Web制作で速く稼ぐための勉強法

Progate終わったらやること3つは模写・PSDコーディング・ポートフォリオ作成です

Progate終わったらやること3つを紹介します。

結論から言うと、模写コーディング・PSDからコーディング・ポートフォリオ作成です。

Progate終わったら1:模写コーディング

模写とはLPなど既存サイトを真似て作ることです。

私は10個くらいサイトを模写してから案件を始めました。

模写コーディングの方法

以下の記事で無駄な作業はせず、効率的に模写を進めていくための方法を解説しています。

私が言う模写とはコードをコピペするのではなく、自分でデザイン通りに作ってみることです。わからなかったら参考サイトのコードを参考にする、と言う感じです。

LP模写コーディング初心者におすすめの方法と無駄な練習

 

おすすめの模写サイト

おすすめの模写するサイトを紹介します。

模写サイトは、案件で頻出のデザインを選ぶのが効率的です。

LPの模写サイト

レベル1~5にわけてLPのオススメ模写サイトを紹介しています。

コーディングの練習模写サイト!無料素材あり【頻出】

 

WordPressの模写サイト

レベル1~3にわけて、WordPressのおすすめ模写サイトを紹介しています。

wordpressの模写サイトおすすめをレベル別に紹介!最低限マスターすべきは?

 

模写コーディングは辛い

Progateも辛かったと思いますが、模写コーディングも結構辛いです。

どうしてもわからない場合は、見本のサイトをChromeの検証で見て、サイトのコードを見てカンニングしましょう。

実際のコーディングでは、わからないところはググりつつ行い、今カンニングしても、本番でできるようになれば良いのでOKです。

 

Progate終わったら2:psdデータからコーディング

実案件の予行演習

次に実際の案件の予行演習として、psdのデザインデータ(Photoshopデータ)からコーディングをしましょう。

特に制作会社からいただく案件では、psdのデザインデータからコーディングすることが多いからです。

 

psddデータからコーディングする流れ

実案件でpsdのデザインデータからコーディングする流れは、以下の通り。

  1. psdのデザインデータをもらう
  2. psdの画像・データ書き出し
  3. コーディングする

具体的には以下の記事をどうぞ!

Photoshopからコーディングする方法【10分】

 

Progate終わったら3:ポートフォリオ作成

最後に自分のポートフォリオ作成をしてみましょう。

と言っても、ここはやってもやらなくてもOKだし、時間をかけなくてもOK

ちなみに私はポートフォリオを持っておらず、ブログでホームページの作り方とか、デザインの内容を発信して、ブログから受注した経験があります。

ポートフォリオの作り方3つ

Web制作初心者がポートフォリオを作る場合、簡易的に作る人が多いです。

難易度順にポートフォリオの作り方3パターンを紹介すると以下の通り。

  1. resumeなど簡単ポートフォリオツールを使う
  2. WordPressブログを作って固定ページ1ページをポートフォリオにする
  3. HTML/CSSテンプレートで作る
  4. 一から自分で作る

resumeなどポートフォリオツール

resumeはポートフォリオ用に作られたサイトです。

デザインもよく、一時期話題になったポートフォリオ作成ツール。

コーディングは不要で、自分でテキストを書き込むだけでOK。1番簡単な方法。

WordPressブログ

ブログも始めたい人はWordPressの固定ページ1ページをポートフォリオにすると良いかと。

WordPressブログを5時間で開設・収益化!12690円/年【全手順に画像あり】

HTML/CSSテンプレート

無料のデザイン性の高いHTML/CSSテンプレートを使う方法。

エディタを使って内容を書き込む必要はありますが、基本コーディングはなしです。

ただし、サーバー・ドメインを自分で取得しcyberduckなどFTPツールでアップロードが必要です。

HTML/CSSテンプレート

それ以外の人は1で、まずはサッと作って良いと思います。

ポートフォリオを作り込むよりも、営業で受注する方が早く稼げるからです。

時間がある&やってみたいなら3ができる

一から自分で作る

自分で一からコーディングし、ドメイン・サーバーを契約してFTPでアップロードする方法。

コーダーでもデザインがダサくならないように作りましょう。

この方法で作ってた人がデザイナーでなくても、デザインがダサいと実際に制作会社にみてもらった時に評価が微妙だったと言ってました。

 

ポートフォリオに入れる実績

ポートフォリオに入れるものとして最低限必要なのは、以下3つです。

  • これまでの実績
  • 連絡先
  • 自分ができること(HTMLなど)

これまでの実績は、模写コーディングで作ったサイトをスクショして、Google Driveに格納してリンクさせればOK。

地域で営業するフリーランスでSEOからの流入を狙う場合は、「地名+ホームページ作成」などのキーワードで上位に来れたらラッキーですね。

 

Progate終わったらやること3つ終了後は営業

上記3つがこれだけ完了したら、次は実際の営業に進みましょう。

営業のパターン4つ

  1. クラウドソーシング
  2. 直営業
  3. 制作会社の下請け
  4. 営業なしで受注する

ただし、1.のクラウドソーシングはおすすめしません。

競争率が高いので受注難易度が高い上に、単価が低く、すでにプロクラウドワーカーなどがいるので新規参入者には圧倒的不利だからです。

当時の私の感想は以下の通りで、20件応募して、受注できたのは1件のみでした。

でも、格安でも良いからなんとかして案件をやってみたい!と言う人にとっては良いと思います。

詳細は、クラウドソーシングは稼げない話。安すぎるし難しい【ブラック】をどうぞ。

現実的な営業方法

Web制作で受注する営業方法!最も確率の高い2パターン

1番現実的な営業方法はこれです。

 

 

営業せずに受注する方法

フリーランスエンジニアが営業なしで案件受注する方法5つ【9割営業なしの経験談】

少し難しいですが、営業せずに受注する方法もあります。