピーがうつる、といじめられたことがあります。いじめ方は「アトピーがうつるから近づくな」という感じです。

小学校の低学年の時期も、アトピーがコンプレックスでした。

子供のときは基本的に素直で純粋なので、「誰とでも仲良くしないと」という考え方だったのでレベルの低い人間とも関わっていましたが、さっさと見切りをつけて関わらずに無視しとけばよかったです。

 

【アトピーブログ】これまで試した療法と効果があったもの

ストレスを減らすためにニートになった

自分の中で一番効果があったものが、ストレスをなくすこということです。

現在はニートのような生活をフリーランスなので、ストレスがほぼゼロです。

完全リモートで海外旅行したり好きな場所で生活しながら、完全ノースキルからきちんと会社員収入を得ています。

このような生活をする理由は、多分自分の場合は会社員になるとストレスが溜まるし、花粉のある地域だと肌が攻撃されてアトピーが酷くなるためです。

フリーランスになる具体的な方法は以下です。

web制作で稼ぐための勉強の全体像。無駄な勉強は省いた最低限15ポイントを紹介

 

色素沈着を治して肌年齢を-6歳にした

保湿しつつ、アトピーの色素沈着を安全に薄くできる、スキンケア用品を見分けることが大事です。

色素沈着で黒ずんだ肌にもなりますが、安全なビタミンC誘導体の美白成分で本来の肌の色に戻すことができます。

オススメは、敏感肌用化粧水のディセンシアサエル、美白の最終兵器のホワイトショットです。どちらも安全に美白をできるビタミンC誘導体を使っているのでアトピーの人も安心です。

アトピーの色素沈着はビタミンC誘導体で治すべき【アトピーで美白実現実体験】

 

そのほかアトピー改善に効果があったもの、なかったもの

小学生の頃から8つの療法を試しましたが、効果がなかったです。具体的には以下の記事をどうぞ

【女性辛い】アトピー歴24年が試した療法10つと効果のあったもの

 

アトピーの薬を安く買う方法

アトピーで医者にかかると処方される保湿薬、ヒルドイドが足りないという方はバンコクでは、ドラッグストアで半額で買えます。

処方箋も何も必要なく、そのまま買えるため超便利です。

アトピー向けのヒルドイドが半額以下で買い放題なのはタイバンコク【処方箋不要】

 

【アトピーブログ】アトピー全24年間の記録まとめ

アトピーは治るとかいうものではなく、一生付き合っていかなくてはいけません。

自分でストレスを調整する、自分のアトピーのタイプを知るなどして対応策を知っておくのが大事です。

アトピー歴24年が半年で美白になった方法は効果ない化粧品を見分けたこと